サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 採算度外視の【自主雑誌】の甘美な世界
第1特集
活況を呈す自主出版の最前線【1】

マンガ同人誌、アート系ZINE…… 採算度外視の"自主雑誌"の甘美な世界

+お気に入りに追加

――出版社ではない個人や団体がインディペンデントで制作した雑誌にも見える冊子=自主出版が活況を呈していると聞く。同人誌、ミニコミ、ZINE……と呼び名は様々で、スカしたメディアはカフェや雑貨屋に置かれるものばかり取り上げるが、『岡崎京子の研究』などの著書で知られるばるぼら氏が、シーンのリアルな全像を浮上させる!

1402_minicomi_1.jpg
自主制作マンガ誌「ユースカ」【6】創刊号には、ネットレーベル〈Maltine Records〉から音源をリリースしているDJ/トラックメイカーのオカダダも寄稿している。

 出版不況という言葉も聞き飽き、毎年訪れる電子書籍元年にも慣れてきた編集者/デザイナー/ライターたちが、新たな活路として期待を寄せるのが「自主出版」の世界だ。まぎらわしいが、高いお金を出して自分の本を出版社に出してもらう「自費出版」とは違い、日販やトーハンのような大手出版取次を通さず、編集制作、取引、頒布などを自ら主体となって行うのが「自主」という言葉の意味である。

 自主出版には同人誌、ミニコミ、ファンジン、インディーマガジン、リトルプレス、ZINEなど呼び名がいくつもあり、歴史的背景や意味はそれぞれ違う。たとえば「同人誌」はマンガ同人誌とイコールに思われがちだが、本来は同じ志を持つ人々=同人が作る雑誌のことで、詩も小説も評論も幅広くある。とはいえ、正確に使い分ける人は少数なので問題にしない。重要なのは、なぜそれらが注目を集めているのかだ。

 当然それは、2000年代に入ってからも規模を拡大する同人誌即売会「コミックマーケット」が、一般流通網とは別の経済圏を確立していることの影響抜きには語れない。3日で50万人以上を集めるイベントは、日本中探してもコミケットのみ。その巨大化はシーン全体の活性化につながり(カッコ内はおよその来場者数)、オリジナル創作同人誌が主体の「コミティア」(約1万人)や、文章系同人誌/ミニコミが多い「文学フリマ」(約3400人)、音楽や映像作品など音系同人中心の「M3」(約9000人)、芸大生やアーティストが自作品を扱う「デザインフェスタ」(約6万人/2日)などの即売会も活況を呈している。

 さらに、自主出版物の常備店/ネット通販店の増加も一因だ。即売会に予定を合わせずに買える敷居の低さは、新規ユーザの増加を生んでいるはず。模索舎、タコシェといった老舗ミニコミ店のみならず、二次創作同人誌を中心に取り扱うとらのあな、ケイブックス、メロンブックスなどの同人ショップは、2000年代に入るまでに一般書店とは違う流通網として定着。コミックジンや恵文社バンビオ店のような品ぞろえに個性を出す店や、イレギュラー・リズム・アサイラム、リルマグ、フロットサムブックスをはじめZINEを取り扱う店も2000年代中頃から増える一方だ。こうした盛り上がりに触れた人々が、「これからはもう自分でやるしかない!」という考えに向かうのだろう。

 実際、一人で執筆、編集、デザイン、印刷所入稿まで済ませば、制作費はかなり安く抑えられる。ただ、コミケットが12年に発表した調査では、50冊未満しか売れていないサークルが32%、年間収支赤字のサークルが約66%との結果が出ており、そう簡単に売れるわけでも儲かるわけでもないことは釘を刺しておきたい。

評論、音楽、マンガ……質の高い同人誌たち

1402_minicomi_2.jpg
オルタナティヴ・カルチャーZINE「KAZAK」【8】第6号の中面より。アメリカ・バークレーまでわざわざ足を運び、ガーリー文化の教祖ミランダ・ジュライの足跡をたどった記事。

 長々と説明してきた前提を踏まえ、具体的な自主出版物を駆け足で紹介していきたい。まず評論系の同人誌で、ここ10年で一番大きな動きといえるのは、05年末に創刊され現在も続く「PLANETS」【1】。『ゼロ年代の想像力』(早川書房)で(アンチの登場も含めて)若手評論家に強い影響を与えた宇野常寛編集の同誌は、マンガ、アニメ、映画、ドラマ、小説などの物語作品を俯瞰することで今の社会も読み解けるという社会反映論的スタンスがあり、90年代以降のフィクションを整理し、決断主義やサヴァイヴ系という類型を新たに与えた功績は大きい。近年は政治や都市計画など、より大きい対象への言及が増えている。

「PLANETS」以外に、08年に東浩紀がゼロ年代の若手批評家を発掘する企画「ゼロアカ道場」の中間試験の一環として、文学フリマで同人誌を500冊売ることを課題に出した影響も小さくない。この頃から評論中心の同人誌は一種のブームとなり、伊藤亜紗・黒瀬陽平・筒井宏樹らによる美術、演劇、ダンスなどを扱った批評誌「Review House」、同人誌ながらマンガの基礎理論を刷新させた泉信行「漫画をめくる冒険」、高瀬司(反=アニメ批評)編集のアニメ評論誌「アニメルカ」【2】とそのマンガ版「マンガルカ」、坂上秋成編集のミクスチャー・マガジン「BLACK PAST」、稲葉ほたて編集の女子ウェブ文化などをフィーチャーした「ねとぽよ」などがあり、いずれも手に取っておきたい内容だ。

 これらゼロ年代・テン年代の評論家は総じて音楽批評が手薄だったが、DJテクノウチが編集した音楽雑誌に載らなそうな音楽だけを語りつくした「読む音楽」の登場を皮切りに、同人音楽を扱った「音田楽」や「同人音楽.book」、ボーカロイド批評の「VOCALO CRITIQUE」や「フミカ」、同人メタルを追った「DOUJIN METAL」や、同人音楽とハードコア・パンクを並列化した「FRONTLINE」など、同人シーンと密接な音楽を取り上げる自主出版物は増加している。批評家・佐々木敦の私塾生が集まり創刊された「アラザル」、岡村詩野音楽ライター講座受講生らのフリーペーパー「asatte」、慶應義塾大学准教授・大和田俊之のゼミ生らによる「adawho?」もここに入れていいかもしれない。

 ウェブ/ブログとの親和性の高さを感じたものでは、かつて03年の文学フリマ第2回で頒布された「KLUSTER」【3】があった。作り手の山田和正と前田久は82年生まれの当時学生。はてなダイアリーのユーザーであり、東浩紀インタビューを目玉に(東氏は当時はてなダイアリーのアクティブなユーザーだった)、はてな上で知り合った人のつながりから動き出した同人誌の先駆けだ。11年に復刊し、山田氏単独制作の4号が出た。はてなユーザーが中心になって同人誌を作る動きは、ゆとり世代部が作る「ゆと部報」、はてな界隈で盛り上がった非モテ論をメイン・テーマにした「奇刊クリルタイ」などに続き、近年ははるしにゃん編集の自意識系「メンヘラリティ・スカイ」【4】、ブログに限らずウェブ女子が集まったネット文化コラム多めの「久谷女子」が話題を呼んでいる。

 次にマンガ同人誌を取り上げたいが、無数にあるので13年の注目株に限れば、個人誌ではpanpanya「ニューフィッシュ」【5】、合同誌では「ユースカ」創刊号【6】を挙げたい。2000年代後半は良識派、SF研究会といった創作漫画サークルが異常に面白い同人誌を毎回コミティアに出していた時期があったが、panpanyaはSF研究会の一員。ゆるくデフォルメされたキャラたちが、つげ義春的な夢幻の世界に生きるマンガで、13年夏にはこれまでの作品をまとめた単行本『足摺り水族館』(「このマンガがすごい!2014」オトコ編で14位)が出ている。

 森敬太主宰のジオラマブックスの「ユースカ」は、4号で完結した「ジオラマ」の後継誌で、真造圭伍、error403、金子朝一などが参加。DJとバンドが出演する音楽イベント「ジオラマミュージックフェア」の開催など、マンガと音楽が並列の現代ユースカルチャーの一断面として独自の存在感を放つ。12年に出たジオラマブックス初の単行本であるerror403『オチとは』は、第17回文化庁メディア芸術祭でマンガ部門審査委員会推薦作品となった。

 日本でZINEが盛り上がったのは、2000年代中盤に洋書屋がニーヴス(スイス)やフェアウェル(スウェーデン)といった海外の小さな出版社の写真/ドローイング中心のアートZINE(アーティスト・ブック)を輸入し始め、「ZINE'S MATE」などのイベントが始まったのが表向きの要因になっている。が、裏向きには新宿のインフォショップ、イレギュラー・リズム・アサイラムや遊動社のDIYな活動が大きい。05年に遊動社が出した大垣有香のパンフレット「Riot Grrrlというムーブメント」、チーム・キャシーによる「Kathy zine」【7】などが、90年代に台頭したフェミニズム運動"ライオット・ガール"を改めて取り上げた影響は大きく、ひいてはミランダ・ジュライやミシェル・ティーへの注目、ガーリー文化再評価にもつながっている。

 2冊だけ紹介すると、アギー編集の「KAZAK」【8】は6号でアメリカのポートランドからバークレーまで8日間の旅に出た記録をまとめ、バークレーでジュライの足跡をたどるなど興味深い活動を行うZINE。惣田紗希「HOPE 抱いて フォーリン」【9】は個展用に作られた画集だが、全ページがイラストのみの潔い構成で、明らかにZINEブーム以降の感覚でまとめられている。

1402_minicomi_3.jpg
インディ・マガジン「なんとなく、クリティック」【10】創刊号の中面より。商業誌ではなかなか見当たらない、大胆なレイアウトである。

 最後にそれ以外のミニコミとして、森田真規編集「なんとなく、クリティック」【10】と山崎なし編集「ニニフニ」【11】の各創刊号を挙げよう。前者は「“サブカル”の終わりと“批評”の始まり」と巻頭言にあるカルチャー誌で、雑誌の面白さを編集者の偏りに見いだしたと思われる脈絡のない目次が、むしろ懐かしい。後者は雑誌の面白さとしてメディア特性に着目し、2つの冊子をくっつけた観音開きの特殊製本にすることで、開いたときに主張しすぎる存在感を意識的に演出。「ニニフニ」はウェブで「メランコフ」というフリーペーパーも配信しており、それゆえの「紙でしかできないこと」を模索した結果にちがいない。どちらも自分が面白いと思うものだけを取り上げたごった煮感がある。

ミニコミを作る目的はコミュニティ参加!?

1402_minicomi_4.jpg
インディ・カルチャー誌「ニニフニ」【11】の創刊号。観音開きにできる誌面はインパクトがある。

 さて、今回は昨今の自主出版の傾向と対策を練ることが主題だが、全体像を把握することは誰にもできない規模だ。あくまで自分の実感に即してみると、近年人気のある自主出版物の潮流として一つ言えるのは「コミュニティ入場券化」ではないだろうか。

 つまり、かつて自主出版を選んだ人々の多くは、自分の考えを伝える手段がそれしかなかったから本を作った。だが、ネット時代に思いを伝えるツールは、ブログでもツイッターでもSNSでも、たくさん用意されている。にもかかわらず、手間と金と時間のかかる紙メディアを選ぶのは、送り手にも受け手にも特別な動機が必要なのだ。そのために、何かを伝える/受け取るという動機以外に、AKB48評論ミニコミを作れば/買えばAKB48評論コミュニティに、反原発ZINEを作れば/買えば反原発コミュニティに参加できる気がしてくる。そういう気分を作っている/買っている面があるのではないか。これまでサイト管理人が同人誌を作る場合、ネットで書いた文章をまとめて本にといった「編集」や、ネットで書けないネタを本にといった「レア感」の付加価値がついてきたが、さらにコミュニティへの「参加感」の価値が増している。その上で、質の高い内容を提示できたものが有名になっているように思う。

 自主出版物の多くは万人向けのものではないので、手に入れても気に入るかはわからない。しかし、面白いとわかっているものを消費して面白いと思う、そんな予定調和な人生に少しのスパイスを混ぜる気持ちで、まずは手を伸ばしてほしい。

(文/ばるぼら)

ばるぼら
ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』(翔泳社)、『岡崎京子の研究』(アスペクト)など。共著に『消されたマンガ』(鉄人社)。

1402_minicomi_11.jpg

【1】「PLANETS」
第1号/2005年12月30日
宇野常寛主宰の第二次惑星開発委員会編集による社会学/文化評論ミニコミ。200部程度だった創刊号から『ゼロ年代の想像力』を経て1万2000部に成長。影響力は小さくない。


1402_minicomi_12.jpg

【2】「アルメニカ」
第1号/2010年5月23日
反=アニメ批評とEPISODE ZERO編集による2010年代のアニメ批評を探る評論ZINE。書き手の深い洞察力を感じさせる原稿が多く、外せない。マンガ評論の「マンガルカ」もあり。


1402_minicomi_13.jpg

【3】「KLUSTER」
第1号/2003年11月3日
山田和正、前田久、細野晴彦ら共同編集の文芸/評論同人誌。東浩紀、仲俣暁生、西島大介らのインタビュー掲載で話題を呼んだ、はてなダイアリーと文学フリマの最初の交点。


1402_minicomi_14.jpg

【4】「メンヘラリティ・スカイ」
2013年11月4日
はるしにゃん責任編集のメンヘラ評論同人誌。若者にとってコミュニケーションと自意識が重要なトピックであることがよくわかる。仲山ひふみと永田希によるメンヘラップCD付き。


1402_minicomi_15.jpg

【5】「ニューフィッシュ」
2013年10月20日
『足摺り水族館』が高い注目を集めたpanpanyaのマンガ同人誌。日常感と夢幻感の混じり具合が心地よい、人間と魚の共存する世界を描く。


【6】「ユースカ」
創刊号/2013年8月18日
ジオラマブックス発行、「ジオラマ」を発展させた森敬太主宰による自主制作マンガ誌。真造圭伍、ゴトウユキコらも参加する新感覚派なマンガが並ぶ。今リアルタイムでナウい。


1402_minicomi_17.jpg

【7】「Kathy zine」
第1号/2007年3月
3人組チーム・キャシー編集のZINE。アート、文学、映画、ライオット・ガールなどをパンクな意志で取り上げる。2000年代後半の日本のZINEブームは、ここから始まった。


1402_minicomi_18.jpg

【8】「KAZAK」
第6号/2013年9月
アギー編集のオルタナティヴ・カルチャーZINE。ミランダ・ジュライ、ミシェル・ティーなどに象徴される、ライオット・ガールやクィア、DIY文化への率直な共感に満ちた内容。


1402_minicomi_19.jpg

【9】『HOPE 抱いて フォーリン』
2013年8月16日
イラストレーター/デザイナーの惣田紗希が自身の個展に合わせて刊行したドローイングZINE。女の子の様々なポージングを描いた内容で、一枚一枚が完成された世界観を表出。


1402_minicomi_20.jpg

【10】『なんとなく、クリティック』
創刊号/2013年2月25日
森田真規編集のインディ・マガジン。特集に山本精一を選ぶ姿勢を懐かしくも珍しくも感じるのは、ゼロ年代批評に音楽センスが皆無だったせいだろう。サブカルチャーの現在。


1402_minicomi_21.jpg

【11】『ニニフニ』
創刊号/2013年8月18日
山崎なし編集のインディ・マガジン。観音開きで「めくる」という行為を意識化させる、ビジュアルとコンテンツが一体化したカルチャー誌。町田康から木尾士目まで登場。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ