サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > アパレル副業は【アーティスト】のステータス?
第1特集
音楽とファッションのおいしい関係【2】

音楽性に長けてりゃ、洋服もそりゃおしゃれ! 独自ブランドを展開する洋邦のアーティスト

+お気に入りに追加

――おしゃれなアーティストがブランドを立ち上げることが必然なのか、それとも純粋にお金儲けのためなのか?国内外で音楽性&ファッション性が際立つアーティストが手がけるアパレルブランドを覗き見してみたい。

1410_miriya.jpg
『MILIYAH 300 STYLES』(講談社)

 インタビューでMEGが話したように、音楽活動を続けるかたわら、自身のブランドを立ち上げ、サイドビジネスとしてメイクマネーしているアーティストは、洋邦問わず多い。

 ことファッションに敏感で、聴く者が皆、影響を受けやすいヒップホップ・ミュージックにおいては、ファレル・ウィリアムスがプロデュースする「Billionaire Boys Club」【1】の勢いが盛んだ。ビルボードチャートで見事首位を飾ったシングル「Happy」の好結果も相まって、「ファレルが着てるTシャツがイカす!」「ファレルがかぶってる帽子が欲しい!」など、世界中で ハッピー症候群 が急増中。とことんおしゃれ街道まっしぐらである。

 ファレルとは旧知の仲であるジェイ・Zが手がける「Rocawear」【2】は設立が1999年と、今でこそ長者番付に名を連ねる彼だが、創設時はまさに”金儲け”のために始めたと思われるブランド。逆にアーティストとして大成するとブランドが経営危機に陥り、一昨年には従業員半数が解雇されるという報道が話題となったが、現在はファレルのブランドと提携を結び、なんとか継続中。

 そしてジェイ・Zと同じライブネイションに所属するマドンナは、自身のヒット曲を冠した「Material Girl」【3】を、実娘のローデスと共に創設。ブランドモデルにケリー・オズボーンやリタ・オラなどの人気アーティストを起用したりと、ママパワー炸裂のご様子。

 国内に目を向けてみよう。例えば、若い女性層から圧倒的な支持を得る加藤ミリヤのブランド「Kawi Jamele」【4】。一時代を築き上げた"アムラー"よろしく、加藤がデザインを施した衣装を身にまとった女子たちは、"ミリヤー"と呼ばれ、同ブランドのデザインで販売されるツアーグッズは、毎度長蛇の列ができるほどの人気だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』