サイゾーpremium  > 特集2  > システマタイズされた【ドラマ主題歌】

――こちらの記事ではテレビビジネスとしての月9の内情を探ってきたが、本項では“アーティストとしてのステータス”とも言われた月9の主題歌抜擢事情、音楽ビジネスの観点からの月9を掘り下げていきたい。たとえ視聴率が低迷しても、果たしてそこにはまだ“チャンス”が潜んでいるのだろうか?

1607P074-079_2toku_p6.jpg
『ラブソング』の主題歌である藤原さくらの「soup」は、彼女の代表作と言えるヒットとなるだろうか?

 小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」、CHAGE and ASKA「SAY YES」、米米CLUB「君がいるだけで」──これらの楽曲の共通点は、ミリオンセラーに輝いたことと、90年代を代表する月9の主題歌ということである。

 当時の月9は軒並み高視聴率を記録し、30%を超えることも珍しくなく、主題歌も当然かのように売れた。よって、ドラマ・プロデューサーは、その作品に見合う一流のアーティストに主題歌を依頼することができ、小田和正やCHAGE and ASKAといった大御所であっても、ドラマの内容に合わせ、最初に完成した歌詞から書き直してもらうことさえも可能だったという。つまり、当時はドラマ側とアーティスト側で非常に建設的なやりとりができていた。結果的にドラマの内容とリンクした主題歌は、その時代のカラオケブームも後押しし、"月9の主題歌に起用"という一種のブランドが出来上がった。しかし、近年はどうだろうか? 低視聴率にあえぐ月9は、たとえドラマの内容がネットで話題になっても、誰が主題歌を歌っているかなど、誰も気に留めている印象がない。月9と主題歌の関係は一心同体だったのに、いつから両者には乖離が生じてしまったのか? 本稿では“音楽ビジネスとしての月9”の内側を探っていく。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』