サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > AVまがいのエロシーンから惨殺まで! タブーな【海外ドラマ】
第1特集
一線を超えた「海外ドラマ」【1】

AVまがいのエロシーンから惨殺まで! 放送禁止級のタブーな海外ドラマ

+お気に入りに追加

──日本でも数多くのファンを持つ海外ドラマ。これまで多くの話題作が放映され、ソフト化されてきたが、中には過激すぎるものも多いようで……。そんな海外ドラマの中から、“行き過ぎた表現”に挑んだ話題作をピックアップ!

1310_oversea_01.jpg
ケビン・ベーコンのテレビドラマシリーズ初出演で話題の『ザ・フォロイング』。(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

かつて大ヒットを記録した『冬のソナタ』に代表される韓流ドラマや『24 -TWENTY FOUR-』『LOST』といったアメリカドラマなど、日本でも海外ドラマは高い支持を得ている。特にアメリカドラマは、その息もつかせぬ展開や壮大なスケールに、虜になった向きも少なくないだろうが、それ以外にも日本では考えられないブッ飛んだ作品はまだまだある。

 こうした“良質”かつ“過激”なテレビドラマが量産される背景について、海外ドラマ評論家の池田敏氏は次のように話す。

「アメリカでは80年代に、ニュース専門放送局の『CNN』、音楽専門チャンネルの『MTV』など、次々とケーブルテレビ局(以下、ケーブル局)が登場。日本よりもはるか昔から多チャンネル化が進行していました。新作映画などを中心に放送していた『HBO』もそのひとつで、同局が90年代末に独自に制作した『セックス・アンド・ザ・シティ』『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』という2つのドラマが大ヒット。それをきっかけに、アメリカのケーブル局はオリジナルドラマを積極的に制作するようになりました」

 両作についてはあらためて説明するまでもないだろうが、映画・海外ドラマ専門ライターのなかざわひでゆき氏にも解説願おう。

「『ザ・ソプラノズ』はマフィアという反社会集団をモチーフに、日本の地上波ではとても放送できないようなバイオレンス、過激なセリフや性描写などで話題になりました。一方『セックス~』は、現代女性の性観念やその周辺事情をこれまでになく赤裸々に描き、世界中でヒットを飛ばしています。この2作品が、それまでのテレビドラマのタブーを打ち破ったのは間違いないでしょうね。その後、ケーブル局では過激かつ質の高いドラマが多く作られるようになり、『エミー賞』などの賞レースの動きを見ても、ここ10年ほどテレビドラマのジャンルにおいては、ケーブル局がNBC、CBS、ABCなどのネット局を圧倒している状況です」

 ケーブル局がタブーを恐れず作品を制作できる背景には、収益構造の違いもあるという。

「過激なドラマが多いケーブル局のプレミアムチャンネルなどは、月額15ドルといった視聴料金をもとに運営されているので、いわゆるネット局のようなスポンサーに配慮する必要がない。そしてアメリカのケーブル局は映画会社の傘下にあることが多く、映画同様、作品の海外輸出も比較的容易にできる。実際、最近のアメリカのテレビドラマには、100カ国以上に輸出されているものもあり、そこで得た莫大な収益をもとに、豪華なドラマが制作されています。作品1時間当たりに3億円ほどをかけるのは普通で、スティーブン・スピルバーグらが製作総指揮の『ザ・パシフィック』には、10時間のドラマに約200億円がつぎ込まれました(笑)」(池田氏)

 そんなアメリカのテレビドラマのスケールに圧倒される作品が『ゲーム・オブ・スローンズ』【1】。7つの王国から成る大陸を舞台に、覇権争いに絡む者たちの、愛と野望を過激な描写満載で描くスペクタクル・アクション巨編だ。

「『ハリー・ポッター』や『ロード・オブ・ザ・リング』のようなファンタジーに分類できますが、このドラマは大人向けの要素も多い。野蛮な部族はメチャクチャな暴力を振るい、女性もバンバン脱ぎます(笑)。12年に『世界で最も美しい顔』で第1位に輝いたエミリア・クラークも、第1話から脱いでいますよ」(同)

 前出のなかざわ氏も、これに続く。

「シーズン1、2を通じてモロッコ、マルタ島、北アイルランドなど世界の各地で撮影が行われており、スケールの壮大さはケタ違い。自分の利益しか考えない人間の不埒さや残虐性、正直で誠実な人間こそが不幸な目に遭う世の中の悲哀も巧みに描かれています。また、スケールと過激さでは『スパルタカス』【2】も負けていません。暴力や淫行が横行していた古代社会を舞台にした、血みどろのバイオレンスあり、赤裸々なセックス描写ありの作品で、『テレビドラマで、よくここまでやるな(笑)』とあきれるほどです。日本での放送時には、さすがに一部でボカシが入っていました」

 このように従来は映画で描かれていたような題材も、テレビドラマで扱われるようになり、ジャンルの多様化も進行中。『ウォーキング・デッド』【3】は、映画ではマニアも多いゾンビを扱ったテレビドラマだ。

「体の一部が欠けているゾンビがいたり、撃たれて体が吹っ飛んだり、生々しい襲撃シーンが描かれていたりと、ゾンビ映画マニアも納得できるグロさです。リーマンショック以降の暗く沈んだアメリカの世相を、ゾンビというメタファーを利用して描いている……とも見られますね」(前出・池田氏)

 一方、ホラーを巧みに取り込んだのが、『アメリカン・ホラー・ストーリー』【4】。『glee/グリー』で人気を博したライアン・マーフィーの制作で、霊の棲む呪われた洋館を舞台にした“エロティック・サイコスリラー”だ。

「殺人、不倫、近親相姦といった人間のさまざまな業やダークサイドを、巧みにストーリーの中に組み込んだ内容で、幽霊よりも人間の冷めた部分のほうがよっぽど怖いと思える作品ですね。『グリー』では身障者や性的マイノリティの人が、そのハンデを乗り越える前向きな展開が支持されましたが、本作はその真逆。直視しがたいものを、あえて前面に押し出しています」(なかざわ氏)

 池田氏も「普通の人には老婦に見えるメイドが、屋敷の主人には若くてエロいメイドに見えて、そのメイドが誘惑を……といったエロ要素もあります。また、シーズンごとにストーリーの舞台が変わり、レギュラーキャストが別人の役で登場するのも面白い。なお、シーズン2の舞台は精神科病院です」と続ける。

 日本では馴染みの薄いジャンルだが、ヴァンパイアを扱ったテレビドラマもアメリカでは人気を得ている。

『トゥルーブラッド』【5】はHBOの制作で、ほかのテレビ局では制作に尻込みをするような過激な作品。ヴァンパイアと人間が共存する、未来の社会が舞台ですが、ヴァンパイアは絶倫という設定。AVに負けないほどのHシーンもありますよ」

 そう話すのは、海外ドラマ・ジャーナリストの村上淳子氏。一方でなかざわ氏は、「実は社会風刺的な作品でもある」と裏側に隠されたテーマについて解説する。

「この作品では、ヴァンパイアと人間の種族を超えた恋愛ロマンスと、それに対する周囲の差別や偏見を描きながら、現代社会の同性愛差別、宗教カルトの問題なども浮き彫りにしていく。作品の舞台がアメリカ南部で、暴力や貧困の問題も作品世界に取り込まれています。ただ描写が過激なだけでなく、社会風刺や文明批判を作中に盛り込もうとする志の高さを感じる作品です」(村上氏)

過激な作品を作りやすい海外の”土壌”とは?

1310_oversea_11.jpg
問題の多い家族を描いた『シェイムレス 俺達に恥はない』。(c) Warner Bros. Entertainment Inc. 

 さて、ネット局もここにきて、こうしたケーブル局の作品群に対抗し、過激な作品を作り始めている。FOXで放送された、元FBI捜査官と、信奉者を操るカリスマ殺人鬼が死闘を繰り広げるサスペンスドラマ『ザ・フォロイング』【6】はその一例だ。

「怪奇作家のエドガー・アラン・ポーに影響を受けた美学を持ち、大学教授時代に14人の女子大生を残忍な手口で殺害した連続殺人犯が、その強烈なカリスマ性を武器に刑務所の内外に信奉者(フォロワー)を獲得。彼らを利用して脱獄したり、彼らに殺人や誘拐をさせる……というストーリーです。警察の側にも信奉者が現れたりと、スリル溢れる展開が魅力です」(池田氏)

 このような作品が地上波で放送されて、抗議は届かないのだろうか?

「アメリカのドラマは現実の事件をモデルにしたものも多いですが、性別を逆にしたり、場所を変えたりして、そこはかなり気を使っている印象です。ただでさえ裁判が多い国ですからね。一方でファンタジーやホラーなどは、現実から離れた舞台設定なので、過激なものを作りやすい土壌があるのは確かです」

 こうした中、あまりの内容にスポンサーが降りる……というドラマも存在しないわけではない。

『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』【7】は整形外科医が主人公の医療ドラマ。美容整形の手術シーンがあまりに生々しく、物議を醸した作品です。私もこの作品を見て『自分は絶対に整形はできないな』と思いました(笑)。実際に批判も寄せられ、スポンサーを降りる企業も現れたそうです」(前出・村上氏)

 さらに、アメリカ国家が絡んだ国際問題を批判的に描いたテレビドラマもある。その代表例が本誌6月号でも紹介した『ホームランド』【8】だ。

「主人公は海外のテロ情報を収集するCIAの女性エージェント。彼女が、イラクから8年ぶりに帰還して英雄扱いされている海兵隊の軍曹を、『アルカイダに洗脳され、テロリストに寝返った人物』と確信し、正体を暴こうと捜査する……という内容です。『アメリカで、こんな作品が許されるのか』と驚かされるストーリーですよね」(池田氏)

「国家の大義名分に関わり、それによって心に傷を負った人たちの苦悩をリアルに描いていて、帝国主義アメリカの暗部に鋭く切り込んでいます。日本ではこのような作品が規制されているわけではないですが、“自主規制”で積極的に描こうとする人はいないでしょう」(なかざわ氏)

 このように大きな制限もなく、あらゆるジャンルの作品が量産されているアメリカだが、近年は海外作品のリメイクが流行中とのことだ。 

「アメリカの最貧困家庭を題材にした『シェイムレス 俺たちに恥はない』【9】は、イギリスドラマのリメイク。父親は、ちょっと働いてはワザとケガして生活保護を受けるダメ人間。しっかり者の長女が家庭を支えてはいても、弟がゲイだったり、(ほかの家族が)近所の女の子を妊娠させたと思ったら、生まれてきた子どもの人種が違ったりと、アメリカの生々しい現実を描いています」(池田氏)

 そして北欧ドラマもリメイクの題材となっている。

「北欧には社会派サスペンスの名作が多く、デンマークの『THE KILLING/キリング』【10】はその代表例。とある女子高生殺人事件で政治家の関与が疑われ、そこから徐々に政界の闇が浮かび上がっていくという、ポリティカルサスペンスに一般庶民の生活を絡めた展開が見事です。北欧独特の荒涼とした風景も魅力で、アメリカのリメイク版も、その雰囲気を巧みに踏襲しています」(なかざわ氏)

 そして業界の新しい動きとしては、ネット配信の大作も登場している。『ハウス・オブ・カード 野望の階段』【11】はアメリカではネット限定公開でスタートした作品にもかかわらず、主演がアカデミー賞俳優ケビン・スペイシー。デビッド・フィンチャーが製作総指揮で、最初の2話の演出も手がけている。

「すでにエミー賞にもノミネートされており、実際に受賞となれば、テレビドラマの業界も新たな変化の波が訪れると予想されます」(同)

 しかし、このように飛ぶ鳥を落とす勢いのテレビドラマは、実は親会社の主戦場でもある映画業界にマイナスの影響も与えているようだ。

「どのようなジャンルの作品でも、全世界で視聴者を獲得できるテレビドラマに対し、映画はファミリー層を取り込まないと収益確保が難しい部分がある。アメコミヒーローものやアニメの作品が増えているのも、ファミリー層やグッズの収益を狙ってのことでしょう。今は映画よりも、ドラマのほうが自由な環境で作品が作れる状況なんです」(池田氏)

 ハリウッド映画の製作本数も激減し、中国、ロシアなど新興国でも支持される、“誰が見ても楽しめる”純粋なエンタメ作品への志向を強めていると、なかざわ氏も続ける。

「そのため質や芸術性を追求する作り手は、テレビドラマに流れていってしまう。テレビドラマで革新的な作品が増えた分、同じ傾向の作品を得意としていた、インディーズ映画の衰退も顕著になってきました。昔はテレビが映画の格下というイメージもありましたが、今はスピルバーグもマーティン・スコセッシもドラマを制作しており、ドラマに出たがる映画俳優も増えている。映画界引退を表明していたスティーブン・ソダーバーグも、『復活するならテレビドラマ』と言っています。そして目が肥えた観客もテレビドラマに流れているんですよ」(なかざわ氏)

 ドラマ好きでなく、映画好きも、今ならテレビドラマを見ておいてソンはないというわけだ。最近は第1話のみ無料放送されていたり、ネットで配信されているものも多いので、気になる作品はチェックしてみよう。

(取材・文/古澤誠一郎)

【1】『ゲーム・オブ・スローンズ』
13年/スターチャンネル/製作総指揮:デビッド・ベニオフ、D・B・ワイス/出演:ショーン・ビーン、エミリア・クラークほか

架空の王国ウェスタロスを舞台に、5人の王が1つの玉座をめぐり繰り広げる壮絶な覇権争いを壮大なスケールで描くスペクタクル巨編。現在シーズン2がスター3で毎週日曜22時から放送中(2013年9月時点)。10月12日(土)には一挙放送。

1310_oversea_02.jpg

【2】『スパルタカス』
10年/スターチャンネル/製作総指揮:サム・ライミ/出演:アンディ・ホイットフィールド、リアム・マッキンタイアほか

「スパルタクスの反乱」を描いた、海外ドラマ史上最も過激な歴史モノ。完結編のシーズン3は10月放送開始。


1310_oversea_03.jpg

【3】『ウォーキング・デッド』
10年/FOXチャンネル/製作総指揮:ゲイル・アン・ハード/出演:アンドリュー・リンカーン、ノーマン・リーダスほか

安倍首相もファンだと公言するパニック・サバイバル・ゾンビドラマ。シーズン4が10月20日~放送スタート(毎週日曜の22~23時ほか)。
(c) Gene Page/AMC


1310_oversea_04.jpg

【4】『アメリカン・ホラー・ストーリー』
11年/FOXチャンネル/製作総指揮:ライアン・マーフィー/出演:ジェシカ・ラング、ザッカリー・クイントほか

『グリー』のクリエイターが放つ禁断のエロティックサイコスリラー。名作ホラー映画を彷彿とさせる描写のほか、幽霊とのSEXなども描かれる。


1310_oversea_05.jpg

【5】『トゥルーブラッド』
10年/LaLa TV/製作総指揮:アラン・ボール/出演:アンナ・パキン、スティーブン・モイヤーほか

人間とヴァンパイアのロマンスを中心に、彼らの周りで起こるミステリアスな殺人事件をスリリングに、セクシーに描くサスペンスドラマ。シーズン7での終了が発表されたばかり。


1310_oversea_06.jpg

【6】『ザ・フォロイング』
13年/WOWOWプライム/製作総指揮:ケビン・ウィリアムソン/出演:ケビン・ベーコン、ジェームズ・ピュアフォイほか

信奉者たちを操るカリスマ殺人鬼と、元FBI捜査官の息詰まる死闘を描く。ケビン・ベーコンがテレビドラマシリーズ初主演。現在シーズン1が放送中。


1310_oversea_07.jpg

【7】『NIP/TUCKマイアミ整形外科医』
05年/FOXチャンネル/製作総指揮:ライアン・マーフィー/出演:ディラン・ウォルシュ、ジュリアン・マクマホンほか

やり手の整形外科医が主人公。美容整形によって外見の美しさを追求する患者たちを通して、人間の奥深くに潜む複雑な心理と脆さを描き出す。


1310_oversea_08.jpg

【8】『ホームランド』
12年/FOXチャンネル/製作総指揮:アレックス・ガンサほか/出演:クレア・デインズ、ダミアン・ルイスほか

CIAとテロリストたちとの攻防をスリリングに描く。『24』のプロデューサーらが製作を手がけており、オバマ大統領のお気に入りとも報じられている。


1310_oversea_09.jpg

【9】『シェイムレス俺たちに恥はない』
12年/WOWOWプライム/製作総指揮:ジョン・ウェルズ/出演:ウィリアム・H・メイシー、エミー・ロッサムほか

『ER緊急救命室』の制作陣が放つ、笑いあり、涙あり、そしてエロありの過激なホームドラマ。シーズン3は10月4日スタート。


1310_oversea_10.jpg

【10】『THE KILLING/キリング』
12年/スーパー!ドラマTV /製作総指揮:ピブ・ベルントゥ/出演:ソフィー・グローベール、ミケール・ビアクケーアほか

欧州で絶大な人気を誇ったデンマーク発のサスペンス・ミステリー。アメリカ版リメイクもあり。完結編となるシーズン3が11月5日~放送開始。


【11】『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
13年/NOTTV、イマジカBS/製作総指揮・演出(1、2話)デビッド・フィンチャー/出演:ケビン・スペイシー、ロビン・ライトほか

デビッド・フィンチャー監督の初テレビドラマシリーズ。テレビ放送ではなく、「ネットフリックス」での配信という方法も話題になった。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ