サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 少女マンガの洋服はなぜダサいのか?【1】/【少女マンガ】のファッション研究

「少女マンガに出てくるイケメンたちってやたら洋服がダサくないですか?」何気ない編集部員の軽口に反論するのは、『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演し、マツコ・デラックスを唸らせた少女マンガ偏愛家・小田真琴氏。「あのダサさには意味があるんだ!」と息巻く氏が語る、少女マンガとファッションの歴史とは……。

1802_gazou_03_300.jpg
大学の寮を舞台にした吉野朔実の『月下の一群』(集英社/82年)。夢のようにおしゃれな大学生たちのキャンパスライフが描かれている。

 少女マンガのファッションがダサいだなんて考えてみたこともなかった。そして実際にダサいかどうかよりも、「考えてみたことがなかった」こと自体にひどく驚いたのだった。これは一体どういうことなのだろうか。

 少女マンガにおけるファッション描写に革命をもたらしたのは1950年代の高橋真琴だといわれている。当時、数多くの雑誌の表紙を飾った彼の絵は、マンガ作品においては「ファッション画」を導入したことで後世の少女マンガ家に大きな影響を与えた。ストーリーとはあまり関係のない大きな人物画が唐突に現れ、物語よりも少女の髪型を、顔立ちを、そして服装を見せる絵のことだ。舞台が海外であったり、題材がバレエであったりと、高橋作品はとにかく洒落ていた。少女マンガが少女文化のカタログ的な役割を果たし始めたのもこの頃のことである。

 そのファッション表現のひとつの頂点が一条ゆかりの1974年の作品『デザイナー』(集英社)だ。当時から「MODE et MODE」(モードェモード社)や「high fashion」「装苑」(ともに文化出版局)を参考にしていたという一条はリアリティを追求し、絵空事ではないリアルなモードを少女マンガの世界に落とし込もうとしたのだ。

 一方で、いかにもさりげなくおしゃれでかわいい世界を描いたのはくらもちふさこだった。1990年頃のインタビューでは、「オリーブ」(マガジンハウス)を参考にしていると発言していたくらもちは、さらりと自分が持っている服を登場させることもあったという。「マンガで描く服は少し派手なくらいがいい」というサービス精神たっぷりの一条とは対照的に、あくまでも日常的で地に足がついたおしゃれがそこにはあった。

 しかし、こうした一部の天才たちはむしろ特異点だったのだ。一条もくらもちも、キャラクターたちのファッションは、その物語世界にぴったりと合致している。一条の激しい物語の中で描かれる自立した女性は、やはり個性的な服を着ているべきだし、都会の少女のかわいさを描くくらもち作品には、やはり洗練されたさりげない(だけど上質な)ファッションが必要だったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』