サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 【連載】丸屋九兵衛の「ファンキー・ホモ・サピエンス」
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【2】

伝説の英黒人シンガー復帰 「大福」刺青には理由がある

+お気に入りに追加

人類のナゾは音楽で見えてくる! ブラックミュージック専門サイト「bmr」編集長・丸屋九兵衛が“地・血・痴”でこの世を解きほぐす。

『The Man』/Omar

1308_funky_01.jpg

(発売元:Pヴァイン・レコード)
御大スティーヴィー・ワンダー63歳が(シャレで)「大きくなったらオマーみたいになりたい」と言ったほど、ミュージシャンに敬愛されるミュージシャン。デビュー当初は多重録音・自己完結型だったが、最近は凄腕セッション奏者たちの参加曲も。90年のデビュー以来23年、路線は不変で円熟味だけが増したまろやかソウルだ。


 いつだったか新宿で、右寄り小市民の皆さんによるデモ(?)に出くわした。彼らが掲げる看板に書かれていたのは、「最近、なんか中国人が多くない?」という文句。ははは、それが決めゼリフだとしたら、日本人のパンチライン能力も落ちたものだな。

 話をシンプルにするために、こう言おう。「日本人よ、君たちが好むと好まざるとにかかわらず、チャイニーズはどこにでもいる」と。今回は、そんな話である。

 先月、7年ぶりのアルバムを発表したジャマイカ系イギリス黒人のアーティストがいる。彼の名はオマー、44歳。90年前後の「アシッド・ジャズ」の時代に頭角を現した、全楽器を自分で演奏する天才肌のシンガー/ミュージシャンだ。UKの人ながら、R&Bの本場アメリカに影響を与えた偉大な存在なのだ……と、ここ二十数年のブラック・ミュージック史を語る上で欠かせない重要人物なのだが、黒人音楽に興味ない人が見た場合、そんなことより彼の見た目が印象に残るに違いない。

 ドレッドロックとモヒカンの折衷のような髪型。黒人には違いないが、どこか不思議な顔立ち。そして決定打は、首の左側に刻まれた「大福」というタトゥーだ。

 なんじゃそりゃ!

 この男、フルネームをオマー・ライフック(Omar Lye-Fook)という。姓はLye-Fookだ。

 実はこれ、「来福」という漢字姓の音訳なのだ! つまり彼は、親の代に英国へと渡ったジャマイカ黒人には違いないが、4分の1中国系でもあるのだよ。

 件のタトゥーも本来は姓そのままで「来福」と彫ってもらうつもりだったという。だが、漢民族の血は入っていても漢字は書けないオマー本人と彫り師の間で意思の疎通に問題があり、気づいたら大福と彫られていたとか。だが、「大福はスイーツだけど、big luckの意味にもなるし」と本人は明るく語っている。ま、取り返しがつかないことこそ、ポジティブにとらえるべきだよな。

 そうそう、ジャマイカつながりで、前回本欄のオトシマエを。例のスヌープ・ドッグのラスタ入信は、映画『ロード・トゥ・ライオン』でドキュメントされている。とある場面に登場する、ジャマイカの特殊学校。取り仕切る名物校長は中国系女性だ。ジャマイカ総人口に占める中国系の割合はわずか1%強。だが、同国から発信/派生したショウビズ各種に彼らが残した足跡は、とてつもなく大きい。

 たとえば、ベーシストのバイロンザ・ドラゴンリー。母親は黒人だが、父は九龍出身の広東人。つまり姓は「李」だ。50年代、コントラバスばかりのジャマイカに初めてエレキベースを導入した先駆者で、この決断がなければ、スカ~レゲエが発展することもなかったかも。彼に限らずジャマイカ音楽界には中国系が多く、初期レゲエのプロデューサーたちも「コン」や「リー」姓だ。

 知名度でも性格の悪さでも最強の黒人女性スーパーモデル、ナオミ・キャンベルも、中国系ジャマイカ人の血を引くイギリス人。ゲーム『ストリートファイター』シリーズから生まれた映画『ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』で主人公・春麗を演じた美少女クリスティン・クルックも、中国系ジャマイカ人の血を引くカナダ人だ。

 ジャマイカへ、そこからイギリスやカナダへと、跳躍を繰り返す中国系の血。このフットワークの軽さは、大英帝国という枠組に含まれたゆえだろう。その帝国の内訳は、香港、インド、カリブ海の島々、北米、東南アジアにオセアニア。そして帝国というシステムは、その領土内で人とモノと文化を豪快に行き来させるものだ。19世紀の香港を舞台にしたジャッキー・チェン映画にインドの兵士が出てくるのはその証し。今は「英連邦」だが、帝国時代に築かれた交流ルートは有効だ。

 帝国といえば、本稿の主人公オマーは1月に大英帝国勲章を授与されている。44歳で叙勲はけっこう早い。英国を代表する名優パトリック・スチュワート(『スター・トレック』や『Xメン』等)は、70歳でようやく「ナイト」になれたのに。英国の叙勲制度は英国らしさのある作品(『007』とか『ロード・オブ・ザ・リング』とか?)を優先する傾向があるから……オマー流R&Bが英国特産として認知された、のだろうか。

まるや・きゅうべえ
老舗ブラックミュージック雑誌あらためウェブサイト『bmr』の編集長だが、分野外の無駄な知識が膨大で「ダークサイドの池上彰」と呼ばれる。自慢はコスプレ歴と、荒俣宏のサイン。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ