サイゾーpremium  > その他  > 【ジャニ―ズ】アイドルたちの“顔面成長”を徹底検証!
話題のニュースを斜め読み! 駆け出しアシスタント・Tが選ぶ蔵出し芸能記事【特別編】

マリウス葉は“平井堅”化する!? 整形疑惑も飛び出したジャニタレの“顔面成長”を徹底検証!

+お気に入りに追加

──ツッコミ待ちのお騒がせ芸能人や世間で話題の芸能ニュースを何倍も楽しむため、ゴシップ大好き! 駆け出しアシスタント・T(Kヲタ歴3年&ジャニオタ歴10年/『私立バカレア高校』(日本テレビ)を見て森本慎太郎にハマり中)が「サイゾーpremium」の選りすぐり記事を紹介しちゃいます! 今回は、どーしても気になって夜も眠れない疑問を解消するために、芸能ニュースそっちのけで取材を敢行!!

1210_marius.jpg
ハーフの宿命なんかに負けないでマリウス!!

 同窓会で初恋のあの人に再会したはいいが、面影が跡形もなくなっていた、なんて経験はあるまいか。髪の毛が後退し広がったおでこ、伸びきった顔に青髭、だらしなくたるんだ腹。さよなら、私の初恋……と。

 人の外見は年齢を重ねるごとに変化していくものであり、男女ともにそれは致し方ないことです。日頃から食生活に気を使い、体型維持に勤しんだところで、男性の場合は特に早い段階からハゲたり顔(骨格)が伸びたりと、遺伝子に組み込まれた「宿命」ともいうべき劣化から逃れることはできません。

 そこでみなさんがふと不安に感じることといえば、そうです。SexyZoneのマリウス葉(12歳)の成長ですよね。もう絶対にそうです。

 エンゼルパイのパッケージの天使を彷彿とさせる人間離れした美しい生き物・マリウス葉も、悲しいかな、人の子です。いずれ男性ホルモンに飲み込まれ、天使の皮を破って獣が現れたりするのでは……!? なんて考えだすと夜も眠れない! そんな“ジャニタレの(心配性な)母”たる皆様の不安を払しょくするべく、今回は人間の骨とその成長のしくみに造詣の深い鍼灸師のY先生(仮名)に話を伺ってきました。都内勤務の美人鍼灸師であるY先生は、実際にジャニタレさんの身体にも処置をしたことがあるとか! マリウスの成長の行方はもちろんのこと、男性の骨格成長のしくみや、はたまた今後の顔面成長期待ナンバーワンのジャニタレの話など……いろいろ聞いてきちゃいました!

――いきなりですけど、マリウスの成長が心配なんです! だってハーフってヤバイですよね!? 顎とかぱっくり割れますよね?……(泣)

1210_okada.jpg
主演映画が公開中の岡田准一。有吉弘行がつけたあだ名は「きれいなゴリラ」。

Y先生(以下、Y) いきなりですね(笑)。マリウスさんの話ものちほどしますが、まずは人間の骨格成長について簡単に説明します。今回は主に顔面の骨格成長について話していきますが、加齢に伴う顔の造りの変化は基本的には男女共にあります。ですが男性のほうが変化が顕著で、年をおうごとにどんどん顔つきが変わっていきます。具体的に言うと、頬より下の骨が主に発達していくんですね。顎(あご)が伸びて、頬骨が出て、鼻が大きくなる。あとは眼窩(がんか)上縁も出てきます。眼窩上縁というのはちょうど眉が乗っているところの骨のことです。わかりやすいのはV6の岡田准一さん(31歳)。彼はデビュー当時に比べて随分顔が濃くなった印象があるかと思いますが、それは眼窩上縁が発達し鼻が大きくなったことで彫りが深くなったからなんです。

――なるほど。ではSexy ZoneやNYC、成長期のジュニアたちなんかはこれからどんどん顔が変わっていくわけですね。

Y そうですね。多少の個人差はありますが、だいたい 18~19 歳くらいが一番の過渡期だといわれています。ですが実はこの骨格成長は成人を迎えてからも続き、25~26 歳くらいで大きく顔つきが変わる人もいます。

tegoshi.jpg
NEWSの手越祐也。変な髪型だってスーパーアイドルだから似合っちゃうんです。

――25歳っていうと、もう結構大人ですよね。ジャニーズでいうとKis-My-Ft2.の藤ヶ谷太輔さんや、NEWSの加藤シゲアキさん、手越祐也さんなんかがちょうど25歳ですが、彼らの顔もこれから変わっていく可能性があるんですか?

Y ありますね。ただ、18~19歳で迎える成長に比べて、25~26歳におとずれる変化はいわゆる「劣化」という風にとらえられることが多いかもしれません。18~19歳が美しく成長する一番のタイミングでもあるので、そこで完成された顔のバランスが25歳を境に崩れてしまうこともあります。

――でも、ジャニーズのアイドルたちは年を重ねても美しく保っている人が本当に多いですよね。SMAPだっていまだにカッコいいし、ヒガシ(少年隊の東山紀之)なんて御年46歳ですけど顔つきが変わらないですし。

1210_higashi.jpg
ジャニーさんのスペオキだったヒガシもいよいよアラフィフに。

Y 一般的な男性は、30歳を過ぎると鼻の下が伸びます。また、体幹の筋肉が増えるので伴って脂肪も増えて、嫌でも太ります。40代になるとまぶたが痩せて窪んだり、あとは眉毛が薄くなっていったり……と、年齢に伴って劣化していくのが普通なんですが、東山さんは変わらないですよね。もちろん日頃からストイックに運動などをして努力した結果ともいえますが、まあ骨の髄までアイドルなんでしょう。それに加えて、ジャニーさん(80歳)は骨格成長を読む天才です。東山さんはそのジャニーさんが直接スカウトした人ですからね!

――先生みたく人体に特化して勉強していれば、ジャニーさんのように骨格成長がわかるようになるんですか?

Y なりませんね(笑)。ジャニーさんは天性の才能なんでしょう。履歴書を見るときも「この子たちの10年後の顔がわかる」なんて言うそうですから。

――ほほう、さすがジャニーさん。ではちょっと答えにくかもしれませんが、ジャニタレの中で骨格成長失敗したんじゃないかな~って人はいますか?

1210_akanishi.jpg
最近一児の父になった赤西仁。パパ西になってもそのイケメンぶりは健在?

Y ジャニーさんの千里眼で選ばれた顔面エリートたちなのであまりいませんが……。しいていうなら赤西仁さん(28歳)は少し顎が伸びすぎたのかな……。それでも十分綺麗な顔ですけどね。あの顎の成長はテストステロンが旺盛な証ですね。

――テストステロンとは?

Y 男性ホルモンのことです。テストステロンが旺盛だと骨格成長も進みます。もう少し正確に言うと、テストステロンによって「骨の末端が肥大する」と言ったほうがいいですね。耳の下のエラや顎の先などの末端が肥大して、大きくなります。その肥大のパターンもいろいろで、顎が伸びるように成長する人もいれば、顎が太くいかつく成長する人もいます。どう転ぶかは人それぞれ違っていて、なかなか読めるものではありません。ちなみに薬指が長い人はテストステロンが多いといわれていますので、女性でも薬指が長い人は男性的な要素があるといえます。

1210_tamamori.jpg
骨格成長に一抹の不安を残しつつ、離れ気味な目がチャーミングな玉森裕太。

――なるほど。では次に、これからの骨格成長が不安なジャニタレを挙げてもらえますか?

Y そうですね……。Kis-My-Ft2 の玉森裕太さん(22歳)は顔のパーツのバランスが絶妙なので、ここから眼窩上縁が出たり顎が伸びたりすると全然違う顔になりそうですね。それが吉と出るか凶と出るかは未知数です。特に目が離れ気味なのでこれ以上離れると……。

――そこはジャニーさんの千里眼を信じたいところです! では逆に今後の骨格成長を経て、より格好良くなりそうだと期待できる人はいますか?

Y Hey! Say! JUMP の伊野尾慧さん(22歳)ですね。

――また地味な……いや、意外な人を挙げてきましたね。

1210_ino.jpg
ダークホース伊野尾慧。誰だよ!と侮るなかれ、確かによく見ると綺麗な顔をしてます!

Y 確かに今はグループの中で目立たないポジションに甘んじている印象ですが、きっと化けますよ。本来持ち合わせているパーツも綺麗ですし、今でも十分整った顔をしていますがここから顔が伸びるとさらに男らしいイケメンになりそう。伸びしろは大きいです。まだ22 歳ですから、これから3~4年後くらいにあっと驚くほど格好良くなります!(断言)

――伊野尾くんのファンに聞かせてあげたい! ではこれまでで骨格成長によって最も格好良く成長したのは誰でしょう?

1210_ikuta.jpg
骨格成長における大成功例の生田斗真。目元が弟(フジテレビアナ)にまったく似ていませんね…。

Y 大成功例は生田斗真さん(27歳)でしょうね。整形の噂が絶えませんが、あれだけ大変化すれば無理もありません。小さい頃は顔も丸く、パーツも中央に寄っていましたが、顔が伸びたことでパーツの配置がちょうどよくなり、さらに眼窩上縁が出て、鼻も大きくなって男らしくなりました。パーツの配置や鼻の大きさは整形では変えようがないので、れっきとした骨格成長でしょう。途中で目が二重になったのは正直ナゾですが、ここではあまり言及しないでおきます(笑)。

――ナゾはナゾのままにしておきましょう。個人的には関ジャニ∞錦戸亮くん(27歳)もだいぶ顔が変わってイケメンになったな~って印象なんですがいかがでしょう。

1210_nishikido.jpg
関ジャニ∞の錦戸亮。Secret Agentから随分遠くへきたもので…。

Y 彼も輪郭が大きく変わりましたね。顔が伸びて、濃くなりました。しかし、最近の錦戸さんは肌艶がくすんでますね……。ちょっと蛇足な話になりますが、“腎虚”(じんきょ)なんじゃないかと心配になります。東洋医学では「腎」【編註:西洋医学でいう腎臓よりもさらに広い範囲を指す。肝臓や膀胱などの泌尿器系、生殖器系なども含まれる】が生命エネルギーを司るといわれていて、もともとその人が持って生まれた「気」もそこに集約されるといいます。そしてこの「腎」はエッチし過ぎると減るんです! 腎は眠っている間にエネルギーを蓄えるので、仕事が忙しいなか夜遊びも欠かさないと腎虚に陥ってしまうでしょう。錦戸さんは明らかに腎虚、つまりエッチし過ぎの顔色をしてます!

――さぞ、おモテになられるでしょうからねぇ……。それはさておき、夜遊びとは縁遠い“我々の天使”マリウスの話をそろそろ聞きたいのですが! これまでの話でジャニーさんの骨格成長の読みに間違いはないと思いますが……。

1210_hirai.jpg
これじゃSexy Summerに雪が降らないかも。

Y マリウスさんはハーフですし、どう転がっても大丈夫でしょう。ウエンツ瑛士さんを想像していただくとわかりやすいかと。

――先生、なんか答えがおざなりじゃないですか……

Y 顔は確実に伸びます。テストステロンが旺盛になればどんどん顔も濃くなって、もっと外国人寄りの顔になり周りから浮くかもしれません。しかし、それもグループ自体の個性になっていくのではないですかね。ただ、どちらにせよ眼窩上縁の発達だけは絶対避けられませんから、それがいきすぎて平井堅さんみたくなったりして(笑)。

――先生!何を言うんです! いや、平井堅さんは素晴らしい方ですけども……

1210_kento.jpg
その眉目秀麗さだけでなく独特のキャラがネット上でも話題の中島健人。

Y それにしてもSexyZoneは佐藤勝利さん(15歳)と中島健人さん(18歳)の成長が本当に楽しみです! この2人は顔の綺麗さだけでなく、首や腕も長いので顔が伸びて大きくなってもバランスが悪くならない。将来身長が伸びれば、今までジャニーズの中にはあまりいなかった「八頭身イケメン」にだってなれるかも! セクシーの片鱗が見え始めていますよ!

――ジャニーさんはやはり先を見越してグループ名をつけていたんですね。ところで、先生は嵐の大野智くん(31歳)推しだそうですが、大野さんの骨もやはり魅力的ですか?

Y よくぞ聞いてくれました。大野さんはね、身体全体の関節が小作りで、骨の棘(腱が付着するような骨の出っ張り)が尖ってて、それを覆う柔らかいかつしなやかな筋肉が素晴らしいです。そして膝関節と手首の造形の美しさもパーフェクト! あと大腿(太もも)の張りもたまりませんね!! 手も綺麗です。手などの身体の末端が美しい人間は遺伝子が優秀なんですよ。そして大野智の身体の凄さはそのシンメトリーさにあります! シンメトリーな身体はバクテリアに食われなかった強い遺伝子を持っている証拠なんです!!

1210_ouno.jpg
一度ハマったら二度と抜け出せない「沼ドル」こと大野智。骨格的にもパーフェクトだそうです。

――バ、バクテリア?

Y 詳しくは竹内 久美子さんの『シンメトリーな男』(文春文庫)や、『女は男の指を見る』(新潮新書)などを読むとわかりやすく解説してありますよ。“身体的な特徴から優秀な遺伝子を持つ男性がわかる”とするこれらの本を読めば、日頃の男性を選ぶポイントも若干変わるかもしれないですね。それにしても嵐は誰一人顎が大きくなったり伸びたりしていない奇跡のグループといえます! 全員がアラサーをむかえてもまったく顔に劣化が見えません!! 今はCDの売り上げがすごいとか、コンサートチケットが人気すぎて取れない……なんて彼らが持つ数字ばかりがもてはやされていますが、嵐というグループはその肉体的素質こそ素晴らしいんですよ!!!

 な、なるほど……。先生の嵐への愛は痛いほど伝わってきました。ともあれ、若干の“平井堅”化の不安は残れど、ジャニーさんの慧眼を信じてマリウスの成長を見守っていくことができそうです! 先生、今日はありがとうございました!

 さてさてY先生からはジャニーズの成長の神秘についてたっぷりうかがいましたが、それにちなんで「サイゾーpremium」の過去記事内からはちょっぴりディープな目線でお届けするジャニーズ記事を集めました! 顔面観相学やはたまた整形外科的観点からジャニーズのアイドルたちを分析! これを読めばまた新たな視点でジャニーズを愛せることうけあいデス!

【オススメの「サイゾーpremium」ジャニーズ記事】

顔面観相学でわかる! SMAPと嵐が売れて、NEWSがブレイクしなかったワケ

顔面観相学ではNEWSにいるほうがいいって出てますが錦戸さん。はたして。

徹底検証! ジャニタレ成功の秘訣は扇形のつり目と小さい乳首!!

個人的には乳首なんてあってもなくてもどっちでもいいですけどね…

女性ホルモンの投与? 山ピーの目は"作りモノ"? 怪しい美容整形疑惑を専門家に聞いてみた

整形がなんぼのもんじゃい!なんぼのもんじゃい!!

アイドル誌が絶対書けない「Sexy Zone」の華麗過ぎる履歴書

嗚呼マリウス…ずっと天使のビジュアルでいて…。

ジャニーさんはまだまだイケてる!? ジャニーズ幹部・最新"ナマ写真"

骨格成長を読み取るという特殊能力を持ったジャニーさんのご尊顔がこちらでご覧いただけます!


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』