サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【海王社編集部】SM、体毛、下着フェチ…女子たちの萌え欲求に応える
第1特集
深化しすぎたBLのエロ表現【3】

【海王社「GUSH」編集部】SM、体毛、下着フェチ…貪欲すぎる女子たちの"萌え"探求

+お気に入りに追加

1312_BL_04.jpg

「GUSH」
発行/海王社 発行ペース/月刊(毎月7日)
シリーズ累計100万部突破のヒット作『恋する暴君』を生み出したBLコミック誌。隔月刊行の「GUSHmaniaEX」シリーズでは、エロに重点を置いたラインナップをそろえる。

 成年・BLコミックを中心に発行している海王社では、月刊BL誌「GUSH」を刊行しているほか、隔月刊行で「GUSHmania」(03年3月創刊)、「GUSHmaniaEX」(05年8月創刊)、「GUSHpeche」(09年5月創刊)というアンソロジーシリーズが発売されている。「GUSHmaniaEX」はウェブ限定と紙と2ラインで展開されており、このシリーズの作品ではエロ描写が必須なのだとか。「ドライ・オーガズム」【1】「尻と下着」【2】「体毛」【3】、「インランな誘惑」……など、特集タイトルはシンプルながら、かなり攻め攻めだ。

1312_BL_06.jpg
肛門科の医者(攻め)が、受けの後孔を狙っている……! 人体の知識も身につく1コマ。
【出典】「GUSHmaniaEX ドライ・オーガズム」収録『怒涛のイカせ体♥』より (c)千歳ぴよこ/海王社

「特集は毎回、読者さんのニーズとともに、"みんなこんなの読みたいんじゃない?"というような、こちらから流行テーマを発信することを心がけて考えています。タイトルはとにかく、インパクト重視ですね。これだけ各社のBLレーベルが乱立していて、書店ではスペースが限られている中で、いかにうちの本を手に取っていただくか、ということを第一に、強烈なタイトルを考えています。以前は"書店で買いにくいから、表紙やタイトルを過激にしないでほしい"という読者さんの声がありましたが、最近は購買ルートも変わってきてネット書店で買ってくださる方も多いようで、多少過激なものにしても皆さんためらいなく手に取っていただけているという印象があります」(「GUSH」編集長)

「GUSHmania」、「GUSHmaniaEX」シリーズでは、"おじさま"や擬人化など、ここ数年でブームになったジャンルをかなり先取りして特集にすることが少なくなく、先見の明があるシリーズといっても過言ではない。そんな編集部に寄せられる読者の声も、やはりエロのニーズが細分化していることが顕著に表れているようだ。

「たとえば"学生モノ"や"リーマンモノ"など、昔は大きな括りでのリクエストが多かったのですが、そういうものはすでに市場に溢れているからか、"私だけの萌え"を求めている声が増えた印象があります。皆さん、深いところまで入り込んでいっているなぁと感じますね」(同)

1312_BL_05.jpg
「体毛」特集号より、毛フェチの受け(中央)が、体毛の濃い攻め(右)にメロメロになるお話の1コマ。そもそもBLマンガで体毛が描かれること自体、実にレア。
【出典】「GUSHmaniaEX 体毛」収録『妄想アレルギー』より (c)文月あつよ/海王社

 またBL作家自身もマニアックな萌えを持っている方が多く、彼女たちの意見も特集に反映されているのだとか。

「作家の先生方の萌えは、やはり時代を先取っていますよね。アンテナが広いです。新しい・斬新な萌えの感覚を持っている先生方がこれまでにないジャンルやタブー破りなものを描けば、読み手の許容範囲も広がります。『GUSHmaniaEX』最新刊の特集は"リバーシブル"なのですが、これは商業BL界ではタブーとされているジャンル。でも作家さんから『そろそろリバーシブルもアリだと思う』という意見が挙がっていて、読者アンケートでも読みたいという声があったので、採用しました」(同)

"攻め"と"受け"が逆になるリバーシブルだけでなく、バッドエンディング、オッサン受け…… など、BL作品ではタブーとされている事項が少なくないが、海王社では今回、バッドエンディングのタブーにとことん迫った"メリーバッドエンド"のアンソロジーを発売するという。

「メリーバッドエンドとは、読み手は"これ、本当に幸せなの?"と思うかもしれないけど、キャラ本人たちは幸せ…… というストーリーのことで、心中やSM、ストーカーなど、ちょっと歪んだ愛のかたちを極めたものです。『病みBL』【4】と名づけたのですが、これはバッドエンドNGに限りなく迫ったアンソロジーになります。いわゆる"死にモノ"をどこまで受け入れてもらえるか、チャレンジした作品です。ちょっと暗めのエロを描きたいという作家さんも結構いらっしゃるのですが、通常では、そういうものはボツになってしまうんですよ。だから、この『病みBL』のほうで描いていただきました」(同)

 自分だけの萌えを追求していくうちに、今までタブー視していた事項も気にならなくなってくるということなのだろうか。萌えの力、恐るべしである。読者の萌えへの探究心は、エロい描写や表現よりも心情的なディープさへ向かっているような印象があるが、エロに対する需要に変化はあるのだろうか。

「エロ需要は、昔からずっと変わらずにあると思います。BLが世間的に認知され、メディアなどに取り上げられるのがセックス描写少なめの、より少女マンガに近いタイプの作品が多いのでBLでのエロ需要は減ったかのように思えますが、表面に出てきていないだけです。BLというジャンルが今ほど確立される前のほうが、もっとエロ需要がオープンになっていたような気がしますね。今でも一定の需要があるからこそ、『GUSHmaniaEX』のようなエロ重視の作品の特集タイトルがどんどん細分化しているのではないでしょうか」(同)

 女性のエロに対する欲求・萌えは、もしかしたら男性よりも無限大なのかもしれない。

(文/遠藤麻衣)

1312_BL_14.jpg

【1】『GUSHmaniaEX ドライ・オーガズム』
海王社(13年)/980円
ドライオーガズムとは、射精なしで男性が到達する性的絶頂のこと。受けがさんざん責められて……♡ というのはBLでは定番のエロだが、それで1冊作るのはすさまじい。


1312_BL_15.jpg

【2】『GUSHmaniaEX 尻と下着』
海王社(09年)/980円
尻フェチ話だったり、ふんどしやSM用下着などさまざまな下着が登場。『鮫島くんと笹原くん』(東京漫画社)で11年の「このBLがすごい!」を受賞した腰乃氏も執筆。


1312_BL_16.jpg

【3】『GUSHmaniaEX 体毛』
海王社(10年)/980円
「男の色気は『毛』で決まる!」という表紙のキャッチの破壊力が高い。とはいえ、ゲイマンガのように体毛がしっかり描き込まれているわけではないあたりがBLらしさ。


1312_BL_17.jpg

【4】『病みBL』
海王社(13年)/1000円
ヤンデレ、SM、心中など、ダークな要素が盛り込まれた、滅多にないBLのしかもアンソロジー。表紙は、『イベリコ豚と恋と椿。』(海王社)で近年再び注目度が一気に伸びてきているSHOOWA氏。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ