サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【ニュースアプリ】厳選6種!勝手にミシュラン
第1特集
ニュースアプリの可能性とは?【2】

スマニューもグノシーも意外と未完成…… ニュースアプリ勝手にミシュラン

+お気に入りに追加

――乱立して、その使い方にしてもいまいちどれがいいのかわからないニュースアプリ。そこでここでは、ITライター、IT系コンサルタント、広告PR担当の異業種の方々にレビューしてもらった。

1412_vm_02.jpg

【すでに不動の位置を確立した!?】
【1】SmartNews23点
[DATA]運営企業:スマートニュース DL数:約500万
解説:幅広いジャンルの記事を配信。日本政府の情報を集約した「日本政府チャンネル」を開設するなど、オピニオンメディアではなく明確な土管(インフラ)を目指しているのが伺える。

■IT系ライター評:ポストYahoo!ニュース最右翼! 8点
米国進出も順調と伝えられるニュースアプリ界の横綱的存在。表示を最速にする「Smartモード」搭載が人気の最大の要因。Yahoo!ニュースの地位を奪うかに注目したい。

■IT系PR評:独自アルゴリズムが心地良し 8点
独自のアルゴリズムでニュースを集めるアプリのなかでは、1番使い勝手が良い。世界展開も見逃せない。

■IT系コンサル評:ニュースアプリの標準モデル 7点
現在、ニュースアプリで標準化したUIは、彼らのアイデア。操作感も心地いい。不満もない。あらゆる意味で基準になるニュースアプリ。

1412_vm_03.jpg

【ユーザー数に比して非難轟々】
【2】Gunosy17点
[DATA]運営企業:グノシー DL数:約600万
解説:アルゴリズムを使って、読者の関心に合わせた記事を配信するとして話題に。テレビCMを打ち飛躍的に大きくなったものの、ステマ記事や元共同CEOの退任劇など、悪評も絶えない。なにより、UIがスマニューにそっくり……。

■IT系ライター評:ゲスいニュースが目につく 7点
当初の「はてなブックマーク」寄りのテイストから、巨額の資金調達を経て内容が180度転換。ミーハーなニュースが目につく編成となり、今後はほかのアプリといかに差別化するかが課題。

■IT系PR評:広告が露骨すぎて…… 3点
露骨なスポンサー広告が目に余る。CMも誤解を生む内容なので、アプリ落としたけど使ってない人が多いのでは?

■IT系コンサル評:稼働ユーザーはどれほどいるの? 3点
最大DL数を誇るがCM効果ゆえ。実ユーザがどれくらいか疑問。広告が多すぎて、ほかのアプリに比べると見にくい。行き詰まり感あり。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』