サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【台湾のヒップホップ】の魔力を徹底解剖!
第1特集
あなたの知らないヒップホップ大国・台湾の音楽的磁力【1】

台湾対中国の中傷合戦も……ヒップホップ大国台湾が持つ音楽的磁力

+お気に入りに追加

――本誌音楽コラム連載「ファンキー・ホモ・サピエンス」でお馴染みの丸屋九兵衛氏が、台湾ヒップホップを取り巻く現状をトゥーマッチに解説。日本のヒップホップ愛好者たちよ、「遅いぞ、追いついてこい!」((c)ECD)

1308_Taiwan_01.jpg
ダライ・ラマと対面を果たした「台湾ヒップホップ界の菩薩」大支。

 それは2008年12月。

 もともと「明るい北朝鮮」の実態を確かめたくてシンガポールに行こうと思ったワシだが、同国への旅行はあまりに高額で、代わりに選んだ渡航先が台北。つまり動機は「なんとなく」だったのだ。

 こうして事前知識ほぼ皆無で訪れた台北で、ワシは驚いた。まず、とにかく人々が親切なのである。小銭を切らしたワシがバス代の支払いに困っていたら、同乗している皆さんが小銭を持ち寄って代わりに払ってくれた。東京では絶対に起こらないよな、そんなこと。

 そして、もうひとつの大きな驚き。それは、そのバス事件の晩、台北名物の夜市(ナイトマーケット)に行って見かけたスリー6マフィアのポスターだ。とにかく、そこら中に貼ってあった。

 スリー6マフィアは、テネシー州メンフィスの黒人ヒップホップ・グループ。ギャングスタ・ラップのガラ悪さと悪魔崇拝的要素を併せ持ち、「ソウルフルなのに陰々滅々」というワケわからん作風でカルト的人気を集めている連中である。

 漢字だらけのポスターをどうにか解読すると、ここ台北でカウントダウン・ライブをやるらしいのだ。ええっ、(その時点では)日本にも来たことないスリー6マフィアが台北公演!? 調べてみると、いまだ来日経験がないほかのヒップホップ・グループも台北公演は敢行済みだった。

 02年の日韓共催サッカーW杯の頃から「日本人の黒人音楽熱は韓国人に負けているのでは?」と感じてはいた。しかし、韓国のみならず、台湾にも負けてるのかも! そう思い始めた矢先、夜市近くのNEW ERA(世界最大級の帽子ブランド)ショップで、「狗」という漢字ロゴ入りの野球帽を見つけた。日本語もできる美人店員に訊いてみると、MC HotDog(MC熱狗)という地元ラッパーのモデルだという。

 それが、ワシと台湾ヒップホップのファースト・コンタクトだった。

先駆者一家はカリフォルニア帰り

1308_Taiwan_03.jpg
ジェフリー・ホアンひきいるMachi(写真上)、台南出身の雄Soft Lipa(写真下)。

 台湾ヒップホップ。それは、L.A. Boyzに始まったと言っていいだろう。

 92年にデビューしたL.A. Boyzは、カリフォルニア育ちの台湾系アメリカ人トリオ。メンバーは、ジェフリー・ホアン(黄立成)&スタンリー・ホアン(黄立行)の兄弟と、従弟のスティーヴン・リン(林智文)だ。オレンジカウンティ出身なので本来ならO.C. Boyzだが、近郊のL.A.を名乗ったのは、台湾人にとっては(ニューヨークではなく)ロサンゼルスこそがアメリカの象徴であり、憧れの土地であることを考慮してのこと。

 80年代末からのダンスブームがまだまだ熱い時期。そんな時代を背景に、徹頭徹尾ダンスしまくりながら、英語を基本にラップしていく彼らのスタイルは、衝撃的にモダンだったはずだ。こうして父母の故郷・台湾にヒップホップの種をまいた彼らは、97年までに10枚ものアルバムを発表するも解散。スタンリーは台湾に留まりソロ活動を開始するが、後の二人はアメリカに戻り、実業方面に転身することになる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』