サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 日本とそっくり! 【韓国版トクホ】の危険性と日本への影響

──ところで、昨今の韓流ブームにより、高麗人参や紅酢など、韓国の健康食品にも注目が集まっている。そして実は、その中に、日本の「トクホ」に位置づけられる商品も存在しているようで……。

1303_tokuho_13.jpg
「健康機能食品副作用申告センター」の掲示板で、実際に問題視されていた「ポリョンメディカル」のHP。(写真上) 現在、日本でもトクホに認定されている日清オイリオ「ヘルシーリセッタ」は韓国の健康機能食品にも09年より認定されている。(写真右)

「Well-Being」という言葉がある。

 2002年から韓国国内で使われるようになった流行語だ。もともと欧米で使われていた用語で、「幸福」とか「福祉」を指す。ただ、韓国では多忙な日々から健康な体と心を取り戻す、健康志向のライフスタイルとして浸透していった。

 当時、韓国では有機野菜など”健康な食文化”に対する需要が高まったが、同年8月に、韓国食品業界を取り巻くあるニュースが報じられた。「健康機能食品に関する法律」の制定。この「健康機能食品」は、日本でいうトクホの商品に近い(栄養機能食品と特定機能食品を合わせた定義)。カプセルや錠剤、一般的な食品のようなものまで、その形は多彩だ。

 年々、市場も拡大しており、全体としては肥満や生活習慣病対策関連の商品が売れ筋。日本と事情は近い。ただ、高麗人参から抽出される紅参を使用した商品が圧倒的に多く、市場全体の50%以上を占めているというのは特徴的だ。紅参は、糖尿病や高血圧予防、抗がん作用などの効果があり、”万能食品”として認知されている。

 一方、日本でいう個別許可型の「健康機能食品」も全体の約10%流通している。個別許可型の中で近年売り上げを急激に伸ばしているのは、肝機能関連商品。世界トップクラスの飲酒量を誇る、韓国ならではのお国事情がうかがえる。また、免疫機能関連や皮膚関連商品も売れ行きが好調だ。一部メディアによると、日本で放射能が流出したことにより、環境汚染への懸念が高まったからだという分析もある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』