サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1605_nameko.jpg

 なぜ、持っている人は何もかも持っているのでしょうか……。王侯貴族は美男美女と結婚するからか、世界のプリンス&プリンセスの顔面偏差値はハイレベル。時々面白い顔の人がいますが、8割は美形です。特に最近は、佳子様のライバルと目される、20歳前後の美しすぎるお姫様たちが次々と登場。“絶対会いに行けない”アイドルなので、一般人はPC越しに拝むことしかできません。

 中でも今注目の逸材は、エキゾチックな顔立ちながら、前髪重めで昔の清純派アイドル風ルックスのドバイのファーティマ王女(1994年生まれ)です。イスラム教徒のため、肌の露出が低く、ちょいダサなのも萌えます。同じく清純派でかわいいのは、ヨルダン・ハシミテ王国のイマン王女(96年生まれ)。イスラム教開祖ムハンマドの血筋だそうで、どこか佳子様に通じる気高さが漂っています。モナコ公国の王女たちはグレース・ケリーの孫なので、美の遺伝子を当然のように受け継いでいるようです。特に、シャルロット・カシラギ(86年生まれ)はグッチのモデルや馬術競技の選手としても活躍。ロイヤルファミリーはたいていスポーツもできて、無敵すぎます。また、ポーリーヌ・デュクリエ(94年生まれ)も、グレース・ケリーの孫(シャルロットの従妹)。コスメブランドのモデルをやりながら、飛び込み競技では“プロ級”です。父親(すでに離婚)は、母親であるステファニー王女のボディガードだったので、運動能力が高いのも納得です。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載