サイゾーpremium  > 特集2  > 売り上げから試算!! ジャニーズいち、稼ぐグループは!?

──世の中になかなか公表されないジャニーズの利益を、本誌が独自に調査した数字を元に、勝手に試算した!

1305_J_15.jpg

■ディズニーを超えるコンサート客単価でボロ儲け
〈嵐事業〉
売り上げ:143.1億円(テレビ収入51.7億円を足すと194.8億円)
ファンクラブ推定:130万人

 2012年の「嵐」事業はコンサート収入でボロ儲けだ。こちらの記事で紹介した数々のコンサートと「嵐フェス(アラフェス)」をあわせて101万人を動員し、80億8000万円。また、コンサートDVDは2本だけで、約5億7000万円の収入となる。CDの売り上げと合わせて、音楽収入は10億3000万円。嵐の場合はレコード会社もジャニーズ事務所系列のジェイ・ストームで、10%程度の原盤権収入が入ってくる。また、このほかにコンサート会場でのグッズ収入も莫大なものになるが、それらは、ジャニーズ事務所系列のジェイ・ステーションに入ってくる仕組みだ。さらにCM収入は12社で、一本7000万円の櫻井翔を筆頭に今後も伸びが期待される。


1305_J_16.jpg

■テレビ収入(CM、レギュラー番組)でボロ儲け
〈SMAP事業〉
売り上げ:113.46億円(テレビ収入63.9億円を足すと177.36億円)
ファンクラブ推定:98万人

 CM7社で一本1億円とされる木村拓哉と、レギュラー番組7本で1時間300万円とされる中居正広の2人を中心にテレビ界での人気が、SMAP事業を支えている。ファンクラブ収入は98万人×4000円で約39億円、コンサート収入は90万人×8000円で約72億円と嵐とさほど変わらないが、CD売り上げの落ち込みが激しい。CD、DVDなどの音楽収入は2億4600万円だ。12年4月に発売の「さかさまの空」は、『梅ちゃん先生』(NHK)の主題歌で、ジャニタレが連続テレビ小説の主題歌を歌うのは初めて。プロモーションビデオも約3年ぶりに制作したが、その売り上げは18.2万枚とぱっとしない数字で、これからの活動に暗雲が立ち込め始めているようだ……。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号