サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 彦摩呂「宝石箱やぁ~」はもう古い!最新【食タレント】〈秘〉レポート
第1特集
食番組は売れ損ないタレントの再生工場!?

彦摩呂「宝石箱やぁ~」はもう古い! 芸能界の“再生工場”!?最新食タレント(秘)レポート

+お気に入りに追加

──放送作家、ディレクター、プロデューサーなどテレビ制作の現場にいる面々に、食番組・企画で使いやすいタレントをカテゴリごとに分けてもらい、食番組での使い勝手を星で表してみた!

1306_personality_.jpg
(絵/金子ナンペイ)

【美味しそうに食べるのはごく一部のファイターのみ】
【1】大食い枠
代表的なタレント:ギャル曽根、ジャイアント白田
主戦場:“大食い”の冠がつく番組・イベントすべて

■特殊能力『大食い』だけだとしんどい!?
「大食い枠」には、とにかく強靭な胃袋が求められる。誰もマネできない特殊能力ゆえ、大食い番組に引っ張りダコ。うまくいけば、ギャル曽根のようにバラエティタレントとしての道も開ける。また、ジャイアント白田は、収録の数日前から水を大量に飲み、胃袋の大きさを調整しているようで、普段は1日1食牛丼一杯との話も。

【豪快なロケになることが多く、瀟洒な店は苦手】
【2】俳優枠
代表的なタレント:阿藤快、高橋英樹
主戦場:下町の名店から和食の超一流店まで

■ナチュラルに美味しさを伝えるにはこの枠
「俳優枠」には、どんな一般人にも気さくに話しかける人間味と、豪快かつ美味しそうに食べる能力が求められる。オールラウンドプレイヤーゆえ、庶民的な店から寿司などの和食まで、守備範囲は広い。阿藤快と双璧をなすのは、木之元亮。「ムシャムシャ」と自ら発しながら食べるプロ魂に、業界内にファンが多い。

【ハマれば大爆発。不発も少なくない!?】
【3】自己プロデュース枠
代表的なタレント:寺門ジモン、長野博(V6)
主戦場:企画色の強いバラエティ番組の1コーナー

■うざいうんちくは諸刃の剣
「自己プロデュース枠」には、“美味しそうに食べる”という資質は求められない。必要なのは独自性(うんちく)。寺門は、マスコミ取材NGの店を自らの力で引っ張ってくることが強み。業界内で期待されているのはカラテカ入江慎也。“人脈の広さが折り紙つき。TOKIO松岡昌宏は、食べ方が汚くて、使い物にならないそうだ。

【専門的な知識は高いが、人としての華やかさに難あり】
【4】文化人枠
代表的なタレント:石神秀幸、来栖けい
主戦場:グルメ系の特番、単発もの

■テレビは宣伝で、その他の収入で稼ぐ!
「文化人枠」には、タレント性は求められない一方、専門性が要求される。ギャラも数分の1に抑えられるため、重宝される。彼ら自身のうまみはテレビ以外の収入。書籍の出版、商品企画、店舗プロデュースなど、名が売れれば爆発力は食タレ以上とも。評判がよくないのは美食家の来栖けいで、コメントが長く編集しづらいとのこと。

【B級グルメはお手の物だが、高級店は苦手】
【5】食タレ枠
代表的なタレント:彦摩呂、内山信二
主戦場:夕方のニュース番組内の食レポから食べ歩き番組まで

■企画に困ったら、このデブを置いとけ!
「食タレ枠」は、まず第一に、なんでも美味しそうにペロリと食べるサービス精神が求められる。1日数時間のロケで3軒、4軒ハシゴすることもざらなので、胃袋の強さも必須。どんなに苦しくても常に笑顔が基本。ミスターちん、内山信二らがこの枠に入る。また、、褒め方や食べ方が不自然な舞の海が、逆にイイ! という話も。

【キャスティング段階で、単純な食べ歩きに難を示す傾向あり】
【6】リポーター芸人枠
代表的なタレント:石塚英彦、森三中
主戦場:バラエティ番組の食べ歩き特集、ひと捻りきいた企画が主

■美味しそうな画+おもしろさで不動の人気
「リポーター芸人枠」には、感想以上に、VTR内に笑いを散りばめる能力が求められる。「まいうー」でおなじみである石塚の場合、ダジャレを交えながらリポートする手腕を持つため、食タレの頂点に君臨。若手の有望株は森三中、ロバート秋山あたりという声も聞かれた。


 生き馬の目を抜く芸能界で、ニブく輝き続ける種族がいる。その名は「食タレント」(以下、食タレ)。石塚英彦、阿藤快、ギャル曽根……こう、書き連ねれば、ピンとくる読者も多いだろう。

 彼ら彼女らが求められる共通点はひとつ。テレビの収録現場では、うまかろうがまずかろうが、満面の笑みで、出されたものを食べまくることにある。その姿を見た視聴者が「美味しそう」と感じたら、勝負あった! 仕事はそこに結実する。

 当然、タレントとしての明確な区分はないが、大半は俳優・お笑い芸人・スポーツ選手などからの流入組。失礼ながら、芸能界の窓際族、日陰者の集まりといったところか。

 さりとて、需要は衰え知らずで、食は文化という言葉通り、ご当地 B級グルメ、サービスエリア飯、ファミレス……と、グルメ企画が衰退することはなく、ロケ主体の旅番組でも必ず「食べる」シーンが登場する。そう、食タレは地位さえ築ければ「喰えて、おいしい」職業なのだ。

 果たして今、この業界はいかなる勢力図なのか。ここでは、現場の声を拾いながら、商魂たくましい、生き残りを賭けた戦いの様子に迫るとしよう。

食タレ・ツインタワー石ちゃん彦摩呂の裏の顔

「ホンジャマカの石塚さん、彦摩呂さん。この2人が食タレ界のツインタワーなのは、誰が見ても明らか。異論を挟むテレビマンはいないでしょう」

 そう話すのは、某人気情報番組ディレクターだ。2人とのロケは一度や二度にあらず。彼らの表と裏の顔について、こんな話が続く。

「テレビ的な彦摩呂さんの旬は終わったけど、石塚さんはいまだに鉄板。街ブラ企画だったらその狙いどころやお店のウリを事前に説明しないと機嫌が悪くなるなど、気難しい性格だけど、裏を返せば、制作サイドの意図をくんで撮影に臨んでくれている証し。初めてご一緒した時、しっかり説明せずに『 まいうー で締めてください』と指示したら、『ん?』と厳しい顔つきで牽制されたこともあったけど、基本的にはいい人。例えばケーキを食べる際、クリームを鼻や頬につけたりする芸の細かさは、制作サイドとしては画が使いやすくてうれしい。『まいうー』も編集しやすく、決め台詞を持っているのも安心して起用できる要素。その限りでは、彦摩呂さんの『宝石箱やぁ~』もいいですね。ただ、彼の場合、食べる前の前置きが長く、リポートも大げさすぎて、いまいち美味しさが伝わらないっていう欠点がありますけど」

 とはいえ、アイドルグループ「幕末塾」の元メンバーだった彦摩呂は、世にいう苦労人。アイドルからタレントに転身後、芽が出ない時期が長かったこともあり、誰に対しても気遣える人とのこと。こんないい話がある一方、「週刊現代」(08年2月9日号『スーパー人物ワイド それいけ「週刊現代」特捜隊 虚言妄言テレビの怪人たちを撃て!』)に裏の顔を暴かれたこともあった。タレコミは新宿二丁目の住人だという。

「『素人の作るメシなんて、粘土みたいで食えたもんじゃない』と言ったかと思えば、『ヨネスケは突撃!隣の晩ごはんで、そんなヒドイ料理ばかり食べまくっている。正直俺には真似できない』。いつも紳士なのに、こんな毒を吐くとは……」

 今となっては真相は定かではないが、火のない所に煙は立たずといえるだろう。アイドル時代から20キロ以上太り、3年前に100キロの大台に乗ったという彼の、健康面と食タレとしての未来は明るいのか? 答えは推して知るべしだろう。

裏話を期待して落ち目アイドルを起用

 食タレの現在地については、ツインタワー周辺を中心に観測すると、熾烈な生存競争が繰り広げられているのは明らかだ。

「目下、食タレント戦国時代に突入中ですね」と断言するのは某放送作家。

「水着やバンジージャンプ、恋愛話がNGのタレントは数多くいても、飯NGのタレントはごく一部を除き、聞いたことはない。いわば、芸能人なら誰もが、美味しさについてコメントを求められる時代です。グルメロケ中でもスタジオ収録中でも、制作サイドの要求は変わりません」

 なるほど、食タレ・ツインタワーがあまりにもグルメロケで起用され、業界的にも次が求められている状況だという。では「食タレント戦国時代」には、どのような人材がひしめいているのか?

 前出ディレクターは「我が道を進むのは、ジモンさん!」と言う。一時は『寺門ジモンの取材拒否の店』(フジテレビ)『寺門ジモンの食バカ一代』(MONDO21)などの冠番組を持っていたことからもうなずける話だが、一方で相当くせ者とのことで、現場での評判はあまりよろしくないご様子。

「肉の競りに参加できる家畜商の資格を持ってるのは、芸能界広しといえど、ジモンさんぐらい。松阪牛の雌牛1頭を195万円で落札するとか、ガチすぎなんです。某グルメ番組のロケ中、よもぎ団子を食べてひと言『これはよもぎの葉じゃない!』と言い放つなど、一事が万事こんな調子なので、怖くてフツーの食レポはお断り。制作サイドの評価も、彼の場合、真っ二つに割れます。僕らだけでなく、ジモンさんによる取材NGの店もあるほど。でも逆に、マスコミ取材NGの店でも、彼の口利きで取材OKになることもある。個人的には面倒なので、一緒に仕事したくないですけどね(笑)」(同)

 プロ意識が高いがゆえのくせ者はさておき、前出の放送作家は「食タレ界にはさまざまな枠がある」と話す(前ページ参照)。

「まずは大食い枠。ギャル曽根、ジャイアント白田あたりですね。それからテレ東枠も、地味ですが勢力としては小さくない。この局には『いい旅夢気分』のような旅とグルメをセットにした番組が多く、キャスティングされる演者も独特。かつて大映ドラマで活躍した伊藤かずえ、いとうまい子といったアラフォー女優から、80年代アイドルの布川敏和、トレンディ俳優だった大鶴義丹とか。一見すると『今さらそこに出演を頼むの!?』といった、ちょっと落ち目の人たちですが、制作陣からすると重宝できる。なぜなら、今だから話せる黄金時代の裏ネタを話してもらうなど、ロケの内容にプラスして、視聴者の興味をそそる話を聞かせてくれる。このランクの芸能人は、常に話題の金脈が転がっているので、制作側ではそれぞれが目をつけて、裏話が解禁になるのを狙ってますよ」

 言われてみれば確かに、ここ数年、全盛期のモーニング娘。のメンバーや、かつて人気だったグラドルたちが、ユルい旅番組で散見される。食タレは、旬でなくなったタレントたちの再生工場にもなっているのだ。

 たびたび目にする、阿藤快や木之元亮、村野武範なども、かつての職業は俳優。加えて、『食いしん坊!万才』(フジテレビ)枠のタレントも鼻息荒く、日々の仕事をこなす。チャンスをものにし、うまそうに食べる演技に活路を見いだしたわけだ。最近見かけないあの人は今なタレントが今後、食タレとして再び輝く日を、小誌としても楽しみに待ちたいものだ。

(文/メコン伝太)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ