サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > アニメ【パチンコタイアップ機種】の成否
第1特集
熾烈なアニメ版権ビジネス

当たるも出るもアニメ次第!?パチンコタイアップ機種の成否

+お気に入りに追加

――パチンコ店に足を運べば、見渡す限りアニメとのタイアップを図った最新機種が並ぶ。誰もが知るメジャーなアニメから、局地的に知られるマニアックなアニメまで、ジャンルも多彩だ。「パチンコユーザーが減少」といわれる裏で、今、パチンコメーカーはアニメの“質”でしのぎを削る。

1411_pachinko_01.jpg
(写真/cherry chill will)

 正義超人と悪魔超人の戦いに胸を熱くした『キン肉マン』、小栗旬主演で実写版も公開された『ルパン三世』、ラノベからアニメ化、果てには映画にまで行き着いた『涼宮ハルヒの憂鬱』、今も劇場版の新作が話題となる『新世紀エヴァンゲリオン』──ここに挙げたアニメに共通しているのは、熱狂的信者を持つ作品である点と、〈パチンコ〉である。昨今、パチンコ店にズラリと並ぶ筐体の約半数が、アニメとのタイアップ機といって過言でない。古くは『天才バカボン』(00年)から『ゲゲゲの鬼太郎』(00年)といった昭和を代表するアニメから、近年の作品では前述『新世紀エヴァンゲリオン』(04年)や『涼宮ハルヒの憂鬱』(14年)など、アニオタや若年層からも猛烈に支持を得るタイアップ機まで、恋愛からロボット、妖怪など、アニメのジャンルも多岐に渡る。中には、現役で活躍する豪華声優陣を起用した「完全自社オリジナル」で製作されたパチンコも存在するほど。これらがパチンコユーザーの間で話題となったのは、”本家顔負け”のクオリティを誇るからにほかならない。なぜ、こうまでしてパチンコ業界はアニメとのタイアップを図るのだろうか? 本稿では、「アニメ×パチンコの親和性」、そしてそのパチンコ台(遊技機)で繰り広げられる「アニメの質」について紐解いていきたい。

エヴァがもたらしたアニメ×パチの破壊力

 近年は、特にアニメとのタイアップ機の雨あられだ。そのブームを牽引したのが、04年に(パチンコ・パチスロの企画・製造を主な業務とする)ビスティが発表した『CR新世紀エヴァンゲリオン』と言われている。歴代の遊技機に触れてきた、パチンコ雑誌の元編集者に話を聞こう。

「エヴァが空前絶後のヒットを放つことができたのは、突然確変【編註:パチンコの当確確率がプレイ中に変動するシステム】というギャンブル性の高い射幸性だったと思います。しかし、アニメーションのクオリティも高く、もともとパチンコユーザーでエヴァ好きだった人間はもちろん、ギャンブル性とエヴァというコンテンツ性が相乗効果となり、アニメに無関心だったユーザーがエヴァンゲリオンを見始めた、という話は各所で耳にしました。エヴァは現在までシリーズが第8弾まで発表されていて、年末には新台となる9作目がパチンコ店に導入予定です」

 エヴァンゲリオンが全国のパチンコ店を席巻すると、遊技機を製造する各パチンコメーカーは、〈アニメとのタイアップ機〉に奔走。一時、パチンコメーカーはアーティストや映画、家庭用ゲームとのタイアップ機がメインであったが、エヴァの恩恵を受けてから、”アニメ版権ビジネス”は、パチンコ業界で加速度を増すことになる。

 本特集の冒頭「アニメ最新事情」でも記述した通り、アニメ版権を用いたパチンコ・パチスロの出荷高は増加の一途をたどっている。先日、シリーズ最新台がお目見えとなった、浜崎あゆみや倖田來未といったアーティストとのタイアップ機(坂本冬美や氷川きよしなど、年配ユーザーの年齢層を配慮した演歌歌手タイアップも多い)も人気だが、昨年発表された約100台にも及ぶ新台の4割がアニメとのタイアップ機という、凄まじい数字を叩き出しているほどだ。

 エヴァ以前のアニメタイアップ機といえば、版権を買い取ったら、既存のアニメーションを流用するだけの”お手軽台”が多かったが、昨今では版権を買い取り、遊技機のためのアニメーション製作が必須事項となっている。それが”コンテンツ性”で客足を伸ばす施策となっているからだ。主にパチンコ・パチスロマンガを手がけるマンガ家・カワサキカオリ氏は、そのコンテンツ性がきっかけとなり、原作へも手を伸ばしたと話す。

「3年ほど前、原作もアニメの存在も知らずに『CR地獄少女』(藤商事)を打ってみたんですが、アニメーションのクオリティが非常に高く、色鮮やかな蝶々の役物【編註:遊技を盛り上げるために備え付けられた独自の仕掛け】もきれいで、それがきっかけでオリジナルのアニメを見るまでに至りました。でも本当は、私が二次元の男性にときめくこともあり、登場人物の一目連に一目惚れしたから、というのが大きな要因なんですけど……(笑)。藤商事さんはアニメの採用の仕方が上手だなと感じますね」

1411_pachinko_02.jpg
完全オリジナルアニメで勝負を挑んだ、藤商事「CR龍玉八犬伝」。“八犬士 vs 妖怪軍”の物語がしっかりと練られ、妖怪軍のボスである玉梓を倒すことによって(大当たりを連続させなければならない)、スペシャルエンディングを見ることができる。

 数あるパチンコメーカーの中における、中堅クラスのパチンコ・パチスロ製造・販売会社藤商事は、この1年足らずで『プロジェクトアームズ』や『緋弾のアリア』、『ゼットマン』といったアニメタイアップ機を続々と発表。その藤商事がアニメの版権機種ではなく、”完全自社オリジナルコンテンツ”として昨年発表した遊技機に「CR龍玉八犬伝」なる作品がある。これは、既存のアニメ作品とのタイアップではなく、遊技機の中でのみ繰り広げられる、「パチンコのためのオリジナルアニメ」という点で大きな注目を集めた。機種タイトルの如く、「里見八犬伝」をモチーフにしたオリジナルストーリーを作り上げ、キャラクターデザインをアニメ版『鉄拳チンミ』や『機動戦士ガンダムSEED』を手がけたことで知られる大貫健一が担当し、鈴村健一や喜多村英梨、若本規夫、子安武人などが登場人物の声優に配された。

「『龍玉八犬伝』は、世界征服を目論む女帝妖怪の野望を阻止すべく、8人の勇者が戦いを挑むという、完全オリジナルの遊技機です。液晶に3Dを搭載し、作画やアニメーションのなめらかさなど、藤商事の力の入れ具合を感じましたが、肝心のスペックがお粗末で、お世辞にもヒット台とはいえない代物でした。ただ、アニメーションの水準は高かったので、その台のために用意されたスペシャルエンディング見たさに、コアなパチンコユーザーからは支持されていました」(元パチンコ雑誌編集者)

「CR龍玉八犬伝」は既存のアニメではないため、すべてのアクション(リーチや大当たりなどのすべての演出)を一から製作しなければならない。パチンコの醍醐味である、大当たりへの過程となるリーチアクションこそ、各メーカーがこぞって本領を発揮しなければならないヤマ場。スペシャルエンディングというのは、”ある条件をクリア”することによって初めて見ることのできる、その遊技機で描かれるアニメの存在意義を懸けたコンテンツとなるわけだ。また、既存アニメのタイアップ機であっても、オリジナルの演出や物語を製作するのが常だ。

「『CRルパン三世~消されたルパン~』にもオリジナルのエンディングが用意されていますが、メーカーが定めた条件【編註:ルパンの場合は最低でも大当たりを20回連続で引かなければ、エンディングにたどり着けないといわれている】をクリアしないとを見ることができず、私は未見です……(苦笑)」(カワサキ氏)

〈いつも通り、お宝を盗むルパン一行。しかし、突然ルパンの存在が消えてしまったかのように、いくら強盗を繰り返しても世界のどこでも、その悪行が報道されることはない。その頃、宿命のライバルである銭形警部はルパンの担当を外され、違和感を覚える〉──これが大まかなあらすじだが、往年のルパンファンも、初めて触れた若年層も、よく練られたストーリーと演出に、「近年稀に見る良台」と太鼓判を押した。

「年々減り続けるパチンコユーザーを足止めした台と言われています。パチンコならではの連チャン率【編註:大当たりが連続している状態】や出玉の多さが圧倒的に支持を得ていますが、それに次いで、遊技機で繰り広げられるアニメーションの質が高いと評判でした。

 結局はスペックありきで台の善し悪しが決まってしまう点も否めませんが、中には例外的に、『なかなか大当たりにたどり着けないが、演出がよくできている』という理由から、打てば打つほど味わいが増す”スルメ台”と愛され、息の長いヒットとなっている台も存在します」(元パチンコ雑誌編集者)

 つまり、たとえパチンコで浪費したとしても、「演出が面白かったから有意義な時間を過ごせた」ということなのだろう。それが本当なら、メーカーにとっても、版権を売り渡すアニメ業界にとっても、非常においしい効果といえる。

著名作品の版権は大手へ マニア向け作品は中小へ

1411_pachinko_03.jpg
導入されても、すぐ通路(誰も座らず空席の状態)になってしまう新台が多いなか、アニメ版にも劇場版にもない、遊技機オリジナルストーリーで勝負を仕掛けている「CRルパン三世~消されたルパン~」。繰り広げられる数々の演出のクオリティは誰もが納得の一言。


「パチンコのためのオリジナルアニメ」「パチンコのためのオリジナルストーリー」──これら高水準の遊技機を製造することが、各パチンコメーカーが利益を出す近道となっているのかもしれない。11年に『パチンコがアニメだらけになった理由』(洋泉社)を上梓した作家・ジャーナリスト、安藤健二氏に話を聞いた。

「メーカーが単独で映像コンテンツを作るのは不可能に近い。企画と出資をメーカーが担当し、アニメ製作会社に演出などの製作を請け負わせればいいのです。ただし、そのようなことができるのは、SANKYO(『CRフィーバー機動戦士ガンダム』『CR涼宮ハルヒの憂鬱』など)や京楽(『CR新世紀ぱちんこ攻殻機動隊』『CR新世紀ぱちんこベルセルク』など)、サミー(『CR北斗の拳』『CR化物語』など)のように、アニメに限らず版権物の扱いが巧みで、潤沢な製作予算を持っているところに限られるでしょう。仮に製作費がかさんだとしても、メーカーが新たなコンテンツを生み出す可能性はあるので、その意義は大きいと思います。遊技機そのものが、テレビやネット放送のように、作品の発表の場となることで、メディアミックスの起点になり得るからです」(安藤氏)

 大手は話題作の版権を買い取ることができるが、中小となれば、そうもいかない。

「アニメのタイアップ機が増えた背景には、すでに存在しているアニメーションを流用できる点から、演出などの製作に予算を費やさずに済むという長所があります。しかし、それはあくまで世間的認知度の低いアニメの話。大手は人気アニメの版権をいともたやすく買い占めますが、中小は、『そこそこ知られているアニメをもとに、いかに低予算で製造できるか?』に悪戦苦闘しています。パチンコ店に足を運んだことのある人なら、『このアニメ、人気なの?』と首を傾げた経験はあるはず。最低限の水準を保とうとしていますが、中には”原作レイプ”と呼ばれるほど、いい加減に製作された台があるのも事実です」(元パチンコ雑誌編集者)

 スルメ台がある一方で、原作レイプ台も存在するのだ。エヴァの登場以降、乱立するアニメのタイアップ機は「原作をこよなく愛するパチンコ未経験者の呼び水」となり得る可能性も孕ませたわけだが、むやみやたらなパチンコメーカーのアニメ版権ビジネスは、自ら落とし穴を作ってしまった。

「『CR銀河英雄伝説です。もともと原作が大好きでしたので、タイアップ機が出ると聞いて、何度もアニメを見返し、万全の状態で導入初日にパチンコ店に出向きましたが……肩を落としました。原作を知らない人が製作したとしか思えない出来で、まったくアニメに対する愛を感じることができなかった。本当によくできた台というのは、コアな原作ファンが納得する名シーンを採用した演出を作っています。パチスロになりますが、『交響詩篇エウレカセブン』は、細やかな気遣いが感じられる、アニメファンも納得の素晴らしい台でした」(カワサキ氏)

 今年7月、大一商会から発売された「CR風雲維新ダイショーグン」は、去る4~6月に放送されたテレビアニメを題材にした遊技機だ。「パチンコ化も速さが求められる時代」と思われたが、もともと大一が遊技機を開発するときに、キャラの原案だけが存在したコンテンツであり、それからアニメ化の話が持ち上がったレアケースの作品。つまり大一のスタッフは、何もない状態からパチンコ開発を進め、最終的に「大一×KADOKAWA」のアニメディアミックス作品として遊技機を発表した。しかし、このようなクリエイティブな機種よりも、既存のアニメタイアップ機が話題となるのは、致し方ない話である。

「『CR龍玉八犬伝』は、遊技機がヒットすれば、アニメ化を望めるほどの水準でした。11年に高尾から発売された『CR元禄義人伝浪漫』というモンキー・パンチがキャラデザを担当した遊技機がありましたが、発売から2年後にはテレビアニメ化された異色の作品も存在しました。既存のアニメ版権ビジネスで利益を上げることがメーカーにとっての命題なのでしょうが、低予算ながら自社コンテンツを作り上げることにも、アニメの未来があるような気がします」(元パチンコ雑誌編集者)

 これから年末~年明けにかけて導入が噂されているアニメタイアップ機には、『機動警察パトレイバー』や『キャプテン翼』などが挙がっている。まだまだ止まらない「アニメ×パチンコ」のおいしい関係。これらが成功するか否かは、その質。パチンコメーカーにとってもギャンブルなのである。

(文/編集部)

アニメとパチンコのおいしい関係
射幸性は無視! アニメーションで選ぶ主要台レビュー

本文で触れた通り、この数年、パチンコメーカーから発表される新台は、アニメタイアップ機が大半を占めている。ここでは特にアニメーションに優れ、コア/ライトユーザー共に支持を得ている近年の主要遊技機を紹介しよう。

1411_pachinko_04.jpg
■製作費にも贅沢な筋肉
『CRぱちんこキン肉マン 夢の超人タッグ編』
キン肉マン&キン肉マングレートの「マッスル・ブラザーズ」、ネプチューンマン&ビッグ・ザ・武道の「ヘル・ミッショネルズ」など、胸熱のタッグバトルが繰り広げられた「夢の超人タッグ編」をパチンコ化。当時と声優が替わっているものの、京楽の贅沢な製作費によって、オリジナルアニメーションで完全再現。(京楽/2014年)



1411_pachinko_05.jpg
■店舗からは消されぬルパン
『CRルパン三世 ~消されたルパン~』
各メーカーの「下手なアニメ数打ちゃ当たる」合戦の影響か、話題性に乏しいアニメタイアップ機の導入台数は、全国で1万台導入されれば万々歳のこのご時世。そんな不景気を吹っ飛ばしたのが、巧みなアニメーションと射幸性で増台に増台を重ねた本台。その数は10万台を突破し、導入から1年経過しても絶賛稼働中。(平和/2013年)



1411_pachinko_06.jpg
■スペッククソでもCGは評価
『CR涼宮ハルヒの憂鬱』
ラノベ界の金字塔的作品はアニメ化・映画化を経て、ついにパチンコ化。「スペックがクソすぎる」「まず連チャンしない」など、相次ぐ酷評にまみれたものの、原作愛にあふれたCGのクオリティは、往年のファンからも高評価をゲット。その影響は無関係だろうが、なぜかジジババのみなさんもよく座る謎のスルメ台。(SANKYO/2014年)



1411_pachinko_07.jpg
■揺れるおっぱいに釘付け!
『CR風雲維新ダイショーグン』
アニメ(KADOKAWA)とパチンコ(大一)の製作が同時に進んだ、地味に手の込んだ良台。「童貞だから、天下一の男になれるんだ!」という意味不明の自信に満ち溢れた主人公が、おっぱいをぶるんぶるん振るわせた敵軍とバトルを繰り広げる。アニメを知らずに座ったユーザーのほとんどが「おっぱい台」と呼ぶ。(大一/2014年)



1411_pachinko_08.jpg
■“激アツ!”の法則を乱す人気台
『CR交響詩篇エウレカセブン ~真の約束の地~』
射幸心を煽る「チャンス!」や「激アツ!」演出を“無”にしたといわれるエウレカセブン・シリーズ3作目。「今年を代表する産廃」とユーザーからの評価は散々なものだったが、相変わらず演出にはこだわりを持っており、「当たらなくてもいいからエウレカを楽しみたい……」というドMなユーザーから支持を集めている。(西陣/2014年)



1411_pachinko_09.jpg
■エバーグリーンの流麗演出
『CRエヴァンゲリオン8』
突確システムで革命をもたらしたエヴァシリーズ8作目。もともとアニメの存在を知らなかったユーザーも、その射幸性と安定したアニメーションで原作へと興味を抱かせた。本台はシリーズ中、もっとも客離れが早かったものの、「映像×音楽の極み!」といわれたプレミアバトルなど、アニメならではの演出は合格点。(ビスティ/2013年)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ