サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 歴史と現状から見る【アニメ制作スタジオ】生き残り戦略分析内
第1特集
非アニヲタのための制作事情案内【2】

各社それぞれの経営努力はどう転ぶのか?パターン別・アニメスタジオ生存戦略

+お気に入りに追加

――生存戦略には、おおまかにいってこの5パターンがある。それぞれに該当する老舗から新興まで、注目作を生んでいるスタジオをご紹介。

【資金力はいまだ絶大!】
―テレビ局傘下系―
衰えたとはいえ、存在感も資本力も絶大なテレビ局。その力を借りたいスタジオと、コンテンツ力の恩恵を受けたい局側、両者の持ちつ持たれつな関係は、しばらく拡大傾向になりそうだ。

1411_production_01.jpg

■日テレとの蜜月はいつまで続く!?
スタジオジブリ
設立年/1985年 所在地/東京都小金井市 代表作/『天空の城ラピュタ』ほか
ジブリと日本テレビの強いつながりは、ジブリアニメが同局でしか放映されないことからも明らか。その理由のひとつに、日テレ代表取締役会長の故・氏家齊一郎との密接な関係がある。高畑勲監督作品を愛した氏家氏は、公私ともにジブリをサポートしてきた。しかし、氏家氏もこの世を去り、ジブリ自体の形態も変わることになって、今後両社の関係がどう変化していくか注目である。なお、日テレはほかにもマッドハウス、タツノコプロなどアニメ制作会社を続々と傘下に収めている。

1411_production_02.jpg

■『ジョジョ』アニメでフジの子会社に
デイヴィッドプロダクション
設立年/2007年 所在地/東京都田無市 代表作/『ジョジョの奇妙な冒険』ほか
原作ファンも納得のクオリティでの『ジョジョの奇妙な冒険』
映像化でにわかに注目を集める新興スタジオの同社は、今年8月1日付でフジテレビの子会社となった。同局は13年1月よりアニメ開発部を設置し、関連事業を推進中。テレビ局のスタジオ買収というと、先述の日テレの例のほか、テレ朝による『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』のシンエイ動画完全子会社化など、ある程度のブランド力、歴史あるコンテンツを持つスタジオの例が多いが、新興スタジオを買収するこのケースは珍しい。


【台が売れればそれでOK!】
―パチンコ資本系―
今やパチンコ・パチスロに欠かせないアニメ演出。ならばスタジオに出資して、本編も一緒に企画・制作すれば一粒で二度おいしい、ということでパチンコマネーを投じた作品が増加中。

1411_production_03.jpg

■「マクロス」とパチンコが生命線!?
サテライト
設立年/1995年 所在地/東京都杉並区 代表作/『マクロスF』ほか
CGアニメーション制作を請け負う北海道のソフト開発会社の一部門から独立、06年にパチンコメーカー・SANKYOの系列に参加。『CRフィーバー創聖のアクエリオン』の演出映像制作を担当。主題歌共々大ヒットを記録したことを覚えている読者も多いだろう。以降もSANKYOは、サテライト制作のアニメ『マクロスF』『モーレツ宇宙海賊』を遊技機化。作家性の強い作品が多く、おせじにもヒット作が多いとは言いがたいが、それでもスタイルを貫けるのはパチンコマネーの強さといったところか。

1411_production_04.jpg

■子ども向けと大人向けの絶妙なバランス
トムス・エンタテインメント
設立年/1964年 所在地/東京都中野区 代表作/『ルパン三世』ほか
東京ムービー(64〜93年)を前身に持ち、『それいけ! アンパンマン』『名探偵コナン』など、子ども向けアニメを多く手がける一方、『ルパン三世』をはじめとするモンキー・パンチ作品や『弱虫ペダル』のような深夜アニメも手がける老舗。90年代初頭よりセガグループに入っていたことから、パチンコメーカー・サミーによるセガ買収に伴ってセガサミーホールディングスの子会社となった。ただし、トムス制作アニメのパチンコ・スロットはすべて他社より発売されている。


【新たな地場産業としてのアニメ制作】
―地域密着系―
ネット環境の整備とともに、会社機能の東京一極集中は解消される流れができつつある。アニメ制作においてもそれは同様で、地方から有力スタジオが登場。この流れを代表する2社に注目してみよう。

1411_production_05.jpg

■聖地巡礼アニメといえばここ!
P.A.WORKS
設立年/2000年 所在地/富山県南砺市 代表作/『花咲くいろは』ほか
富山県に本拠地を構えるスタジオ。都内で制作会社を起業していたアニメプロデューサーの代表取締役が、富山に帰郷した際、地元にアニメ制作会社が存在していなかったことから自ら設立したという。元請け作品は、地方色を強調した内容のアニメが多い点が特徴。中でも、初の元請け作品『true tears』(08年/フジ系)は富山県を舞台にしたアニメであり、関連イベントなどが地元で数多く催され、アニメによる地域振興策の成功例としてしばしば挙げられる。また同作をきっかけに、同社元請け作品のほとんどが富山県の民放局で放送されている。

1411_production_06.jpg

■制作から街おこしの中心役にまで発展
ufotable
設立年/2000年 所在地/東京都中野区(本社) 代表作/『空の境界』ほか
都内に本社を構える制作スタジオだが、09年より代表取締役の故郷である徳島県にもスタジオを開設。新人育成の場として機能している。その他、徳島市の街おこしにも積極的に参加しており、阿波踊りの宣伝ポスターを手がけたり、アニメ&ゲームイベント「マチ★アソビ」のプロデュースを行うほか、市内にアニメ専門の映画館を設立。「徳島新聞」にて、お遍路をテーマにしたマンガ『おへんろ。』を記事広告として企画連載、地元局で映像化もされた。また、日本各地にファンとの交流を目的としたカフェを開店するなど、アニメ制作にとどまらない多角経営を行っている。


【まだ誰も手をつけてない地で稼ぐ!】
―フロンティア開拓系―
制作コストも高く、コンテンツも飽和しつつある日本を飛び出し、海外に活路を求める制作会社も増えてきている。安い人件費と新たな販路は魅力的。案外、老舗スタジオのほうが積極的であるようだ。

1411_production_07.jpg

■第三国でのアニメ振興に挑む!
手塚プロダクション
設立年/1968年 所在地/東京都新宿区 代表作/『ブラックジャック』ほか
手塚治虫のマンガ作品の著作権管理とアニメ制作を主な業務とするスタジオ。現在、同社はナイジェリアの現地テレビ局と共同で『鉄腕アトム』の新作アニメを制作している。今年3月より現地で放送を開始した。産油国であるナイジェリアは、人口約1億7000万人、現在アフリカで最も発展している国のひとつ。現地の民放局の、キャラクタービジネスのノウハウを知りたいという思惑と、新興国市場に販路を広げたいというスタジオの思惑が一致したことで、この企画が成立した。ジャパニメーションの次の市場は、第三国になるのだろうか?

1411_production_08.jpg

■老舗は常に最先端を目指す
東映アニメーション
設立年/1948年 所在地/東京都中野区 代表作/『ONE PIECE』ほか
もともと日本のアニメ制作では、韓国スタジオへの委託が盛んに行われてきたが、90年代に入って経済成長が進んで平均賃金が上昇すると、コストが日本と変わらなくなってきた。東映アニメはその後、フィリピンに委託先を変更。またアニメーション制作のデジタル化が進行し始めた2000年に、他スタジオに先駆けてペンタブレットによる作画工程の構築に成功したのみならず、フィリピンおよび日本国内のプロダクションを光ファイバー通信で結び、素材をデジタルデータで輸送するシステムを完成するなど、常に海外スタジオとの連携を図ってきた。


【出版も原作発掘も賄えば一石二鳥】
―社内メディアミックス系―
メディアミックス作品が珍しくなくなった現在にあって、アニメと出版事業は切り離せないものだ。自社内でそのすべてを賄い、シナジー効果を上げる会社もすでに出てきている。

1411_production_09.jpg

■アニメ製作と出版の二本柱で大躍進
IGポート
設立年/1987年 所在地/東京都武蔵野市 代表作/『攻殻機動隊』ほか
タツノコプロから独立し、押井守作品を多く手がけるスタジオのプロダクション・アイジーが07年に持ち株会社化する際、商号を現在のものに変更。アニメ制作部門にプロダクション・アイジー、『蒼穹のファフナー』のジーベック、『進撃の巨人』のウィットスタジオを抱えるほか、出版社マッグガーデンを傘下に加えた、アニメ製作と出版事業の複合グループとなっている。ヒットアニメの関連書籍をマッグガーデンから発行するという連係プレーで、大きな収益を上げている。なお、05年にジャスダックに上場。決算報告が見られる数少ないアニメ関連企業だ。

1411_production_10.jpg

■自社レーベルのアニメ化でコンテンツ力強化
京都アニメーション
設立年/1985年 所在地/京都府宇治市 代表作/『涼宮ハルヒの憂鬱』ほか
『涼宮ハルヒ』『らき☆すた』『けいおん!』などでヒット作を手がけるスタジオとして注目を浴びるようになった同スタジオだが、09年に小説・マンガ・シナリオの3部門からなる「京都アニメーション」大賞を設置。11年にはライトノベルレーベル“KAエスマ文庫”を設立、京アニ大賞受賞作を中心にノベルスを刊行するように。近年は『Free!』『中二病でも恋がしたい!』など、同レーベル作品を原作としたオリジナル作品のアニメ化を手がけることが増えてきた。自社で原作コンテンツを発掘して育て、アニメ化するという非常に珍しいスタイルをとっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ