サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 彦摩呂「宝石箱やぁ~」はもう古い!最新【食タレント】〈秘〉レポート
第1特集
食番組は売れ損ないタレントの再生工場!?

彦摩呂「宝石箱やぁ~」はもう古い! 芸能界の“再生工場”!?最新食タレント(秘)レポート

+お気に入りに追加

──放送作家、ディレクター、プロデューサーなどテレビ制作の現場にいる面々に、食番組・企画で使いやすいタレントをカテゴリごとに分けてもらい、食番組での使い勝手を星で表してみた!

1306_personality_.jpg
(絵/金子ナンペイ)

【美味しそうに食べるのはごく一部のファイターのみ】
【1】大食い枠
代表的なタレント:ギャル曽根、ジャイアント白田
主戦場:“大食い”の冠がつく番組・イベントすべて

■特殊能力『大食い』だけだとしんどい!?
「大食い枠」には、とにかく強靭な胃袋が求められる。誰もマネできない特殊能力ゆえ、大食い番組に引っ張りダコ。うまくいけば、ギャル曽根のようにバラエティタレントとしての道も開ける。また、ジャイアント白田は、収録の数日前から水を大量に飲み、胃袋の大きさを調整しているようで、普段は1日1食牛丼一杯との話も。

【豪快なロケになることが多く、瀟洒な店は苦手】
【2】俳優枠
代表的なタレント:阿藤快、高橋英樹
主戦場:下町の名店から和食の超一流店まで

■ナチュラルに美味しさを伝えるにはこの枠
「俳優枠」には、どんな一般人にも気さくに話しかける人間味と、豪快かつ美味しそうに食べる能力が求められる。オールラウンドプレイヤーゆえ、庶民的な店から寿司などの和食まで、守備範囲は広い。阿藤快と双璧をなすのは、木之元亮。「ムシャムシャ」と自ら発しながら食べるプロ魂に、業界内にファンが多い。

【ハマれば大爆発。不発も少なくない!?】
【3】自己プロデュース枠
代表的なタレント:寺門ジモン、長野博(V6)
主戦場:企画色の強いバラエティ番組の1コーナー

■うざいうんちくは諸刃の剣
「自己プロデュース枠」には、“美味しそうに食べる”という資質は求められない。必要なのは独自性(うんちく)。寺門は、マスコミ取材NGの店を自らの力で引っ張ってくることが強み。業界内で期待されているのはカラテカ入江慎也。“人脈の広さが折り紙つき。TOKIO松岡昌宏は、食べ方が汚くて、使い物にならないそうだ。

【専門的な知識は高いが、人としての華やかさに難あり】
【4】文化人枠
代表的なタレント:石神秀幸、来栖けい
主戦場:グルメ系の特番、単発もの

■テレビは宣伝で、その他の収入で稼ぐ!
「文化人枠」には、タレント性は求められない一方、専門性が要求される。ギャラも数分の1に抑えられるため、重宝される。彼ら自身のうまみはテレビ以外の収入。書籍の出版、商品企画、店舗プロデュースなど、名が売れれば爆発力は食タレ以上とも。評判がよくないのは美食家の来栖けいで、コメントが長く編集しづらいとのこと。

【B級グルメはお手の物だが、高級店は苦手】
【5】食タレ枠
代表的なタレント:彦摩呂、内山信二
主戦場:夕方のニュース番組内の食レポから食べ歩き番組まで

■企画に困ったら、このデブを置いとけ!
「食タレ枠」は、まず第一に、なんでも美味しそうにペロリと食べるサービス精神が求められる。1日数時間のロケで3軒、4軒ハシゴすることもざらなので、胃袋の強さも必須。どんなに苦しくても常に笑顔が基本。ミスターちん、内山信二らがこの枠に入る。また、、褒め方や食べ方が不自然な舞の海が、逆にイイ! という話も。

【キャスティング段階で、単純な食べ歩きに難を示す傾向あり】
【6】リポーター芸人枠
代表的なタレント:石塚英彦、森三中
主戦場:バラエティ番組の食べ歩き特集、ひと捻りきいた企画が主

■美味しそうな画+おもしろさで不動の人気
「リポーター芸人枠」には、感想以上に、VTR内に笑いを散りばめる能力が求められる。「まいうー」でおなじみである石塚の場合、ダジャレを交えながらリポートする手腕を持つため、食タレの頂点に君臨。若手の有望株は森三中、ロバート秋山あたりという声も聞かれた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』