サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第116回/『ザ・ハンドメイズ・テイル』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第116回

『ザ・ハンドメイズ・テイル』――“侍女の物語”が描く女性虐待は創作か、現実か?

+お気に入りに追加

『ザ・ハンドメイズ・テイル』

1708_machiyama_200.jpg

時は近未来、ギリアデ共和国で女性は国家の所有物となり、参政権、教育など、あらゆる権利を奪われた。彼女らには役職が与えられ、主人公ジェーンは高級官僚の“侍女”に。だがそれは子孫を残す、性奴隷だった……。出演:エリザベス・モス、ジョセフ・ファインズほか。Huluにて配信中(日本配信未定)。


「私たちは眠っていたのだ。連邦議会が襲われて大統領が殺された時も。彼らはそれはテロだと説明し、一時的に憲法を停止したが、私たちは目覚めなかった。すぐには何も変わらなかったから。でも、お湯の温度は少しずつ上がっていった。気づかないうちに私たちは茹で上げられていた」

『ザ・ハンドメイズ・テイル』のヒロイン、ジューン(エリザベス・モス)は深く後悔する。アメリカはキリスト教原理主義者たちに乗っ取られ、「ギリアデ共和国」になってしまった。

『ザ・ハンドメイズ・テイル』はカナダの作家マーガレット・アトウッドが1985年に発表した小説『侍女の物語』のドラマ化。徹底した男尊女卑のディストピアを描いている。

 ジューンはボストンの企業に勤めるOL。妻子あるアフリカ系の男性を愛し、略奪婚したアグレッシブな女性。彼との間に可愛い娘も生まれて幸福の絶頂にあったが、ギリアデ革命ですべてを奪われる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』