サイゾーpremium  > 特集2  > プロレス人気を盛り上げる【女子座談会】
第2特集
いま再び燃えるプロレス【2】

"セコンド萌え"に"やられ萌え"プロレス人気を盛り上げる女子たちの本音

+お気に入りに追加

――女子ファンの流入がプロレス人気復活を下支えしている、というのは前記事のみならず、各種メディアでも指摘されていることだ。それでは、実際に近年プロレスにのめり込んだ女子たちは、一体何に惹かれているのか? 現役プロレス女性キャスター・三田佐代子氏を司会役に、そのポイントを探ってみた。

[座談会参加者]

三田佐代子
古舘プロジェクト所属のフリーアナ。96年より、スカパー!・プロレス格闘技専門チャンネル「FIGHTING TV サムライ」にてキャスターとして活躍。東京スポーツ主催「プロレス大賞」選考委員も務める。

蟹めんま
マンガ家。ヴィジュアル系にハマった10代から現在に至るまでのバンギャルライフを綴った『バンギャルちゃんの日常』(エンターブレイン)が3巻まで刊行中。

キョコリーナ
コスプレイヤー。中邑真輔コスチュームに身を包んだ悪魔将軍のマスクを自作して観戦に行く中邑推し。

松本真紀子
都内で働く企画職OL。同じく中邑推し。

1410_wrestling_01.jpg
お集まりいただいた座談会参加者の方々。ちなみに、後ろの画面(下)で流れているのはDVD『矢野通プロデュース Y・T・R的修学旅行』の入浴場面。

三田佐代子(以下、三田) 皆さんは、それぞれどういった経緯でプロレスにハマられたんですか?

松本真紀子(以下、松本真紀子) 私は最初は10年くらい前にスカパー!でやっていたWWE【1】を観てハマりました。でも格闘技には馴染みがなかったんで、どちらかというと『テラスハウス』的な楽しみ方をしていました。その後しばらく間を置いて、今は中邑真輔選手【2】のファンです。

三田 WWEのバックステージは、完全にリアリティーショーですからね。

蟹めんま(以下、めんま) 私は本格的にハマったのは、今春の井上亘選手【3】引退興行がきっかけです。身体を悪くしての引退だったので試合はされてないんですが、最後の挨拶で「皆さんに伝えたいことがあります。自分の好きな選手に、思いっきり声援を送ってあげてください。きっと、その声援は選手に届いて、もっともっと素晴らしいプロレスをしてくれると思います」って言ってたんですね。それを聞いて「なんてアツいスポーツだ!」と感動して。自分も声援を送りたいと思うようになりました。その後、たまたまDDTが出しているマンションプロレス【4】のDVDを観る機会があって、やたらイケメンのレスラーがいる! と、飯伏幸太選手【5】のファンになりました。

キョコリーナ 私は子どもの頃、親がテレビでプロレスを観ていて、自分も大人になっても流し見はしていたんですが、04年の中邑選手と高山善廣選手【6】の試合で中邑がボッコボコにされてるのを観て「もう死んじゃう! やめて!」と思って……それから完全に好きになりました。

三田 それは中邑選手ファンとしては先見の明がありますよ。でも、デビュー当時の中邑選手って応援しづらくなかったですか? 言ってることも難しいし、棚橋弘至選手【7】みたいにキャラがわかりやすくないし。

キョコリーナ 棚橋は応援しなくても「デキる子」じゃないですか。でも中邑は応援しないと……って。

めんま 「応援しないと」っていうの、わかります。私、今年のG1前に飯伏選手が脳震盪を起こした時はすごく心配で。プロレスラーの人って大抵「絶対勝ちます」みたいに強気なことしか言わないけど、飯伏選手は結構弱音も言うんです。「どうですか、飯伏さん」「今日はムリっすね!」とか。

三田 同僚の石川修司選手(現ユニオンプロレス所属)が彼を評した秀逸な言葉があるんですけど、それが「見た目がかっこよくて、運動神経も抜群、プロレスのセンスもあって、しかも馬鹿!」。これが愛される要素なんです。これで性格までイケメン風だったら嫌味になっちゃうけど、そうじゃないから人気があるんだと思う。飯伏選手は女性のファンも多いけど、皆さんどちらかというと「付き合いたい」とかじゃなくて「お母さんの気持ち」なんですよね。

めんま そうなんです、「あんな無茶して……」という気持ちになる。

三田 だから8月の復帰戦も、無理するんじゃないかなって、心配でドキドキして観てましたよね。試合でムチャクチャなことをやってほしいけど、「いつまで私たちは飯伏を見続けていられるのかな」と、みんな頭の片隅で思ってる。飯伏選手の場合、ある日突然フッといなくなりそうで……。

めんま ちょっと儚い感じがありますよね。

キョコリーナ 今年のG1西武ドーム【8】で、棚橋がギターでボコボコにやられた【9】じゃないですか。友達の女の子が「やられてるところにキュンとした」と言っていました。やっぱり、やられてるところがイイっていう女子は多いですね。

めんま 私もやられまくってる飯伏選手が超好きで、携帯に「やられ飯伏」ってフォルダを作ってます(笑)。あと、デスマッチで流血するとかっこいい選手もいるかと。

松本真紀子 デスマッチは、苦手な人とハマる人と両極端ですよね。

三田 女性は、行ってみたら超燃えるって人も多いですね。「キャー!」って言いながら、指の間からチラチラ観るような(笑)。

松本真紀子 生観戦で何を観るかというところで言うと、プロレスは肉体の美しさを観る楽しみがありますよね。例えば中邑選手は、入場の時に身体を反らせるじゃないですか。その前にロープに足をかける柔軟が素敵で、一番自分がかっこよく見えるポーズを研究してるんだろうなって。しかもそれを毎回出し惜しみせずやってくれる。最初はクネクネしていてキモいと思ってたんですが、いつの間にか目が離せなくなりました(笑)

インスタグラムで、ヒール軍団の仲良し飲み会写真にほっこり

1410_wrestling_02.jpg
女子ファンにとってグッズ問題は懸案事項。新日ではハローキティコラボTシャツなどもあるが、やはり「何かちょっと違う」感は拭いきれない。(闘魂ショップHPより)

キョコリーナ 私、普段アニメ関係のコスプレもやってるんですけど、アニメオタクの友達でも、ブシロードがスポンサーになってから深夜アニメの間にやってるCMの影響もあってか、結構プロレス観る人が増えました。もともとアニメとかマンガ好きの人はプロレスに入りやすいと思います。

めんま 私もアニメを楽しむような感じで観てます。1話(=1回)だけ観ると「これまでのあらすじ」がわからないけど、続けて観ていると人間関係がわかってきて、さらに面白くなる。ブログとかツイッターで選手同士の交流が見られるのも楽しいし。

松本真紀子 中邑選手のインスタグラムを見て「CHAOS【10】でまた飲んでる~、超仲いいな~」って思ったり。

キョコリーナ 中西学選手【11】のツイッターも好きです。「今日も元気におはようドン(^o^)vo(^o^)oO(≧∇≦)O」って(笑)。

めんま カール・アンダーソン【12】のツイッターも面白いですよ。突然日本語で「私はセクシーなハゲだ」とか書いていて(笑)。

三田 「私は日本で有名なハゲだ」と書いたと思ったら「私はハゲではない」って書いたり(笑)。ヒールなのに「いい人感」が拭い切れなくて面白い。

めんま 葛西純選手【13】も好きなんですけど、リング上の姿だけを見ていたら、そこまでハマらなかったと思う。葛西選手はブログに息子さんがよく出てきてて、デスマッチのイメージと子煩悩のパパのギャップがすごくて、読んでるうちに彼の家族も含めて好きになってしまうんですよ。

三田 ツイッターやブログがなかったら、そういう普段のことはわかりませんからね。例えばヒールだと、タイガー・ジェット・シンはバックステージのマスコミしかいないときでもキャラを貫いてました。見てるお客さんがいなくても徹底していた。逆に今は、オカダ・カズチカ選手【14】なんかもアメリカ修行から帰ってきたときは傲慢な感じになってましたけど、実際は「多分、人はいいな」というのが透けて見える。今回のG1のマイクアピールでもちょっと噛んで「2015年」を「2005年」て言っちゃって恥じ入ってたりして、あざとい!

キョコリーナ あれはかわいかったです!

めんま キュンとしました!

三田 西武ドーム中のテンションが上がってましたよね。あとは関係性といえば、オカダ選手の時の外道さん【15】のセコンド!

めんま 「セコンド萌え」ってありますね!私、中澤マイケルさん【16】も好きです。飯伏選手のセコンドにいるときがかっこいい。

三田 飯伏選手の飛んでくる距離を確実に見てますからね。去年のG1は飯伏選手がお金を払って、中澤さんを雇ってましたね。新日本と二重契約になった時、「中澤マイケルも一緒に雇ってください」って頼んで断られて「じゃあ自分で雇います」って。

めんま あれはすごく萌えました! やっぱり一緒にいてほしいんだ、と。でも飯伏選手は「中澤さんとはお金の関係」って言ってましたけど(笑)。

キョコリーナ 最後にひとつ、どうしても言っておきたいことがあって。せっかく女子人気が高くなってるんだから、団体はもっと女子向けのグッズを増やしてほしい!

松本真紀子 同感です! プロレスTシャツって会場では着れるけど、タンスの肥やしになりがちなんですよ。シュシュなんかもロゴがでかでかと入ってたり、ダサいのも多い。もっとさりげなく身に着けたい……。

一同 わかる!

松本真紀子 団体を支えるために、試合を見に行く以外にできることとして、グッズでお金を払いたいんですよ。でも買いたいものがない。どこのジャンルでも女性は結構"支援"したがる人が多いと思うから、気持ちよくお金を使わせてほしいというか。

キョコリーナ ネイルシールとかほしいですよね。私も試合を観に行くときはネイルに中邑コスチュームの悪魔将軍を描いてもらうんですけど、そういうのを自前でやってる女子は多いと思います。

めんま それを買ったお金が選手の血肉となると思うと、お金払いたいですよね。良いグッズ作ってそれを買わせてください!

(構成/藤谷千明)

【1】WWE
アメリカ最大のプロレス団体。技そのものよりも、ストーリーやショー性が重視されているのが特徴。

1410_wrestling_03.jpg

【2】中邑真輔選手
新日本プロレス所属。80年生まれ。ニックネームは「キング・オブ・ストロングスタイル」、決め台詞は「イヤァオ!」。身体をクネクネと脱力させる動きが特徴。フィニッシュホールドは「ボマイェ」(顔面への膝蹴り)。著書に『中邑真輔自伝 KING OF STRONG STYLE 1980-2004』(イースト・プレス)。なお、以降の選手似顔絵も蟹めんま氏の筆による。


【3】井上亘選手
新日本プロレス所属(現スタッフ)。73年生まれ。肩や腰の故障に悩まされ、今春惜しまれながら引退した。

【4】マンションプロレス
DDT(上覧参照)の異色興行である路上プロレスの一種。取り壊されるマンションから立ち退かない住人たち(レスラーが配役)を、飯伏幸太が下の階から順に倒していくという設定の企画物。

1410_wrestling_04.jpg

【5】飯伏幸太選手
DDT兼新日本プロレス所属。82年生まれ。イケメンレスラー。04年よりDDTで活躍しながら、13年には新日本プロレスとの1年契約を発表。史上初の2団体同時所属選手となった。フィニッシュホールドは「フェニックス・スプラッシュ」。路上マッチへのこだわりが強い。


【6】高山善廣選手
UWFインターナショナルから全日本、ノアを経てフリーランス。66年生まれ。PRIDEやハッスルなどの総合格闘技にも、多数参戦している。

【7】棚橋弘至選手
新日本プロレス所属。76年生まれ。ニックネームは「100年に1人の逸材」、決め台詞は「愛してまーす!」。現在、新日のベビーフェイスの中心選手として活躍する。フィニッシュホールドは「ハイ・フライ・フロー」。著書『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』(飛鳥新社)がヒット中の、"意識高い"系レスラー。ブログは毎日更新。

【8】G1西武ドーム
新日本プロレスが主催するヘビー級・シングルマッチ大会。毎年夏に開催される。今夏は優勝決定戦(中邑vsオカダ)が8月10日に西武ドームで行われた。

【9】棚橋がギターでボコボコにやられた
西武ドーム興行中盤、アメリカの新団体GFWと新日本の業務提携が発表された。その後の棚橋VSAJスタイルズ戦で、試合に勝利したもののBULLET CLUB(脚注参照)に袋叩きにされている棚橋を救いに、同団体代表のジェフ・ジャレットがリングに乱入……と思いきや、持っていたギターケースから取り出したギターで棚橋を殴打(ギターで殴るのは現役時代のジェフの定番ムーブ)。ギターの裏にはBULLET CLUBの刻印があった。

【10】CHAOS
新日本プロレスのヒールユニット。中邑がリーダーを務め、オカダ・外道もここの所属。

【11】中西学選手
新日本プロレス所属。67年生まれ。「上からドン!」という技を持ち、ツイッターの語尾はここから来ている。そのツイッターで時折報告される、朝食バイキングで食べる量が尋常でないとネットで話題に。

1410_wrestling_05.jpg

【12】カール・アンダーソン選手
新日本プロレス所属。80年生まれ、アメリカ出身。現在はほぼ外国人で構成されているヒールユニット・BULLET CLUBに参加している。見た目が元MLB(今季楽天)のケビン・ユーキリスに激似。


1410_wrestling_06.jpg

【13】葛西純選手
FREEDOMS所属。74年生まれ。小柄ながら過激なパフォーマンスを持ち味に、デスマッチで活躍する。ブログでの息子の呼び名は「ハッピーボーイちゃん」。


【14】オカダ・カズチカ選手
新日本プロレス所属。87年生まれ。16歳でプロレスを始め、3年後の07年より新日に。10〜11年をアメリカにて武者修行で過ごし、帰国後ヒールに転向。フィニッシュホールドは「レインメーカー」で、ニックネームにもなっている。メディア露出も多く、ブシロードのカードゲーム「バディファイト」のイメージキャラクターを務めており、子どもへの認知度が高い。現在のプロレス人気再燃における重要人物。

【15】外道
新日本プロレス所属。69年生まれ。キャリアのほとんどをヒールとして活動している。最近はオカダのマネージャー兼スポークスマンとしての活動が目立ち、マイクパフォーマンスが人気(「カネの雨が降るぞ!」等)。

【16】中澤マイケル
DDT所属。75年生まれ。変態キャラ、イロモノキャラが強いものの、アメリカで修士号を取ったパーソナルトレーナーであり、英語も堪能な異色レスラー。

とりあえずこれを知ってれば大丈夫!?押さえておきたい5団体基本情報

日本全国メジャーとインディ合わせていくつあるのか、誰も数字を把握していないといわれるプロレス団体。ここでは基礎知識として、今押さえておきたい団体を5つピックアップして紹介。

■歴史も規模も勢いも"メジャー"の風格
【1】新日本プロレス
72年旗揚げ。猪木体制の崩壊後、紆余曲折を経て現在の親会社はブシロードグループ(P71年表参照)。数多の名選手・名勝負を生んできた同団体の現在の人気を引っ張るのは、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカの3人だ。

■オルタナティブ路線から人気の中心へ
【2】DDTプロレスリング
90年代後半、現社長(兼レスラー)の高木三四郎らを中心に旗揚げ。ライブハウスでの興行や、あるいは商店街・書店・工場などで"路上プロレス"を行うことで話題を呼び、人気を集めてきた。新日・全日のような"体育会系"に対し、"文化系"プロレスを自称する。エースレスラーは、HARASHIMA、飯伏幸太。異色の選手として"男色ディーノ"がプロレスファン以外からも有名。

■蛍光灯デスマッチで客を呼ぶ!
【3】大日本プロレス
94年旗揚げ。ロープに蛍光灯をくくりつけたリングで戦う「蛍光灯デスマッチ」が有名。団体の副業として引っ越し業者をやっており、廃品回収で蛍光灯を集めている。なお、デスマッチといえば大仁田厚だが、団体としての関わりは特にない。

■二枚看板も今は昔……?
【4】全日本プロレス
72年旗揚げ。新日と並ぶ大メジャー団体だが、近年の度重なるお家騒動と選手の離脱で、存在感がやや薄くなってしまっている。曙が13年から所属、取締役も務める。

■関西インディーシーンを牽引
【5】ドラゴンゲート
04年旗揚げ。神戸を本拠地とするインディー団体。元はウルティモ・ドラゴンのルチャドール養成学校"闘龍門"の日本支部だった。選手の平均年齢が若く、女性人気が高い。旗揚げメンバーのCIMAらが中心。
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ