サイゾーpremium  > 特集2  > いま再び燃える【プロレス】

 1990年代後半から、冬の時代に身を置いてきたプロレス業界。今そこに、春が訪れつつある。新日本プロレスを中心に、動員が伸び、収益も増えているのだ。なぜ2014年の今になってプロレス人気が復活を果たしたのか? そこには新規ファンの増加、ことに女性ファンの大量参入があった。地上波や雑誌などへのレスラーの露出も増える中で、女性ファンたちの声と、業界を下支えするメディア事情から、その理由を読み解いてみたい──。

1410puroresus.jpg
教養としてのプロレス (双葉新書) 

「プロレスがいまアツい」。

 ここ10年以上のプロレス人気の低迷期を知っている古参のファンも、あるいは最近プロレスを知った新規のファンも、一様に口を揃えてそのアツさを語りたくなるような圧倒的な魅力が2014年のプロレスにはある。

 そのアツさは数字を見ても明らかだ。業界の盟主である新日本プロレスのオーナー、木谷高明氏(株式会社ブシロード代表取締役社長)が専門誌で語ったところによると、12年の買収当時は年間売上高が11億円に落ち込んでいた同団体だが、今期(13年8月〜14年7月期)は23億円にまで回復。今夏はプロレス業界初となる西武ドーム大会を開催し、1万8000人の大観衆を集めた。

 さらに他団体も負けてはいない。弱小団体として97年に旗揚げしたDDTプロレスリングは今年8月の両国国技館大会で全席前売り完売という偉業を達成。プロレス業界が広く盛り上がっている事実を証明した。

 長きにわたる低迷期を経て、いまのプロレスはライブ・エンタテインメントとして新たな注目を集めている。古くは力道山の時代から数えて、プロレスはひとつの国民的な娯楽であった。だがその趨勢は、00年前後に大きな転換期を迎えることになる。PRIDEやK-1といった本格的な格闘技ブームの到来、元レフェリー・ミスター高橋による暴露本(年表参照)の出版、さらに業界の二枚看板であった全日本プロレスや新日本プロレスから多くの主力選手が離脱することにより業界全体の再編が起こる。かつての2団体をトップに置く業界の序列は、事実上崩壊。複雑化するプロレス業界は新規ファンの取り込みに苦戦し、結果として冬の時代を迎えることになる。

 それではなぜ、今になって再びプロレスが息を吹き返しているのか? そこにはいくつかの要因が挙げられる。

 まずひとつが、各団体による真摯な企業努力だ。特に12年にブシロード体制となった新日本プロレスはライト層や新規ファンの獲得を狙い、年間売上高の3割に当たる約3億円を販促・宣伝に投入。電車の車体広告や看板広告、あるいは吉野家やHMV、渋谷109メンズ館など、さまざまな企業とのコラボレーションなどを大々的に行うことで、一般ユーザーがプロレスに触れる機会を創出した。また、SNS時代にも対応し、ツイッターやYouTubeを活用して、これまでプロレスを知らなかった層を会場に呼び込むことに成功している。

 かつ、今もプロレス冬の時代を経験しているファンが残っているという点も重要だ。前述した木谷オーナーは「すべてのジャンルはマニアが潰す」とたびたびメディアで発言してきた人物。実際に少し前なら古参が新規を認めない空気もあったが、冬の時代を経験している古参ファンはむしろ積極的にプロレスの魅力を周囲に伝え、実際にそれが新規ファンの拡大に繋がっている。

 その結果として14年現在、プロレスファンの中では理想的な世代交代が起こりつつある。会場で見かける女性や若いファンの姿は明らかに増えており、事実、新日本プロレスの女性ファンは全体の3割にまで拡大しているという。現在の新たなプロレスファンは、プロレスを一切知らないところから入っているため、ひと昔前のように先入観や偏見に捉われることなく、純粋にプロレスラーの肉体美やフィニッシュの大技を楽しんでいる。そもそもプロレスとは、小難しい理屈抜きですごいものはすごいと観客を驚かせてくれるジャンルであり、ユーザーの世代交代によってその幸福な関係は新たな形で築かれているのだ。

 だが何よりも重要なのは、この10年以上に及ぶプロレス冬の時代を耐えながら未来を見続けたプロレスラーおよびプロレス団体の存在である。DDTプロレスリングの代表、高木三四郎は、この6月にこうアピールした。「どっか1個の団体がプロレスを盛り上げてるんじゃない! 俺たちだって盛り上げてるんだ!」と。新日本のエースとして長年苦しい時代を支え続けた棚橋は、『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』(飛鳥新社/今年4月刊行)で現状について「長い低迷期からようやく抜け出して、上向きになってきた」と記している。厳しい苦境を経験し続けたプロレスラー自身が、いまようやくプロレスの人気回復を肌で感じているのだ。

 プロレスとは、どんな苦しい場面でも耐えに耐えて相手のフォールを返すその瞬間こそが醍醐味である。冬の時代を耐えに耐えて、それを返そうとするプロレスラーと団体とファンが、今のプロレスには存在している。まさにプロレス業界そのものが、プロレスのイズムを体現しているのだ。

「プロレスがいまアツい」。

 冒頭で書いたこの言葉は、正しいが、しかしまだ正確ではない。

「プロレスがいまアツい。そしてプロレスは、これからもアツい」。

 そう言い切れるほどの未来への可能性が、いまのプロレスにはあふれている。

(文/相沢 直)

冬の時代の始まりと復活の狼煙──日本プロレス興亡15年史

■格闘技全盛期
1997… 10月高田延彦、東京ドーム「PRIDE」にてヒクソン・グレイシーに完敗。多くのプロレスファンが失意の底に沈む。
1998…4月 アントニオ猪木が現役を引退。また翌年1月にはジャイアント馬場が逝去。
2000…8月 三沢光晴が中心となってプロレスリング・ノア旗揚げ。
同年…11月には新日本プロレスの橋本真也が独立。また翌々年には武藤敬司らが全日本プロレスに電撃移籍。相次ぐ選手の移籍や独立により「馬場・猪木」時代の秩序が崩壊し、後のファン離れの遠因となる。
2001…12月 元新日本レフェリー・ミスター高橋による”暴露本”『流血の魔術 最強の演技 すべてのプロレスはショーである』(講談社)出版。「プロレスは真剣勝負ではない、ショーである」と宣言し、マッチメイクの裏事情などを明かした。
同月… 新日本プロレスの永田裕志がミルコ・クロコップに格闘技のリングでKO負け。この時代、数多くのプロレスラーが慣れないルールによって格闘技選手に敗北を喫する。

■厳寒期
2003…12月 大晦日に地上波3局が総合格闘技を中継。格闘技ブームがピークを迎える。
2004…4月 テレビ朝日『ワールドプロレスリング』の放送時間が1時間枠から30分に短縮。
2005…11月 ゲームメーカー・ユークスがアントニオ猪木が持つ新日本プロレスリング株式会社の株式の51・5%を取得し、親会社に。
2006…7月 新日本プロレスの札幌大会にて出場を予定していた当時のIWGPチャンピオン、ブロック・レスナーが来日を直前拒否。
2007…1月 テレビ朝日『アメトーーク!』で「越中詩郎大好き芸人」放送。同年10月には「昭和プロレス芸人」が放送される。
同年…3月 「週刊ゴング」(日本スポーツ出版社)最終号発売。プロレス専門誌が「週刊プロレス」(ベースボール・マガジン社)1誌のみとなる。

■地ならし期
2009…8月 DDTプロレスリングが両国国技館大会を初開催。またこの年の大日本プロレス後楽園ホール大会で行われた伊東竜二対葛西純戦は09年度東スポプロレス大賞を受賞。集客力や試合内容も含め、いわゆる「インディー団体」がレベルの高さを証明する。
同年…11月 新日本プロレスが公式ツイッターアカウントを開設。翌4月にはYouTubeチャンネル開設。
2011…1月 新日本プロレスの低迷期をエースとして支え続けた棚橋弘至が第56代IWGP王者に。翌年1月にオカダ・カズチカ戦で敗北するまで、連続防衛回数は歴代最多となる11回。
同年…10月 集英社からDVD付きムック「燃えろ!新日本プロレス」が発刊。予想以上のヒットとなる。現在までのシリーズ発行累計は187万部を突破。(※14年8月現在)

■再燃期
2012…1月 株式会社ブシロードグループパブリッシングが新日本プロレスを買収。
2013…5月 『アメトーーク!』にて「今、プロレスが熱い芸人」放送。現役のプロレスラーにスポットを当てた回。
2014…8月 新日本プロレス「G1 CLIMAX 24」決勝戦が埼玉・西武ドームにて開催。同会場でのプロレス興行は史上初。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ