サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【エロ表現】に翻弄されるアプリ製作者の苦悩
第1特集
グーグルは自動派、アップルは手動派

リジェクト3回でアカウントが飛ぶ!? “エロ”でアップルとせめぎ合うアプリ制作者の苦悩

+お気に入りに追加

――ここまではバイラルメディアの興亡やニュースアプリの現状について見てきたが、実際のアプリ制作者とアプリ販売のプラットフォームを持つアップルやグーグルの間には、どのようなやり取りがなされているのだろうか? しばしば問題視される“エロ”アプリを例に取り、「安眠ひざまくら」制作者である鈴屋二代目氏に聞いた。

1412_appli_column_02.jpg
グーグルプレイで公開されている『安眠ひざまくら(彩)~就寝5分前の戯れタイム~里見晴菜ver』。11月7日現在、合計844件のレビューはなんと4.1の高評価!

 エロ系のアプリはアップルが運営するiTunes Storeでは全面禁止だが、グーグルが運営するグーグルプレイ(アンドロイド向けのアプリストア)では野放し状態だ。――もし、あなたがそんな認識を持っているとしたら、それは間違いだ。

「今年の4月頃からグーグルの審査基準が一気に厳格化され、有名エロアプリの大半が姿を消しました。累計100万ダウンロードを誇った『おっぱいソムリエ』や、女のコの衣装を擦ると衣装が透ける『コスコス』のほか、AV女優の写真集アプリなどもすべてリジェクト(審査落ち)の対象となりました」

 こう語るのは大人のための癒やし系アプリ「安眠ひざまくら」シリーズのクリエイターとして知られる鈴屋二代目氏。

「今ではグーグルプレイでエロやおっぱいなどの用語で検索しても、ヒットするアプリはほぼ皆無。これはグーグルがアプリのタイトルや説明文を監視し、エロを連想させるキーワードがあると即座に削除するようになったからです」

 鈴屋氏によると「今やアップルもグーグルも、エロに関しての厳しさは変わらない」とのこと。

「グーグルの場合、リジェクトアプリを3回出すと、そのリリース元のアカウント自体が凍結されるなど、むしろアップルよりも厳罰化が進んでおり、エロアプリ開発業者の大半は廃業に追い込まれました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載