サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 花くまゆうさく推薦記事
あの有名人&識者が選ぶサイゾーレコメンド!

マン臭きつ子からのらくろまで! 花くまゆうさくがマンガ業界について考えた記事

+お気に入りに追加

1212_phanakuma.jpg

――1999年の創刊以来、芸能界から政財界、ヤクザにIT業界まで、各業界のウラ側を見てきた「サイゾー」。巷間騒がれる小誌の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい! そんな思いから、「サイゾー」を愛読している物好きな(失敬!)有名人からおなじみの識者の方々に、「サイゾー」でしか読めないオススメ記事を選んでもらいました!! 

 今回のキュレーターは、「月刊サイゾー」にて『カストリ漫報★』を連載していただいている花くまゆうさくさん! マンガ家の視点から、最新号よりセレクトしてもらいました!

『アマゾン「キンドル」から見えてくる、コンテンツとプラットフォームの新関係』
2012年12月号連載『佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」』より)

 これまでまったく欲しいとも思わなかった電子書籍ですが、キンドル日本発売発表からじわじわ来て、発売後の今では「いつキンドル買おうかしら」と思うほどに洗脳されています。その前に、買ったまま未読の本の山を読めよと、もうひとりの自分が言っていますが……。

『マンガ家アシは見た! 話題のマンガ家・マン臭きつ子が描くマンガ制作の舞台裏ルポ』
(2012年12月号「タブーなマンガ」【アシスタントだけが知るマンガ制作の裏事情】より)

 肩書きは「マンガ家」の私ですが、アシスタントがいる本当のマンガ界とは違う道にいるので、こういう世界は憧れ目線で見れます。

『のらくろが支那人の首を斬りまくる!? 戦時下のマンガとナショナリズム』
(2012年12月号「タブーなマンガ」【お隣の国・韓国のマンガ市場の今】より)

 とても興味深い記事です。じっくり読んでみたくなりました。そして、自分ももっとがんばらねばと、ふんどしを締めなおす思いになります。

 サイゾーには、これからも「まともさ」と「やらしさ」を両輪に、この酷い時代をこれからもスイスイ進んでいってほしいです。

花くまゆうさく
1967年、東京都生まれ。イラストレーター、マンガ家。高校3年時に双葉社よりデビュー。代表作に、浅野忠信と哀川翔主演で映画化もされた『東京ゾンビ』(青林工藝舎)など。
・公式サイト『花くま工場』
・公式部ブログ『その後の青いオトコの汁~中学生の魂百まで~』

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』