サイゾーpremium  > 特集2  > 【年間売上700億円】!? ジャニーズ事務所"勝手に会計報告"

──ジャニーズ事務所の会計報告は一般に公表されておらず、同社の収益は謎に包まれている。だが、この不況下であれだけ売れている同社の資産がどうなっているのかは、ファンならずとも知りたいところではないか? ここでは、CDやアルバムの売り上げ、ファンクラブの会員数、CMやテレビ番組への出演など、可能な限り数字を集め、ジャニーズ事務所の金回りを、ざっくりと検証してみた。

1305_J_22.jpg
ファンの館であるファミクラには、ジャニタレの直筆サインが……。ファン垂涎!

 べールに包まれ続けるジャニーズ事務所の全容だが、中でもお金の流れについての秘密主義は徹底している。

「ジャニーズ事務所はお金に関しても神経質で、ある民間信用調査会社がジャニーズ事務所の財務・信用情報について調査を行おうとしたものの、同事務所から拒否された。こうした調査を拒否するのは、有名企業では異例なこと。それどころか、過去に行った調査データも削除要請してきたほど」(全国紙記者)

 一説には「ギャラ関係の収入は『300~400億円規模』、系列会社の売り上げを足すとジャニーズ事務所全体で600~700億円規模」という週刊誌記事も飛び出してきたが、実際のところどうなのか。独自調査を元にした数字と複数の専門家の分析を元に「勝手に会計報告」を試みた。

 今回、算出したのは、テレビ・CMなどの出演料(テレビ収入)、CD・DVDなどのソフト売り上げ(音楽収入)、ファンクラブ会費とコンサートの収入とその関連のグッズ売り上げ(ファンクラブ・グッズ収入)だ。

「ジャニーズは、これまでのタレントの実績や強いつながりを盾に、テレビなどのメディアに、強引とも言えるほどにタレントを露出させて、ファンを作り出す戦略を取っている。CDが売れて、ファンがコンサートに殺到するような人気者になって、それを見たテレビや広告代理店側も『ぜひ出てください』と、レギュラー番組やCMを持ち込んでくる。この音楽収入とテレビ収入で稼いでいます」(芸能プロダクションの経営に詳しい税理士)

 また、こんな話も。

「さらに、表立っては目立ちませんが、ファンクラブとコンサートは収益の柱。そもそもジャニーズ事務所は若いファンも気軽にコンサートに行けるようにという理由やお試し期間ということもあって、若いグループのチケットは、比較的安く価格設定されています(Jrレベルでは6800円)。しかし、人気が出て、ファンもお金に余裕が出るSMAPや嵐レベルでは8000円になります。それでもファンはそうして人気が上がるとコンサートのチケットが入手困難になるので、優先的にチケット販売が行われるファンクラブに年間4000円の会費を払って加入する。

 ファンらはファンクラブを通じてチケットを買い、コンサートに行き、そこで大量にグッズを購入する。この一連の流れのすべてに、莫大な利益を生み出すポイントがあるのです。12年現在、ジャニーズ事務所ではそれぞれのタレントごとにファンクラブがありますが、ファンクラブにいったん入れば、その多くはやめることもなく、タレントが年齢を経ていくのに合わせて、ファンも大人になっていきます。ですから、現在、ファンクラブの人数がどれくらいいるかで、将来的にそのタレントがどれだけの利益を生み出すかがわかる、ひとつの指標になるでしょう」(中小企業診断士)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』