サイゾーpremium  > 特集2  > 【美術】がカネを生む本当の理由
第2特集
アートビジネスと"金"のキケンな関係【1】

美術がカネを生む本当の“理由”――ゴーギャン355億、セザンヌ325億、モナリザは“無価値”!?

+お気に入りに追加

――いま話題の「パナマ文書」をきっかけに有名絵画が押収されたり、ZOZOTOWN創業者がバスキアの絵を60億円超で落札したりと、アート絡みのニュースが話題となる昨今。ではそもそも、芸術作品に対する「値付け」とはどのような場所でどのように行われ、その価格はどのような意味を持っているのだろうか?基本知識を解説しつつ、そのオモテウラについてアートビジネス関係者の話を聞いた。

1607P116-121_1.jpg
(写真/渡部幸和)

 2016年5月、服飾系大手ショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイ代表取締役社長の前澤友作氏が、ニューヨークで開催された「クリスティーズイブニングオークションセール」で、アンディ・ウォーホルの友人でもあった米国出身の世界的な画家ジャン=ミシェル・バスキアのペインティングを5728万5000ドル(約62・4億円)で落札したことが報じられた。自らが創設した公益財団法人現代芸術振興財団の会長であり、現代アートのコレクターとしても知られる前澤氏(ついでにいえば氏は、あのダルビッシュ有投手の元妻・紗栄子と交際中であることでも知られる)はこのオークションで、バスキアのほか、ブルース・ナウマン、アレクサンダー・カルダー、リチャード・プリンス、ジェフ・クーンズなど現代美術の作品計5点を落札したという。

 高額絵画を日本人が落札した例としては、バブル期の90年に、ゴッホの『医師ガシェの肖像』を8250万ドル(当時のレートで約124億5000万円)で落札し、その数日後にルノワールの『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』を7810万ドル(同約119億円)で落札した、大昭和製紙の名誉会長、齋藤了英氏(故人)などが広く知られている。バスキアとゴッホではさすがに少々“格”が異なるものの、いずれも庶民の感覚では考えられない、超高額の絵画であることは間違いない。

 しかし、そうした著名絵画には、なぜそれほどまでの高値がつけられているのか? そもそもそうした価格は、いったい誰がどのように決めるのか?そして、そのような超高額絵画を買うメリットとは、はたしてなんなのか? 日本初の現代アートの画廊「東京画廊」の代表取締役社長である山本豊津氏の『アートは資本主義の行方を予言する』(PHP新書)、世界的なオークション会社、サザビーズジャパンの前社長である石坂泰章氏の『巨大アートビジネスの裏側』(文春新書)などを参考にしながら、まずは美術界の価格決定システムの“オフィシャル”な部分について考えてみることにしよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」