サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 玉の輿に乗ったつもりが......夫の窮...
ニュース
"勝ち組"の道を突っ走るアナウンサーの末路

玉の輿に乗ったつもりが......夫の窮状に木村郁美が困惑

+お気に入りに追加
MEMO木村郁美
TBSの女性アナウンサー。一時は、TBSの顔として、9本ものレギュラーを抱えていた。女子アナとしてピークを過ぎた頃に実業家と結婚するという、ある意味「勝ち組」のはずだったが......。

 TBSの木村郁美アナウンサーの夫で、スポーツマネジメント会社「スカンヂナビア」を経営する元プロテニス選手の杉澤修一氏の周辺でトラブルが続出。06年に結婚したこの夫婦に、早くも離婚の危機が囁かれている。

「スカンヂナビアは、関連会社を上場させると喧伝して投資家から金を集めていたが、杉澤氏の放漫経営などが祟り、それを実現できるような状態ではないことが判明。投資家や融資元との間で金銭トラブルが複数発生していると、週刊誌やスポーツ紙に書かれてきたんです。杉澤氏は最近、『木村郁美 急激? やつれ顔 原因夫の金銭トラブルか』(7月22日付)と報じた東京スポーツを訴えた。東スポの記事に過剰に反応するとは、よっぽど追いつめられている証拠ですよ」(週刊誌記者)


 スカンヂナビアに投資や融資をした投資家や金融機関などからも不満の声は上がっているようであり、同社に所属していたプロ野球選手・西岡剛(千葉ロッテ)も最近になって契約を打ち切っている。また、同社が制作した辻仁成監督、アントニオ猪木主演の『アカシアの花の咲き出すころ』も、撮影は終了しているものの、資金不足で公開が危ういとの情報が流れ続けている。

「杉澤氏の会社では、投資家からの問い合わせの電話が頻繁に鳴り、その中には返還訴訟の準備をしている投資家もいるようですが、相手に金がないんでは訴えても仕方がないと、二の足を踏んでるみたいです」(同社の事情に詳しい関係者)

 一方の木村だが、彼女が保証人になっている融資があるとも指摘されており、最近は出演中の『ピンポン!』でも覇気のない様子がうかがえる。同番組にゲスト出演した文化人にも「家庭が大変」と愚痴を洩らしたという。

『ピンポン!』も来年3月での終了が決定し、公私ともに踏んだりけったりの木村。一説には夫と別居状態ともいわれるが、若手イケメン起業家は、この窮地を脱することができるのだろうか?
(編集部)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』