サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【エロ劇画】業界は死の淵ゆえに超カオス!
第1特集
マンガ番外地「エロ劇画」秘録【1】

業界は死の淵ゆえに超カオス! マンガ番外地「エロ劇画」秘録

+お気に入りに追加

――「だいたいのマンガは読み尽くした」という読者諸君! だが、ちょっと待ってほしい。エロ劇画の存在を忘れてはいないだろうか? 前回のマンガ特集(12年12月号)でもお伝えした通り、瀕死のエロ劇画ではあるが、その楽しみ方を知れば、アナタの知らない濃厚な世界が待ち受けているに違いない。

1312_sanjo.jpg
『制服美少女・屈辱の仕置き』(久保書店)

 エロ劇画とは、昭和の香り漂う写実的&肉感的な官能マンガを指す。70年代に誕生したエロ劇画誌は、80年代には100誌を超えたが、今や10誌以下。廃業する作家も相次ぎ、もはやマンガ界の絶滅危惧種といえる。

「ここ1、2年で『熟女ものがたり』【1】『漫画ダイナマイト』【2】といった有名どころも休刊しています。新創刊もなくはないですが、実験的に1~2号出しては人知れず消えていく。活性化は難しいです」

 そう語るのは、某エロ劇画誌ベテラン編集者A氏。エロ劇画誌衰退の背景には、ロリコン/美少女系エロマンガの台頭や、インターネットによる「エロの無料化」、主要販路である書店の減少などがあるが、そもそも絵柄が時流に合わなくなっていることが大きい。

「エロ劇画の読者層は50代以上が中心。マンガ家も、長年この業界を牽引してきたベテランばかり。新人はロリ系エロマンガに流れていますし、下山ギルコのような若手(といっても40代でデビュー)も伸びてきてはいるものの、レアケースです」(A氏)

 また、読者は、雑誌単位で気まぐれに消費する人が大半だという。よってエロ劇画は原則として1話完結であり、単行本としてアーカイブされることもほとんどない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ