サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【MOODMAN】「小学生とどっぷりなごむ!休日午後の『ねこあつめ』」
連載
【DJ】 MOODMANのゲームに電源はいらない【2】

「小学生とどっぷりなごむ!休日午後の『ねこあつめ』」

+お気に入りに追加

――DJがレコードをゲームに持ちかえ"電源不要遊戯"の楽しみ方を伝授!

1410_ccc_04.jpg
お子様のいらっしゃる本誌読者にはぴったり! ほのぼの遊べます。

 息子が「なんかかわいい」と私の袖を引っ張らなければスルーしていたはず……のジャケからしてゆるい一品ですが、昨秋のゲームマーケットで手に入れて以来、我が家ではなかなかのヘヴィローテーション。今回は『ねこあつめ』という国産インディ・カードゲームをご紹介します。

 タイトル通り、そこいらの猫を集めていくこのゲームには、のらねこ、ボスねこ、みけねこ、セレブねこなど猫カードが15枚。ねこ缶やおもちゃなどアイテムカードが33枚。近所の猫おばさんよろしく、魅惑のアイテムで巧みに手なずけ、決められた点数分の猫を集めなければなりません。ねずみ1匹で釣られるのらねこは点数が低く、血統書つきのセレブねこはなかなか手に入らない。猫同士の相性なども考えつつ、どう集めるか……という感じ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ