サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【芸能人芸術家】の本当の値打ち
第1特集
芸能人芸術家たちの力量と真価【1】

片岡鶴太郎からジミー大西まで! 芸能人芸術家の本当の値打ち

+お気に入りに追加

──なぜ芸能人は絵を描きたがるのか? そんな疑問が浮かぶほど、芸能活動の傍らで絵を描いていることを、ひそかなアピールポイントにしている芸能人は意外に多い。しかし、アーティストとしての真価は、果たしていかほどのものなのだろうか?

1309_az_oonishi.jpg
『まっ白 ジミー大西画集』(集英社)

 芸能人でありながら、芸術活動にいそしむ向きは多い。かつては美大出身の城戸真亜子、元お笑い芸人のジミー大西、同じくお笑いタレントの片岡鶴太郎、そして二科展連続入賞を誇る工藤静香など、画壇でも評価されている芸能人は少なくない。では、なぜ芸能人は絵を描きたがるのだろうか? 芸術家としての真価は、果たしていかほどのものなのだろうか? 実例を挙げながら、その真相を探ってみたい――。

 まず、芸能人から芸術家へと、キッパリと転身を遂げた特異な存在といえば、ジミー大西が挙げられるだろう。彼が絵描きとしてスタートしたきっかけは、92年、読売テレビ『EXテレビ』の中の、タレントが描いた絵をオークションするという企画でのこと。このとき初めてまともに絵を描いたのにもかかわらず、33万円の値がついたのだ。その彼を本格的に絵の道へと導いたのが岡本太郎で、枠にはまらない彼の作風を見抜き、「キャンバスからはみ出して描け」とアドバイスしたという逸話が残っている。

「岡本はジミーに紫の絵の具も贈っているのですが、紫というのは使い方が難しく、ジミーは使えないでいたという話がありました。ひょっとしたら岡本はその難しさをわかって、あえてその色を選んだのかもしれませんね。岡本は、芸能人の芸術活動においてキーマン的な存在だった人で、親交の厚いタモリを通じて鶴太郎に芸術界隈のさまざまな人物を紹介したりもしていたようです」(芸能リポーター)

 ジミーは96年に芸能活動を引退し、創作に専念。その後は一時期スペインに移住するなど、画業に磨きをかけている。その彼が、芸能活動をやめたきっかけは、絵を描いている途中にテレビの収録に出かけるため中断し、帰ってきたら同じ色が出せなかったため、両立が不可能であることを悟ったからだという。

 しかし、そうしてアート活動一本に絞ったジミーはむしろ例外的な存在で、ほとんどの芸能人アーティストは、芸能活動とアートの両輪を続けることで、なんらかの相乗効果を狙っているようにも見える。そこにはどんな意図が込められているのだろうか?

 ジミーと並び、芸能界周辺でその芸術資質が本物だと言われているのが、城戸真亜子である。彼女は、武蔵野美術大学油絵学科を卒業しており、タレントをしながら画家としても活躍。つい最近も、NHKの趣味の講座番組で、『城戸真亜子の油絵って楽しい!』というシリーズが放映された。雑誌のインタビューで、城戸は「人に向かって表現するテレビの仕事を経験したおかげで、絵でも人に向かって発する訓練ができた」と語っているが、「女優としてはさほど代表作が思い浮かびにくいだけに、『画家をしているタレント』というスタンスをうまくつくり上げることで、活動の枠を保っているとも言える」(前出・芸能リポーター)だろう。

 一方、「俳優・画人」を名乗り、絵画だけでなく、焼き物、漆、染め、生け花、ガラス制作など、幅広く手を出して活動しているのが片岡鶴太郎だ。芸能人の交友関係に詳しい向きによると、「画家としてデビューしたあたりから、バラエティ番組を敬遠するようになり天狗になって、付き合いが悪くなったとみられることもある。まあ、片岡自身、役者気質が強くて、どこかでバラエティタレントには見切りを付けたかったようだから、良い機会だったのだろう」ともっぱらの噂だが、それを裏付けるように、本人も雑誌の対談で、「絵を描く分、朝が早く、それで夜のお付き合いができなくなって、友達がいなくなりました」と語っている。

「片岡鶴太郎は、群馬県草津町や石川県加賀市、佐賀県伊万里市など、あちこちに自分の美術館や工藝館を持っていますが、よほどいいスポンサーがついているのでしょう。企業としても、単なるアーティストよりも、芸能人として知名度のある鶴太郎と組んだほうが、さまざまなビジネスとつなげやすいわけで、鶴太郎も、うまくそういうニーズに乗っかって成功したと言えるでしょうね」(週刊誌芸能記者)

 そのアーティストイメージを高めるために、バラエティ番組に出るのをやめた鶴太郎。映画監督として世界的に成功しても、バラエティ番組に出たり、若い芸人の面倒を見ている北野武とは対照的に見る向きも多い。ちなみに、鶴太郎の所属事務所である太田プロの応接室には彼の絵が飾ってあるという。

「ゴーストアーティスト」は本当に存在するのか?

 ほかにも、美術史に造詣が深い石坂浩二や、アジア各国を旅しては絵を描き、個展も開いている榎木孝明など、絵を描く芸能人は多い。加山雄三もそのひとりで、画集を12冊も出しているが、海や波、ヤシの木、砂浜などを細密に描くその画風は、『時は行く』『月の夜は』『旅の日よ』といった絵のタイトルも含めて、若大将のイメージそのままで、よくも悪くも往年のファンを裏切らないものだといえよう。ただ、その加山には、「ゴーストライターならぬ、ゴーストアーティストが存在するという噂も根強い。芸能人が自伝を出すときには、実際に文章を組み立てるゴーストライターが存在するのは基本だが、それと同じように、下書きなどを手がけるゴーストの画家がいる」(前出・芸能記者)というのである。

 真偽のほどは定かではないが、無名の画家なら見向きもされないレベルの作品でも、有名な芸能人の作とあれば注目され、買い手がつくのは自然な道理。そのような噂が出るのも、無理のないことなのかもしれない。前出の芸能記者が続ける。

「それと同じように、映画監督の北野武の場合も、初監督作品『その男、凶暴につき』の撮影を手伝ったのは崔洋一監督で、そのバーターとして情報番組などでコメンテーターとしての崔の露出が増えたという話もある」

 こうした噂ががぜん信憑性を帯びて聞こえてくるようなニュースが、「週刊文春」(文藝春秋/5月23日号)でも報じられた八代亜紀のケースだ。八代はフランスの「ル・サロン展」なる展覧会に5年連続で入選。箱根に自身のアトリエも持つ、芸能界きっての絵師だという世評なのだが、同誌の記事によると、八代が描いた絵は、実は美大受験専門の予備校生の手によるものだったというのだ。関係者による事情説明はこうだ。

「八代は今、絵画を教える立場にあるほど、絵の世界では有名人ですが、彼女の絵をめぐっては5~6年前からゴーストがいると噂されていました。八代が描く絵は悪く言えば、まるで死んでいるように覇気が欠落しています。描かれている人物がまるで生きていないようで、こちらに迫ってくる勢いがまったく感じられません。しかし、彼女の絵画展に行くと、そのうちの何作かは明らかに筆圧が異なっていて、迫力のある画風になっているのです。それでも『八代亜紀作』と書かれているのですが、これでは本当に彼女の手によるのは直筆サインだけなのではと疑われてもしょうがないでしょう」

 幼少の頃から絵筆を握っていたほどの絵画好きで、多忙の中でもスケジュールの合間に絵画に取り組んでいたという八代。前述の通り、フランスの「ル・サロン展」に5年連続で入選し、永久会員にもなっている彼女だが、別の芸能プロダクション関係者はこう語る。

「98年から5年連続で入選し、今では永久会員になっている八代ですが、その絵画展は本当はお金でタイトルが獲れるともっぱらの噂。一部では、『ハナから永久会員目当てで絵画展を買収していたのでは』などという声も少なくありません」

 個展もたびたび開いている身として、それが実は他人に描かせたものだとしたら、「趣味だから」だけでは許されない。巨大な工房を持ち、弟子に描かせた絵を自身の作品として世に出すことも多かったレンブラントを気取るには、素人芸術家過ぎるのではないだろうか。

芸能人入選の秘密 二科展の沙汰も金次第?

 工藤静香、そして五月みどりは、二科展に入選経験があるということで、絵描きとしてのハクがついているかのように扱われているが、これは、二科展のPR作戦の一環だと、前出の芸能プロ関係者は話す。

「10年連続で入選した工藤が最初に二科展に顔を出し始めた90年頃から、二科展の運営は深刻な状況に陥っていました。画家のステータス的な存在だった二科展ですが、この頃になると美術界では、二科展から距離をおいてアーティスト個々人の個展に重きが置かれる風潮が主流になっていました。焦った二科展側は、その存在価値を再浮上させるために、芸能人を使ったアピールを図ったとのこと。工藤の場合、もともと絵は下手ではなかったものの、二科展に入選するほどの器ではありませんでした。初入選は工藤本人が二科展への憧れから関係者を伝って応募したそうですが、2回目以降は二科展の方から工藤サイドに応募依頼があったそうです。06年、07年の二科展は大手広告代理店と組んだイベントにしていたようですから、金銭の噂は絶えません。工藤静香のマネージャーはかつてサンミュージックで松田聖子を担当していた人なのですが、その人の戦略が功を奏したという面もあるようです」

 五月みどりの場合は、かつて日活ロマンポルノに出た頃から精神が不安定ぎみになり、日本国内での生活が困難になったため、事務所の方針でアメリカに拠点を移した上、趣味を持たせることにしたのが絵を始めたきっかけだという。89年に自画像で二科展に初入選したのだが、「五月に出展を仕向けたのは二科展の幹部だと言われています。ここでは金銭の取引は行われてないでしょうが、なんらかの話し合いは行われていたでしょうね」(前出・プロダクション関係者)。

 芸能人にとって、絵が描けるということは、地方都市へ営業に行ったときに『売るものがある』ということでもあり、メリットは大きい。演歌歌手の場合は着物の見立てであったり、若いタレントならアクセサリーやTシャツをプロデュースしたりするわけだが、年齢層の高いファンが多いタレントにとっては、絵はちょうどいい商材なのかもしれない。それを仕掛けるスポンサーのほうも、芸能人の名を冠することで、ビジネスが広がるわけだから、手を組みたがるのも自然の流れだろう。時には、芸能人の名前だけを借りるケースがあってもおかしくはない。

 前出のプロダクション関係者は、芸能人が絵を描く際の所属事務所のスタンスについて、こう解説する。

「絵を描けるということは、仕事の幅も広がるので事務所も本来大歓迎なのですが、あまり没頭されすぎるのは困るというのが本音です。仕事のないオフの時間を絵を描いて過ごしているだけならいいのですが、八代亜紀がそうなったように『仕事よりも絵画を優先したい』などと言いだすと、事務所ともめるケースもあります。鶴太郎の場合も、自身の趣味を優先させ、お笑いの仕事をしなくなったので、事務所が仕方なく文化人的な役割を仕立て上げた側面もあるようです」

 もともと、絵を描くのにはコツがあり、それを習得すれば誰でもうまく描けるようになるともいう。多忙なタレントはともかくとして、ある程度時間に余裕のある芸能人なら、本業に華を添える程度の絵画なら歓迎したい、というあたりが、芸能事務所の本音なのかもしれない。

(取材・文/編集部)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ