サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 通信環境激変で配信戦国時代到来?【2】/【インド市場】で動画配信戦争が勃発
第1特集
通信環境激変で配信戦国時代到来?【2】

日本は動画配信でもガラパゴス?――インド市場で攻勢、動画配信戦争が勃発!

+お気に入りに追加

――テレビ局の影響が強い日本と違い、世界では動画配信の影響力が強くなっている。ここでは、インド市場の例を見てみよう。

1805_amazon_india_200.jpg
『インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?』(PHP研究所)

 動画系OTTの激戦区となっている国のひとつに、インドがある。アマゾンやNetflixをはじめ、Hotstar、SonyLIV、Hungama、Spuul、DittoTVなど多くのOTTが乱立している状況だ。

 インドには、動画配信サービスに対する莫大な潜在需要が眠っていると言われている。というのも、人口世界2位で、英語が公用語として使用されており、IT人材も豊富。加えて、スマホの普及率や通信環境が、ハイペースで向上・改善しているという時代的状況がある。

 通信インフラが整えば、次に必要とされるのはコンテンツ。そのため、各社が一斉に市場獲得に動きだした形だ。

 アジア市場に積極的になっているアマゾンは、インドには13年に進出している。それから3年後の16年にはローカル企業・スナップディールを抜いて、インド内で活動するEC取引企業として2位の規模に成長した。

 その後同社は、物販だけではなく動画配信サービス事業にも大きな力を注ぎ始める。16年7月には、インド国内でプライム会員のサービスを開始。同時にインド内の事業に50億ドルを投資している。

 17年にはスタジオを開設。これまでインドで制作されたオリジナルコンテンツは20タイトル以上となり、この投資規模はアマゾンプライムビデオがサービス進出した国の中で最大となる。

 アマゾンのジェフ・ベゾスCEOも「インドはどの国よりもアマゾンが急速に成長している国。顧客が関心を示してくれることに深く感謝している(中略)インドの消費者と中小企業のために努力し、技術・インフラ投資を惜しまない」と強調。市場獲得の意志を公言している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』