サイゾーpremium  > 特集2  > 【美術】がカネを生む本当の理由
第2特集
アートビジネスと"金"のキケンな関係【1】

美術がカネを生む本当の“理由”――ゴーギャン355億、セザンヌ325億、モナリザは“無価値”!?

+お気に入りに追加

――いま話題の「パナマ文書」をきっかけに有名絵画が押収されたり、ZOZOTOWN創業者がバスキアの絵を60億円超で落札したりと、アート絡みのニュースが話題となる昨今。ではそもそも、芸術作品に対する「値付け」とはどのような場所でどのように行われ、その価格はどのような意味を持っているのだろうか?基本知識を解説しつつ、そのオモテウラについてアートビジネス関係者の話を聞いた。

1607P116-121_1.jpg
(写真/渡部幸和)

 2016年5月、服飾系大手ショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイ代表取締役社長の前澤友作氏が、ニューヨークで開催された「クリスティーズイブニングオークションセール」で、アンディ・ウォーホルの友人でもあった米国出身の世界的な画家ジャン=ミシェル・バスキアのペインティングを5728万5000ドル(約62・4億円)で落札したことが報じられた。自らが創設した公益財団法人現代芸術振興財団の会長であり、現代アートのコレクターとしても知られる前澤氏(ついでにいえば氏は、あのダルビッシュ有投手の元妻・紗栄子と交際中であることでも知られる)はこのオークションで、バスキアのほか、ブルース・ナウマン、アレクサンダー・カルダー、リチャード・プリンス、ジェフ・クーンズなど現代美術の作品計5点を落札したという。

 高額絵画を日本人が落札した例としては、バブル期の90年に、ゴッホの『医師ガシェの肖像』を8250万ドル(当時のレートで約124億5000万円)で落札し、その数日後にルノワールの『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』を7810万ドル(同約119億円)で落札した、大昭和製紙の名誉会長、齋藤了英氏(故人)などが広く知られている。バスキアとゴッホではさすがに少々“格”が異なるものの、いずれも庶民の感覚では考えられない、超高額の絵画であることは間違いない。

 しかし、そうした著名絵画には、なぜそれほどまでの高値がつけられているのか? そもそもそうした価格は、いったい誰がどのように決めるのか?そして、そのような超高額絵画を買うメリットとは、はたしてなんなのか? 日本初の現代アートの画廊「東京画廊」の代表取締役社長である山本豊津氏の『アートは資本主義の行方を予言する』(PHP新書)、世界的なオークション会社、サザビーズジャパンの前社長である石坂泰章氏の『巨大アートビジネスの裏側』(文春新書)などを参考にしながら、まずは美術界の価格決定システムの“オフィシャル”な部分について考えてみることにしよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』