サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 美術館と出版社に癒着アリ!? 【雑誌】とアートのキケンな関係
第1特集
芸術と共に歩むメディアの裏側

美術手帖、芸術新潮からブルータスまで!! 雑誌とアートのキケンな関係を徹底検証

+お気に入りに追加

──これまで本誌は、ファッション誌や音楽誌では、メーカー側から雑誌側へ巨額の広告費が動き、誌面もその広告費に大きく影響されることを暴いてきた。はたしてこの構造は、美術誌においても成立しているのだろうか? 関係者の証言をもとに分析する!

1309_az_bitecho.jpg
『美術手帖 2013年 09月号』(美術出版社)

 カルチャー誌のアート特集を読むことはあっても、アート系の専門誌をわざわざ買って読む、という読者はそう多くはあるまい。ここでは、アート系雑誌の世界を眺めてみよう。

「現代アート系の雑誌といえば、『美術手帖』(美術出版社)でしょう。というか、現代アートを専門に扱っている雑誌はここしかないですからね」(アート誌ライター)

「BT」の略称で親しまれる「美術手帖」は、1948年創刊の歴史を持つ老舗雑誌。単なる作品の紹介ではなく、その作品の背景にある作家の意図、歴史的な文脈も踏まえた硬派な批評を旨とする。

 例えば13年8月号を見てみると、ヴェネチア・ビエンナーレの総合ディレクターであるマッシミリアーノ・ジオーニのインタビューを引きながら、大きく“今回のビエンナーレはユングが「元型」と呼ぶもの、「最初(原初)のイメージ」についての展覧会なのです”とある。精神医学や哲学の分野ではいまや少々バカにされがちなユングやラカンであるが、語りたがりの作家やアート関係者にとっては、こういうのがいいんでしょうか。しかしこんな声も。

「それでも、BTは柔らかくなったほうなんですよ。昔はもっとバリバリの批評誌でしたから。そこから大きくかじを切ったのが、08年に編集長に就任した岩渕貞哉氏。まだ30代と若く、写真を多用してデザインも刷新、荒木飛呂彦(12年11月号)やら初音ミク(13年6月号)やらを特集し、メディアにも積極的に登場したり英訳版を作ったりと、非常に意欲的です」(アート関係者)

 それって、売れないからオタク路線にかじを切ったということ?

「いやいや、でもこの手の専門誌は定期購読の割合が非常に高いですからね。もちろん今般の雑誌不況のなか安泰ということはないでしょうが、むしろ現在のアート状況に合わせて雑誌を作れば自然にそうなったというだけでは」(同)

 村上隆や会田誠を見てもわかる通り、いまや現代アートはサブカルやエンタメの文脈ともリンクしている。小難しい現代美術を昔ながらのスタイルでただ紹介するだけのほうが、よほど古めかしいということなのかもしれない。

 アート系雑誌で次に大きな勢力を誇っているのが、文学界の雄、新潮社が発行する「芸術新潮」だ。

「1950年創刊でBT並みの歴史を持つ同誌ですが、方向性はBTとは大きく違う。判型も大きく写真を多用し、あるテーマについて読者がひと通りの知識を持てるようわかりやすく概説する感じでしょうか」(アート系編集者)

「美術手帖」同様上から目線の評論が多く、また音楽や舞踏など美術以外の分野も扱っていたかつての「芸術新潮」が現在のガイドブック的な路線になるきっかけをつくったのは、82年から19年の長きに渡って編集長の座に君臨した山川みどり氏と、彼女の右腕として活躍し、後に『ニコラ』や『月刊シリーズ』を立ち上げることとなる宮本和英氏。後述するオヤジ系カルチャー誌にも見られるような「1冊まるごとガイド」的な特集主義を推し進めていったという。

「現在の『芸術新潮』は、『フランシス・ベーコン特集』(13年4月号、東京国立近代美術館の企画展と連動)、『貴婦人と一角獣特集』(13年5月号、国立新美術館の企画展と連動)など美術館の企画展と連動しての特集が増えましたね。まあ、『美術手帖』も似たようなものですが」(前出・アート関係者)

 企画展との連動といわれると、「では、雑誌で取り上げる代わりに、広告費がたっぷり雑誌側に流れてるのでは?」と疑いたくもなってしまうが……。

「たとえば博報堂が動いて12年に開催された『ジョジョ展』など、大手広告代理店が仕切るエンタメ系の企画展なら広告費として多少のお金の動きはあるかもしれませんが、近現代美術の企画展程度で、お金を出して雑誌に取り上げてもらうような余裕は美術館側にはないですよ」(前出・アート系ライター)

 しかし、その割には、専門誌からカルチャー誌まで、美術系イベントとの連動特集というのが最近多くはないだろうか?

「その理由の一つとして挙げられるのが、01年から始まった国立美術館・博物館等の独立行政法人化でしょう。これにより国立美術館に運営効率が求められるようになり、プロモーションしてくれるメディアに対しては、物の貸し出しから取材まで積極的に”サービス”する傾向が強まりました」(同)

 雑誌としては、より多くの図版を使って誌面を構成したい。それに美術館側も協力してくれるようになったため、企画展との連動企画が増えた、というわけだ。そして、そのことをうまく利用して成功しているのが、「BRUTUS」(マガジンハウス)であろう。

「オシャレすぎて鼻につく、という向きも多いですが、アート特集を一般向けにアレンジしてうまく見せるという意味では、『BRUTUS』にかなう雑誌はないでしょう。8月15日号では東京国立博物館と組んで『日本美術総まとめ。』なる特集を組んでいますが、仏像にフキダシを入れてしゃべらせたり、書にからめて糸井重里を引っ張り出したりと、いやらしいくらいに見せ方がうまい」(前出・アート関係者)

 ちなみに、同特集の構成を担当しているのは、作家・高橋源一郎の長女である橋本麻里氏である。

「『BRUTUS』のこの路線の立役者ともいえるのが、同誌副編集長として名を馳せた鈴木芳雄氏。まだ無名だった村上隆や奈良美智を同誌で取り上げるなど先見の明はある人ですが、10年間も副編の地位にあったのとメディアに出たがりなのもあって、煙たがる向きも多かった。10年4月にマガジンハウスを退社した際、私の知り合いのライターは『よっしゃ』って言ってましたね(笑)」(同)

 しかしその後も同誌はこの路線で成功を続けており、村上隆を見出した小山登美夫とも仲の良い鈴木氏も相変わらずのご様子。やはり「BRUTUS」は強し、なのである。

 アートを扱う雑誌といえば、女性誌もはずせないだろう。特に「GINZA」(マガジンハウス)や「SPUR」(集英社)などハイファッション系の女性誌では、アート系の記事を頻繁に掲載している。

「ハイファッションとアートはもともと親和性が高いんですよ。草間彌生や村上隆とヴィトンのようにデザインの部分で直接つながることもあるし、エルメスが銀座にギャラリー『メゾンエルメス』を持っていたりといった動きもある。まあ、ファッションに箔をつけるためにアートを利用するというか(笑)」(前出・アート系ライター)

 アートで箔をつけるといえば、雑誌読者も同様。それが最も顕著なのが、「OZ magazine」(スターツ出版)などの“カルチャー好きOL系”雑誌と、「pen」(阪急コミュニケーションズ)などの“カルチャー好きオヤジ系”雑誌だろう。奇しくも前者は8月号で「こころふるえる 『アートの旅へ』」なる特集を組み、後者は8月1日号で「日本美術をめぐる旅。」なる特集を組んでいる。

「カルチャー好きOLは、現代アートの“なんかおしゃれな感じ”が好き、カルチャー好きオヤジは、近代以前の美術の“なんか渋い感じ”が好き。どっちも自分探しが好きで、だから旅に出たがるんですよ(笑)。まあ……それで我々の業界が潤うなら、ありがたいことだと思います!」(若手現代アーティスト)

 かくして、アート業界とアート系雑誌は、今日も持ちつ持たれつで進むのであった。

(文/編集部)

1309_media_01.jpg

■現代アート好きインテリならまずは読むべし!
『美術手帖』
発行:美術出版社
創刊:1948年
発売形態:月刊
価格:1600円(税込)
発行部数:6万部(公称)


1309_media_03.jpg

■インテリすぎず、オシャレすぎず
『芸術新潮』
発行:新潮社
創刊:1950年
発売形態:月刊
価格:1500円(税込)
発行部数:3万4000部(日本雑誌協会発表)


1309_media_02.jpg

■鼻につくけどやっぱりうまい!
『BRUTUS』
発行:マガジンハウス
創刊:1980年
発売形態:月2回刊
価格:630円(税込)
発行部数:8万9000部(日本雑誌協会発表)


1309_media_04.jpg

■やっぱアートだよね!旅だよね!
『OZ magazine』
発行:スターツ出版
創刊:1987年
発売形態:月刊
価格:630円(税込)
発行部数:9万部(公称)


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ