サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【エロ劇画】業界は死の淵ゆえに超カオス!
第1特集
マンガ番外地「エロ劇画」秘録【1】

業界は死の淵ゆえに超カオス! マンガ番外地「エロ劇画」秘録

+お気に入りに追加

――「だいたいのマンガは読み尽くした」という読者諸君! だが、ちょっと待ってほしい。エロ劇画の存在を忘れてはいないだろうか? 前回のマンガ特集(12年12月号)でもお伝えした通り、瀕死のエロ劇画ではあるが、その楽しみ方を知れば、アナタの知らない濃厚な世界が待ち受けているに違いない。

1312_sanjo.jpg
『制服美少女・屈辱の仕置き』(久保書店)

 エロ劇画とは、昭和の香り漂う写実的&肉感的な官能マンガを指す。70年代に誕生したエロ劇画誌は、80年代には100誌を超えたが、今や10誌以下。廃業する作家も相次ぎ、もはやマンガ界の絶滅危惧種といえる。

「ここ1、2年で『熟女ものがたり』【1】『漫画ダイナマイト』【2】といった有名どころも休刊しています。新創刊もなくはないですが、実験的に1~2号出しては人知れず消えていく。活性化は難しいです」

 そう語るのは、某エロ劇画誌ベテラン編集者A氏。エロ劇画誌衰退の背景には、ロリコン/美少女系エロマンガの台頭や、インターネットによる「エロの無料化」、主要販路である書店の減少などがあるが、そもそも絵柄が時流に合わなくなっていることが大きい。

「エロ劇画の読者層は50代以上が中心。マンガ家も、長年この業界を牽引してきたベテランばかり。新人はロリ系エロマンガに流れていますし、下山ギルコのような若手(といっても40代でデビュー)も伸びてきてはいるものの、レアケースです」(A氏)

 また、読者は、雑誌単位で気まぐれに消費する人が大半だという。よってエロ劇画は原則として1話完結であり、単行本としてアーカイブされることもほとんどない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報