サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 現代思想で読み解く【組織歌】の中身
第1特集
自民党、学会、日教組etc...組織歌から読み解く思想のヤバさ【1】

自由民主党、創価学会、日教組まで! 現代思想で読み解く5大組織歌の中身

+お気に入りに追加

──誰しもが歌ったであろう「校歌」。そんな「校歌」をはじめとした、"組織の歌"(ここでは「組織歌」とする)には、我々の団結心を強固にする"思想"がちりばめられているはずだ。当企画では、日本の未来を担うべく"政治的"活動をする団体の組織歌をピックアップ。その歌詞から、それぞれの団体が根本に持つ思想を読み解いていこう。

1308_sosikika.jpg
『自由への讃歌《ラ・マルセイエーズ》』

 校歌や社歌をはじめ、誰しも一度は歌ったことがあるであろう“組織歌”。それらは、「未来」「栄光」「若人」など、夢と希望に満ち満ちたスバラシイ言霊のオンパレードで、時に所属する組織の風土や特徴を伝え、時に労働意欲の向上、目的意識の共有を手助けしてきた。となれば当然、それぞれの組織の目的によって、その様相は変わってくる。そこで今回、政党、宗教、右翼、左翼といった、政治的活動を行う5つの組織の組織歌に注目し、その歌詞から、日本の未来を担うべく活動する彼らがどんな理念・思想を共有しているのか、その歌詞を現代解釈の視点から分析してみたい。

 そもそも、組織歌が持つ一番の役割とはなんなのか? 慶應義塾大学法学部教授で、政治哲学・現代政治理論を専門とする萩原能久氏に、その存在の意味を聞いた。

「組織歌の意義とは、校歌から推測するに、みんなで歌って連帯意識を高めることにあります。ただ、今回取り上げた5つの組織歌については、勇気を与えたり、生きることを肯定するような歌詞が中心の校歌などとは違い、暗い側面に特化している印象です。例えば、フランス国歌の『ラ・マルセイエーズ』や革命歌として知られる『インターナショナル』を極端にしたようなイメージです」(萩原氏)

 ご存じの方も多いかもしれないが、「ラ・マルセイエーズ」は、フランス革命の際に、マルセイユの義勇軍たちが士気を高めるべく歌っていたものだった。フランス革命とは、 ブルボン王朝による絶対主義的国家体制を解体すべく、生活に苦しむ市民たちが命をかけて戦った市民革命。その歌詞は「血塗られた軍旗は掲げられた!」「武器を取れ、市民諸君!」といった過激な内容になっている。また、社会主義者団体のテーマソングとしても知られる「インターナショナル」も、日本語詞には「たて飢えたるものよ」「呪われしもの」「旗は血にもえて」と、不平等を嘆き、社会主義を目指して戦う当時の決意であふれている。そして今回、小誌が選んだ組織歌も然り。さぞ希望に満ちあふれた明るい歌詞を並べて、「団結力を高め、すばらしい未来を掴もう!」と啓発しているのかと思いきや、その歴史的背景からか、「ラ・マルセイエーズ」「インターナショナル」同様、自分たちが経験してきた「戦い」「屈辱」「強制」といった、今聞けば暗い言葉ばかりが用いられている。

「共通の敵を作ることで、内的連帯感を高めようとしているのかもしれませんね。一般に、『自分たちの集団の外側や、組織のトップ、嫌味なエリートたちが敵である』『自分たちこそが世界を救う=聖戦』という考え方で扇動し、ネガティブな思いを持たせたほうが、意識を共有しやすいのだと思います」(萩原氏)

 では萩原氏は、各組織歌のどういったフレーズに、ネガティブな感情を見出したのだろうか。詳しく歌詞を追っていこう。

左翼は“聖戦”を歌い、日教組は校歌を歌う?

 まずは、小誌読者にはおなじみの宗教団体「創価学会」の「人間革命の歌」から。この歌の作詞・作曲は、名著『人間革命』の主人公と同名の山本伸一なる人物。つまり、池田大作氏のことだ。御大自ら手がけたこの歌詞を、萩原氏はこう分析する。

「まず目に付くのが、『君も征け我も征く』という文言ですね。『行く』をわざわざ『征く』としているのは、軍歌でもよく見受けられる表現で、“聖戦を行う気満々”という姿勢が見受けられます。それ以外の歌詞は……うーん、特に意味を持たない、耳触りのよい言葉を並べているだけのような印象です。曲に乗せて教えを歌うことによって、一種のトランス状態に陥ることを狙っているのではないでしょうか」(同)

 ここで一旦、詞の内容から離れて注目したいのが、この“曲に乗せて思想を歌う”という点。ただ言葉を並べただけの教典や社訓ではなく、あえて歌にして歌わせるすることで、よりその思想を共有しやすくなるような効果があるのだろうか。

 まず気になったのが、校歌をはじめ、組織歌の大体が3番構成となっているということ(今回紹介する中で、「解放歌」のみ7番まで)。ここに何かしらルールがあるのではないか。キャンディーズの「春一番」や郷ひろみの「林檎殺人事件」などの作曲を手がけた穂口雄右氏に、この3番構成の理由について聞いた。

「3番構成にする理由はいくつか考えられますが、まず、昔のEPレコードの収録可能時間が4分程度だったことが挙げられます」

 となると、思想の刷り込みには関係がないのだろうか。

「3番構成が思想の刷り込みに効果があるかは不明ですが、記憶のコントロールは意識しているのかもしれません。人間が短期記憶で覚えられるのは、15秒程度だと言われています。曲作りは主に8小節単位で行われますが、これがまさしく15秒くらいなんですよ。1フレーズ1フレーズが印象に残るように作るには、この人間の短期記憶を考慮しつつ、音楽の要素をバランス良く配分する必要があります。音楽を構成するために必要な要素といえば、誰でも知っている『音楽の3要素』(メロディー、リズム、ハーモニー)ですね。歌を作る時は、どこまでいってもこの3要素のプロポーションが大切になります。校歌などの組織歌は、誰にでも覚えやすく、メロディーを共有しやすいものにする必要があるので、8小節の音節による2部形式を主流とした、3番構成のシンプルなメロディーで作曲をされているんだと思います」(同)

 やはり、各組織の思想、理念を手っ取り早く刷りこむには、馴染みが合って覚えやすいメロディーが必要だったということか。

 続いて、他組織の歌も見てみよう。同和団体「部落解放同盟」の「解放歌」はどんな内容になっているだろうか?

「こちらも差別などの歴史を背景に、自分たちの正義を振りかざし、『反対する者はみな敵である!』といったメッセージがストレートに表れていますね。『我等を阻む者あらば 一刀両断あらんのみ』という歌詞が顕著です。こんな意識で連帯するのは、現在では、問題かなと思いますが……(苦笑)。ただ、この曲の歌詞からは、この作詞者の教養が並はずれて高いことも窺えます」(前出・萩原氏)

 確かに、この「解放歌」に登場する歌詞は、文学的なのだ。「鮮血飾る荊棘(けいきょく)」、「鬼哭啾々(きこくしゅうしゅう)」、「櫛風淋雨(しっぷうりんう)」、「蒼穹(そうきゅう)さゆる月」といった、一見しただけでは読めないし、意味もわからないであろう言葉を頻出させている。そこに「断頭」「奴隷国」「恨み」「武装」といったキーワードを散りばめることで、かっこいい印象を与えてくれる。

「本来であれば、思想とはポジティブなものを作り上げていくものです。だからこそ、賛美歌のように『生きることの肯定』を歌われたほうが気持ちはいいですよね。しかし、これらの組織歌は、その対極にある。彼らにとって、バランスの取れた組織歌は連帯する上で必要なのではなく、『いかに自分たちは人と違うのか』『いかにかっこいい存在なのか』を意識させることのほうが大事だったのではないでしょうか」(同)

 ところがその一方で、同じく左翼思想で知られる 日教組 こと「日本教職員組合」の歌は、トホホなことになっていた。

「正統派の校歌風の歌詞なんですが、それっぽいキーワードを並べただけで、まったくの無思想なんですね。時代とマッチしていないのは仕方ないにしろ、適当な言葉をつなげて、最後に「勝利の日まで戦い抜くゾ〜」と、アメリカのフォーク歌手、ジヨーン・バエズ風味で味付けしました、という印象です(笑)。唯一、思想的な部分があるとすれば『ああ民族の独立と』の部分でしょうか。ここだけ、なんとなく左翼的な思想が感じられますが」(同)

「輝く朝の 雲そめて」「伸びゆく命 はぐくみて」「自由の空に架かる虹」といった歌詞は、確かに日本全国津々浦々の学校の校歌に使われていそうな文言だ。それもそのはず、同曲の作曲を担当したのは、日本作曲家協会の理事を務め、数々の校歌、童謡を世に残した作曲家・佐々木すぐる氏。そして、作詞は、同氏と共に多くの校歌を手がけた今井広史氏なのだ。 俺たちかっこいい とはまったく思えない歌詞だが、教育者として、校歌的精神を持つことが重要だったのかもしれない……。

自由を取り違えた自民党突き抜けた右翼・大行社

 翻って、愛国心あふれる団体の組織歌はどうか。目下“アベノミクス”の名のもとに、経済界と世間を巻き込んで勢いに乗る「自由民主党」の党歌を見てみよう。が、これまた、反目する「日本教職員組合」の組合歌の内容と、甲乙つけがたい惨状となっていた。

「作詞が、加山雄三さんの『君といつまでも』やザ・ピーナッツ『恋のバカンス』で知られる岩谷時子さんなんですけど、これがまた、毒にも薬にもならない内容ですね。いかにも彼女らしいといいますか……。『われらは創る われらの自由』という歌詞がありますが、そもそも自由とは作るものではなく、解放する、つまり壊すものなんです。その一方で『すぐれた昔の 文化を伝え』とありますが、文化、因習を壊すことが自由であって、それを強制するような歌詞は矛盾しているんですよね。保守政党には、こういった強制的な部分もあって、自由とは反対のことを喧伝したり、言ったりするところがあるんですよ。まあ、彼女には、本来『愛のためなら盗みもいとわない』といった悲壮な愛を描いた歌詞だったエディット・ピアフの『愛の讃歌』を、きれいごとを並べただけの日本語詞に翻訳した実績もありますからね」(萩原氏)

 もちろん、その「自由」の定義をどうとらえるかも“自由”なのだろうが、政党名にまで掲げるからには、せめて矛盾はないようにお願いしたいところだが……。少し拍子抜けしてしまったところで、ここは、過去には国政選挙に立候補者を擁立したこともある右翼団体「大行社」の社歌に期待したい。

「この曲はすごいですよ。『どんな小さな生命でも 守る心が人の道』と歌った直後に『まして祖国のためならば 捨てて悔いないこの命』と、命のとらえ方がいきなり矛盾してしまうんです。また、右翼思想ならではの好戦的な歌詞で、一般的な平和思想は真っ向から否定していますよね……」(同)

「真赤に咲いて 散ってやる」「護国の鬼となってやる」といった歌詞は、稲川会三代目会長の瑞穂(稲川)裕紘氏が作詞しただけあって、なんとなく勢いがあってかっこいい。「思想も理念も関係ねぇ! とにかく我が道を突き進むぜ!」という姿勢の表れか、ここまで突き抜けていると、すがすがしさと、頼もしさまで感じてしまう。これこそが、組織歌が本来持つべきパワーではないか。あれ、でもこれって、「部落解放同盟」の歌となんだか似ているような気が……。

 国や民を思い、暮らしや文化をよりよいものにしたいという思いはみな、一緒のはず。ただ、その活動や表現方法が違うだけ、ということなのだろうか。

 また、萩原氏が「連帯感を持たせるために歌い継ぐのであれば、もっと時代にマッチさせていくべきなのかも」とも言うように、組織歌にはそれぞれの歴史的背景が色濃く投影されており、現代の考え方からすれば、“その思想はちょっと危険なのでは?”と思えてくるものも、多々あるだろう。

 いずれにしろ、それぞれの組織歌からはその組織の根本的な理念・思想が垣間見られた……気がする。そういえば、最近、なにかと話題を振りまく「維新の会」にも組織歌がないか探してみたが、どうやらまだできていない様子。

「作るのであれば、作詞はやっぱり石原慎太郎氏でしょうね」(同)

 ですよね! ということで、維新の会の皆様、石原慎太郎さん、「維新の会歌」、待ってますよ!

(文/高橋ダイスケ)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ