サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > アパレル副業は【アーティスト】のステータス?
第1特集
音楽とファッションのおいしい関係【2】

音楽性に長けてりゃ、洋服もそりゃおしゃれ! 独自ブランドを展開する洋邦のアーティスト

+お気に入りに追加

――おしゃれなアーティストがブランドを立ち上げることが必然なのか、それとも純粋にお金儲けのためなのか?国内外で音楽性&ファッション性が際立つアーティストが手がけるアパレルブランドを覗き見してみたい。

1410_miriya.jpg
『MILIYAH 300 STYLES』(講談社)

 インタビューでMEGが話したように、音楽活動を続けるかたわら、自身のブランドを立ち上げ、サイドビジネスとしてメイクマネーしているアーティストは、洋邦問わず多い。

 ことファッションに敏感で、聴く者が皆、影響を受けやすいヒップホップ・ミュージックにおいては、ファレル・ウィリアムスがプロデュースする「Billionaire Boys Club」【1】の勢いが盛んだ。ビルボードチャートで見事首位を飾ったシングル「Happy」の好結果も相まって、「ファレルが着てるTシャツがイカす!」「ファレルがかぶってる帽子が欲しい!」など、世界中で ハッピー症候群 が急増中。とことんおしゃれ街道まっしぐらである。

 ファレルとは旧知の仲であるジェイ・Zが手がける「Rocawear」【2】は設立が1999年と、今でこそ長者番付に名を連ねる彼だが、創設時はまさに”金儲け”のために始めたと思われるブランド。逆にアーティストとして大成するとブランドが経営危機に陥り、一昨年には従業員半数が解雇されるという報道が話題となったが、現在はファレルのブランドと提携を結び、なんとか継続中。

 そしてジェイ・Zと同じライブネイションに所属するマドンナは、自身のヒット曲を冠した「Material Girl」【3】を、実娘のローデスと共に創設。ブランドモデルにケリー・オズボーンやリタ・オラなどの人気アーティストを起用したりと、ママパワー炸裂のご様子。

 国内に目を向けてみよう。例えば、若い女性層から圧倒的な支持を得る加藤ミリヤのブランド「Kawi Jamele」【4】。一時代を築き上げた"アムラー"よろしく、加藤がデザインを施した衣装を身にまとった女子たちは、"ミリヤー"と呼ばれ、同ブランドのデザインで販売されるツアーグッズは、毎度長蛇の列ができるほどの人気だ。

 同様に、若年層女子のみならず、小粋なお姉さん系までフォローするヘッドアクセサリーを取り扱う「Tuno by Azumi」【5】 は、元WyolicaのボーカリストであるAzumiが立ち上げたブランド。ただし、相当スタイルがよく、かわいいかきれいじゃないと、こんなゴージャスなヘッドアクセ、敷居が高そうだ。

 男性アーティストでは、VERBALが02年に設立した「AMBUSH® DESIGN」【6】の動きが活発だ。04年にはジュエリーブランド、08年にはジュエリーのセカンドラインをスタートさせるなど、さすがのビジネス魂には恐れ入る。

 また、VERBALと共にTERIYAKI BOYZ®のメンバーとして活動するNIGO®のように、ファッション界で成功を収め、アーティストとしてデビューする逆パターンも多い。あくまで一部の紹介ではあるが、音楽&ファッション共に生き残れるのは、ほんの一握りである。

1410_musician_03.jpg

【1】Pharrell Williams
ブランド名:Billionaire Boys Club/設立:2005年
プロデューサー兼アーティスト、ファレルのブランド。本国はもちろん、日本での支持率もそれなりに高い。


1410_musician_04.jpg

【2】Jay Z
ブランド名:Rocawear/設立:1999年
ビヨンセの旦那になる前から流行に敏感だったジェイ・Zによるヒップホップウェア・ブランド。息が長い。


1410_musician_05.jpg

【3】Madonna
ブランド名:Material Girl/設立:2010年
実娘と共同で設立したブランド。以前の「M by Madonna」や「MDG」は企業とのコラボ商品である。


1410_musician_06.jpg

【4】加藤ミリヤ
ブランド名:Kawi Jamele/設立:2006年
「カウイジャミール」と読む。意味はアラビア語で「強く美しい」。加藤はその後ジュエリーラインも創設。


1410_musician_07.jpg

【5】Azumi
ブランド名:Tuno by Azumi/設立:2012年
「歩く美貌」といわれる元WyolicaAzumiのヘッドアクセサリー・ブランド。着こなし度レベル高し。


1410_musician_08.jpg

【6】VERBAL
ブランド名:AMBUSH® DESIGN/設立:2002年
「m-floのラッパー」という肩書きより、今や「音楽界のおしゃれ番長」の印象が強いVERBALのブランド。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ