サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 元有名カメラマンが告白【張り込み】やりたい放題!

――ネットが発達した昨今では、写真週刊誌も苦しい中で日夜スクープを追っているようだが、週刊誌が華やかなりし頃はどうだったのか? ここでは、かつて大手誌にいたカメラマンに過去の話と、現在について聞いた。

1505_harikomi_08.jpg
ビートたけしとたけし軍団による「フライデー襲撃事件」は、週刊誌業界でも語りぐさとなっている。

 年々張り込み写真は厳しくなりつつあるようだが、では、写真週刊誌が全盛の時代はどのような張り込みが行われていたのだろうか?80年代~90年代にかけて、10年間某大手写真誌で張り込みカメラマンとして活躍し、おニャン子クラブをはじめとするアイドルたちの熱愛を激写したA氏は当時の様子をこう振り返る。

「当時は、撮りにくくはなかったよね(笑)。今よりもだいぶガードが緩い時代だったんじゃないかな。ビートたけしによるFRIDAY編集部襲撃事件がきっかけとなって、80年代中盤以降、写真誌が徐々に下降していったけど、『3FET』(FRIDAY、FLASH、FOCUS、Emma、TOUCH)と呼ばれる写真誌もバンバン刊行されていて、世間からも注目を集めていたんです。当時、張り込みをしていると、一般の人から『がんばれよ!』なんて声をかけられることもありました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ