サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 少女マンガの洋服はなぜダサいのか?【2】/プロが見る【風早くん】の服装

少女マンガの世界では「イケメン」としてちやほやされているキャラクターたちも、いざ現実世界に置き換えてみると身だしなみがダサすぎる! プロのスタイリストたちによる、イケメンキャラのファッションチェックを敢行したところ、辛口意見のオンパレードに……。少女マンガをこよなく愛する新人編集部員Mによる猛反論も併せてどうぞ。「ボロを着てても心は錦だからいいんですよ!」(編集M談)

1802_shoei_01_200.jpg

■北海道が生んだイモくさ純朴イケメン
風早翔太
『君に届け』

(椎名軽穂/集英社)
連載期間:2006~17年/年代:高校生/実写版俳優:三浦春馬

【モテエピソード】
北幌高校に入学した主人公の黒沼爽子は、その暗い見た目から「貞子」と呼ばれて恐れられていた。そんな爽子に手を差し伸べたのが風早くんだ。気さくな人柄で、男女問わずクラスのみんなを虜にする、絵に描いたような爽やかボーイ(絵だけども)。2000年代のマンガの中でも群を抜いた女子人気を誇っている。


(CHECK POINT)

1802_mangafasshonn_column_01_300.jpg

【1】純情少年のはずが…そのTシャツはアバクロか!?
のっけからこのTシャツ、どこかで見たことあるんですけど…アバクロっぽくないですか!? アバクロったら巨人の阿部(慎之助)選手とか、ヤンキースのマー君(田中将大)とかがひと昔前によく着てましたよね。野球選手とか芸能人とか……いわゆるちょっとチャラい成金系のイメージなので、北海道の純朴少年であるはずの風早くんが着てるわけないんですが……。風早くんは元野球少年だっていうので、もしかしたらプロ野球選手の影響を受けてしまったのかもしれませんね。(スタイリストA)


1802_mangafasshonn_column_02_300.jpg

【2】オシャレは「丈感」が大事。勝俣丈はご法度!
これは少女マンガ全体を見ても言えることですが、とにかく「丈感」がダサいことが多いですよね。最近のトレンドは「9分丈」。くるぶしが見えるくらいのパンツに、厚手の白ソックスを合わせたりするとグッと今っぽくなります。あまり短いと勝俣州和さんみたくなってしまいます。高校生だから洋服にお金をかけられないのかもしれませんが、「丈の長さ」を気にするだけでトレンド感を出すことはいくらでもできます。(スタイリストB)


【編集Mの反論】
風早くんのどこに問題があるんですか!? というか風早くんがめちゃくちゃおしゃれだったら、爽子も心を開きにくいでしょうに! だっておしゃれな男子ってチャラそうだし、コワイ。おしゃれ、コワイ。風早くんのファッションは、冴えない女子から老女までをもそっと優しく包み込む全方位型です。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』