サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 離婚騒動の高嶋政伸は"カレー"にご執心!?
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

離婚原因は美元の浪費と手料理!? 『とくダネ!』の直撃で“高嶋家のカレー”に執着した高嶋政伸

+お気に入りに追加
1211_p_curry.jpg
美元さんに読んでもらいたい『知識ゼロからのカレー入門』(幻冬舎)

 泥沼化していた俳優の高嶋政伸と妻でモデルの美元の離婚裁判が9日、東京家庭裁判所で開かれ、原告側である高嶋側の主張を認め、離婚を認める判決が言い渡された。

 この日は双方の代理人のみが出席したが、このところ連日、ワイドショーでこれまでの裁判を振り返り、判決を専門家が推測したニュースが報じられていただけに、注目度が高く、傍聴券配布が行われた17席をめぐって295人が並ぶ人気ぶりだった。

「政伸は『芸能生活をなげうってでも離婚したい』、一方、美元は『離婚の理由が見つからない』と主張し、6月の法廷での直接対決では強烈なプライバシーの暴露合戦が繰り広げられ話題を集めたが、結婚生活の期間に対して別居期間が長く、双方が芸能人であるということが最大限に配慮された判決が下されたようだ。しかし、美元の目的は離婚成立よりも、高額の慰謝料。離婚が成立すればいまだに政伸からもらっている月45万円の生活費ももらえなくなるので、控訴して離婚を引き延ばすだろう。また、美元の代理人は一時期テレビのコメンテーターとしても出演していた離婚のエキスパートの弁護士。このまま引き下がっているはずもなく、今後、政伸が慰謝料を払わざるを得ない“爆弾”を投下するはず。一部スポーツ紙に、裁判に証拠資料として提出したといわれる2人の“キス写真”が掲載されたことがあったが、出元は美元を擁護する側からではとささやかれている」(スポーツ紙デスク)

 勝訴したものの、まだまだ穏やかな日々を迎えられない政伸だが、この日の判決からちょうど1週間前の今月2日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」の直撃取材を受け、その模様が7日の同番組で放送された。

 ラフな服装にメガネをかけた政伸は、離婚騒動による精神的ストレスも影響したと思われる、腓骨神経麻痺を患ったことによる運動不足で「最大でベストより10キロ太った」というだけにかなりふっくら。

 判決が目前に迫っているだけに、裁判については言葉少なだったが、話題が美元が5月にバラエティー番組で披露した高嶋家のレシピをもとに作る「高嶋家のカレー」に及ぶと、「少なくともテレビ番組で出したカレーは高嶋家のカレーではない」とキッパリ否定。“本物”の味については「結構、ガッツリ系。牛とかチキンとかミックスで」と説明した。

 婚姻関係が破綻して別居する前に、美元は作ったカレーを自身のブログで満足げに公開していたが、その味についても「たしかにおいしかったんですけど、ちょっと違う感じがしたんで、『失敗は成功のもと』と言いながら食べました」と振り返るなど、やたらとこだわっていた。

「インタビューは57分だったが、どうやら、そのうち40分がカレーの話題だったようだ。政伸は6月に出廷した際『(被告が)テレビで、これが“高嶋家のカレーだ”と(出演者に)ふるまっていた。高嶋家(高島家)などと一切言ってほしくない』と訴えていたが、もともとマザコンなだけに、やたらと母・寿美花代の味にこだわっていた。にもかかわらず、『月に経費100万円、小遣い9万円』を要求しているという一般の感覚からすれば浪費家の美元は外食好きであまり料理が得意なほうではなく、“高嶋家のカレー”を再現できなかった。どうやら、浪費に加え料理も政伸が離婚したい理由となったようだ」(フジテレビ関係者)

 よく「男をつかむなら胃袋をつかめ」と言われているが、どうやら美元は政伸の胃袋をつかむことに失敗。挙げ句、離婚の判決を下されたが、美元の控訴が濃厚なだけに、離婚裁判の第2ラウンドの成り行きが注目される。

■「サイゾーpremium」には、芸能人の離婚にまつわるウラ情報がたくさん!
高城が知らなかった離婚と大手芸能プロの"三者会合"
酒井法子「復帰」に立ちはだかる離婚情報リーク元のアノ会長
光GENJI脱退、離婚、仕事の不振......すべてを明かした「衝撃自伝」の中身を大沢樹生に直撃!
ジャニーズ事務所の高岡蒼佑潰しも始まった宮﨑あおい離婚問題の顛末
広末涼子との離婚、相棒の死......前夫・岡沢は海外逃亡中!?


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』