サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 『アラジン』はアウト? 【三大宗教】のタブー
第1特集
世界の三大宗教のタブーを描いた映画【1】

『アラジン』はイスラム的にアウト? 映画で触れるな!? 三大宗教のタブー

+お気に入りに追加

──昨年、ネット上で公開された『イノセンス・オブ・ムスリムズ』というアメリカの自主制作映画が、「預言者を侮辱している」とイスラム圏で大きな反感を買った。映画表現において、キリスト教、イスラム教、仏教という三大宗教の何をどう描いたら、こうした反応が起きてしまうのか? その基準線を探ってみたい。

1303_az_04.jpg
『アラジン』(偕成社)

「イエスに子どもがいた!?」「ユダは裏切り者ではない」聖書の解釈に違いがあるにせよ、キリスト教社会におけるこうしたタブーは、多くの小説やノンフィクションで扱われ、さらに映画化され、物議を醸してきた。その代表的なものが、同名のベストセラー小説を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』【1】。カトリック教会はイエス・キリストを冒涜したとしてボイコットを呼びかける騒ぎに発展した。また、イエスの十字架刑を描いた89年の『最後の誘惑』も、磔から脱出しマリアとの間に子をもうけ、老齢まで生きるというイエスの夢想が描かれる。当然、保守派のクリスチャンからは叩かれたが、イエスに子どもがいたことのみならず「ユダの位置づけ」にも問題があったと、キリスト教思想に詳しい同志社大学神学部の小原克博教授は指摘する。

「一般的にユダは裏切り者とされていますが、『最後の誘惑』【2】のユダは、むしろ神の計画を成就する人物。原作となったニコス・カザンザキスによる重厚な同名小説では、このあたりのストーリー展開が非常に綿密に描かれ、本当はそうだったのかもと思わされるほど。これらは昔から人々の関心をくすぐってきた、息の長い隠れたテーマなんですよ」(小原氏)

 あるいは、受難の道程を明らかにしたもので最も苛烈なのが、04年の『パッション』【3】。イエスの凄惨な拷問描写を映画館で目にした観客が心臓発作で亡くなった話は有名だが、イエスの母語とされるアラム語と、一部ラテン語で進行する同作に対し、福音派という保守層の一部は真実に近いと感嘆。しかし、欧米のメディアやキリスト教団体は、イエスを迫害するユダヤ人の描き方が「反ユダヤ主義を助長する」と糾弾した。

「同じ十字架に至るプロセスを描いた映画でも、作品により内容が違います。聖書には福音書が4つありますが、それぞれ異なるストーリーを含んでいます。ひとつのストーリーに仕立てるためには、作り手の意図がかなり入り込んでしまうため、何が真実かをめぐって意見の対立が生まれるのは当然ともいえます」(同)

 一方、キリスト教で神の敵対者である悪魔は、娯楽としての映画と相性がいい題材のようだ。68年の『ローズマリーの赤ちゃん』は主人公が悪魔の子を産む話で、「神は死んだ」と訴える秘密結社が登場。また、ホラー映画の古典『エクソシスト』【4】(74年)は悪魔に憑かれた登場人物のグロテスクな相貌と、それに対峙する儀式のスペクタクルが観る者の心を震撼。それらの作品がキリスト教団体から批判されたのは、悪魔自体がキリスト教の禁忌だからではなく、つまるところ「悪魔の存在にすら救いを求めてしまう人間の心」(同)の闇に迫ったからかもしれない。

 カトリックのタブーに迫った映画といえば、96年公開の『司祭』【5】。同性愛の禁止、告解の守秘義務という絶対原則を正面から描いて激しい議論を引き起こし、ついにはローマ法王庁が抗議声明まで発表した。

「しかし、その後の01年以降、米国でカトリック聖職者が教会に通う男児に性的虐待をしていたことが明らかになると、他の国々でも同様の事例が次々に発覚し、以来、カトリック教会は多くの訴訟費用と労力をつぎ込まざるを得ない騒ぎに。先だってオバマ大統領も就任演説で『同性愛の問題が解決しなければ、私たちの旅は完成しない』と語りましたが、同性愛は今、カトリックやプロテスタントの教会を巻き込んで、米国を二分する大問題。そういう意味で、『司祭』は先見の明があったともいえます」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』