サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第116回/『ザ・ハンドメイズ・テイル』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第116回

『ザ・ハンドメイズ・テイル』――“侍女の物語”が描く女性虐待は創作か、現実か?

+お気に入りに追加

『ザ・ハンドメイズ・テイル』

1708_machiyama_200.jpg

時は近未来、ギリアデ共和国で女性は国家の所有物となり、参政権、教育など、あらゆる権利を奪われた。彼女らには役職が与えられ、主人公ジェーンは高級官僚の“侍女”に。だがそれは子孫を残す、性奴隷だった……。出演:エリザベス・モス、ジョセフ・ファインズほか。Huluにて配信中(日本配信未定)。


「私たちは眠っていたのだ。連邦議会が襲われて大統領が殺された時も。彼らはそれはテロだと説明し、一時的に憲法を停止したが、私たちは目覚めなかった。すぐには何も変わらなかったから。でも、お湯の温度は少しずつ上がっていった。気づかないうちに私たちは茹で上げられていた」

『ザ・ハンドメイズ・テイル』のヒロイン、ジューン(エリザベス・モス)は深く後悔する。アメリカはキリスト教原理主義者たちに乗っ取られ、「ギリアデ共和国」になってしまった。

『ザ・ハンドメイズ・テイル』はカナダの作家マーガレット・アトウッドが1985年に発表した小説『侍女の物語』のドラマ化。徹底した男尊女卑のディストピアを描いている。

 ジューンはボストンの企業に勤めるOL。妻子あるアフリカ系の男性を愛し、略奪婚したアグレッシブな女性。彼との間に可愛い娘も生まれて幸福の絶頂にあったが、ギリアデ革命ですべてを奪われる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』