サイゾーpremium  > 特集2  > 【声優座談会】週5バイトで食いつなぐ声優業の光と影
第2特集
声優業界の功罪【6】

【現役声優座談会】幸福の科学映画はギャラが通常の10倍!?声優業の光と影

+お気に入りに追加

──ここまで、事務所側のビジネスの話を中心に見てきたが、実際、現場の声優たちはどのような生活を送っているのだろうか。ここでは、3人の現役声優に集まってもらい、その苦しい懐事情を聞かせてもらった。

[座談会参加者]
A…事務所所属のベテラン声優
B…事務所預かり所属の新人声優
C…フリーの新人声優

1307_seiyu_10.jpg
毎年、新人発掘オーディションでチャンスを掴む人も。

A 私は今の事務所で20年くらい活動をしているんですが、2人も事務所に所属を?

B 僕は、今の事務所が3つ目になります。前の事務所には2年ほど在籍していたんですが、契約更新のタイミングで切られてしまって。前年の活動内容をもとに、今年もその契約がお互いに有益かどうかを話し合ったんですが……まあ、簡単に言えば、思うように売れなかったんですよね(苦笑)。今の事務所も、まだ“本所属”ではなく、仮契約段階の“預かり所属”です。

C 僕は今27歳なんですが、声優を目指し始めたのが遅かったので、去年から養成学校に通いながら、知り合いのツテでもらったナレーションの仕事を始めたところです。レッスンとナレーションの仕事の時間以外は、バイトをしまくってますよ。

B 僕もバイトは週5でしてます。まだレギュラーの仕事がないので、単発の仕事を受けつつ、知り合いのプロデューサーからおこぼれの仕事をもらっている状況です。

A 新人さんは、声優の仕事だけではとてもじゃないけど食べてはいけないよね。『アラタ カンガタリ~革神語~』で主演をやっている松岡禎丞くんも、つい1~2年前までカラオケ屋でバイトをしてましたよ。ここ2~3年は、相当な数のアニメに出ているはずですけど。

C 松岡さんくらいの売れっ子でも、やっと声優だけで食べていけるようになったところなんですね……。

B アニメのギャラは“ランク制”で統一されているんですが、一番下のジュニアランク(詳細はこちらの記事のボックス参照)だと、1本の仕事につき一律1万5000円。12時間しゃべり続ける仕事だろうが、一言だけの仕事だろうが、値段は1仕事で計算されます。このランク制の最上部には、ブルース・ウィリスの吹き替えなどで知られる故・野沢那智さんらのような、ギャラに規定のない“ノーランク”と呼ばれる“殿上人”もいますよ。

A ランクはある程度活動年数に左右されるので、ジュニアランクのうちに爆発的に売れても値段は変わらないんですよね。だから、ジュニアランクのうちに週に3本レギュラーを持ったとしても、4万5000円。事務所に取られるマージンは10~20%なので、そこから源泉の10%も引けば、本人の手元に残るのは3万円くらい。月額にしたら12万円ですから、それだけじゃ食べてはいけないですよね。CS局の番組なら、ギャラがさらにその半分になることもありますし。

B ちょっと待ってください! 10~20%のマージンで済んでいるんですか!? うちの事務所は本所属の人でも30~40%、預かり所属なら45%も取られますよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』