サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 『丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」』
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【20】

黒眼豆豆(ブラックアイドピーズ)の20年を総括。極悪舎弟のポップな変身劇

+お気に入りに追加

『The E.N.D.』

1503_fhs_01.jpg

ブラック・アイド・ピーズ(販売元:ユニバーサルミュージック)

ここでは、キャリア最大のヒットである09年リリースの5作目を。「もはやアルバムという概念は死んだ」と諦観したウィルがまとめ上げた本作は、「Boom Boom Pow」と「I Gotta Feeling」の2大ヒットに導かれて、世界的大ヒットに。ファーイースト・ムーヴメントら、後続のヒップホップ・アクトのEDM化への道も開いた。


 台湾に行くたびに感心するのは、現地における洋楽アーティスト名の漢字表記である。

 カタカナのような表音文字がないから、漢字でムリヤリ音訳したり意訳したり……時に超訳と誤訳も混入した漢字名の地獄絵巻は、得てして抱腹絶倒ものとなる。

 その中でも、直訳ぶりでワシの心をとらえたのは「黒眼豆豆」。〈黒=black/眼=eye/豆豆=peas(複数形)〉――そう、「ブラック・アイド・ピーズ」だ!

 そんなブラック・アイド・ピーズ(以下、BEP)に異変が起こっているようだ。11年末からグループとして活動を休止していた彼らは、グループ始動20周年となる今年、活動再開&作品発表(?)予定なのだが……紅一点メンバーのファーギーは、そこに招かれていないという。

 ファーギー自身も「私は20年間ずっと在籍していたわけではないし」と発言している通り、実はこのグループ、今の姿に落ち着くまで長い旅をしてきたのだ。今回は、その遍歴を振り返ろうと思う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』