サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【自殺マンガ家】の最期の遺言
第1特集
自殺したマンガ家たちのダイイング・メッセージ【1】

『よいこの黙示録』etc.――マンガ家たちはなぜ自殺したのか? 最期の作品に隠された”遺言”

+お気に入りに追加

――今年発売された『THE DOG RACE~青山景初期作品集~』をはじめ、自殺したマンガ家を偲んで、追悼文やその自殺の経緯などと共に発行される書物は注目を集める。そこには、「自殺」というドラマチックな展開への、版元や読者の期待がうかがえてならない。ここでは、マンガ家の遺作をもとに、人々が「自殺」に惹かれる理由を読み解いていきたい。

1212_nekojiru1.jpg
インド旅行から帰国後、『ぢるぢる日記』に突然登場したオウム。わざわざ「故村井氏」と固有名詞も出している。

 2011年10月、マンガ家の青山景氏が自身のツイッターに自殺をほのめかすような投稿をした数日後、自宅で首をつって死亡しているところを発見され、ファンに衝撃を与えた。「イブニング」(講談社)にて連載中だった『よいこの黙示録』【1】は好評で、期待が寄せられていた中での出来事だった。

 過去を振り返っても、投身自殺をした山田花子氏(92年)や『おじゃる丸』の犬丸りん氏(06年)、首つり自殺をしたねこぢる氏(98年)らをはじめ、多くのマンガ家が自らの命を絶っている。作品は評価され、仕事も順調に見えた彼らがなぜ「自殺」という道を選んでしまったのか。死の直前まで描き続けていた作品から、その真意を読みとることはできないか――「ハタイクリニック」院長でドラマ『ATARU』(TBS)の医事監修を行った精神科医、西脇俊二氏に分析を仰いだ。

「心療内科ではよく、患者さんに家(Home)、木(Tree)、人(Person)を描かせて、そこから心理状態を探る『HTPテスト』というものを行います。今回も、彼らの作画の変化から、その心理状態を読み取ることを試みましたが、作画のプロであり、編集者の意図も反映したマンガでは、困難でした。しかし、実は私もそうなんですが……特にエッセイマンガだった山田花子さんの『魂のアソコ』【2】や、ねこぢるさんの『ぢるぢる日記』【3】を読んでいると、彼女らは“アスペルガー症候群”だったのではないかと思える節が見受けられたんです」

 一般に、「空気が読めない」「応用が利かず決まった作業しかできない」などの症状が報告されているこの疾患。西脇氏はまず、山田氏の『魂のアソコ』に収録されていた、日常生活の段取りを事細かにまとめたメモ資料に注目する。

「アスペルガーの患者さんに対し、日常の作業の手順を事細かに作成して実行するということを指導しますが、まさに彼女は、自らそれをやっていた。彼女は自殺する直前に、『精神分裂病』、今で言う『統合失調症』と診断されて入院していましたが、それ以前にアスペルガーの兆候があり、自分なりに、なんとか社会に適応できるように頑張っていたのではないでしょうか」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』