サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【連載】『こんな日本をつくりたい』
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第29回

『こんな日本をつくりたい』

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1210_konnanihon.jpg
『こんな日本をつくりたい』(太田出版)

 この号が出る頃、自由民主党の石破茂さんとの共著『こんな日本をつくりたい』(太田出版)が発売になっているはずだ。企画の発端は昨秋、僕が出演したNHKスペシャルだ。「政治漂流」をテーマにしたその番組の出演者の一人に、石破さんがいた。ほかの出演者は、民主党から岡田克也氏と古川元久氏、自民党から林芳正氏、そして経済学者の浜矩子氏だった。正直、僕がなぜ呼ばれたのかよくわからなかったけれど、おそらくノンポリの若者代表として呼ばれたのだと思う。なので、僕なりに、一人の有権者としてなぜ現代の政治に希望が持てないのかを率直に話したつもりだけれど、正直言って、壁に向かって拳を叩きつけたような徒労感が残る出演だった。この番組は生放送だったのだが、その分、台本というか番組構成がしっかりと決めてあって、後半はなぜか「明日の日本に必要なリーダーは対決型か、協調型か」という問題設定に強引に持っていかれてしまった。しかし、僕にはこの数年の政権の不安定は、今の社会に現行の議会制民主主義のシステムが合っていないために起きているようにしか思えない。だから誰が総理になっても、対決型でも協調型でも政権が安定しないのだ。選挙制度改革や政党法の整備、ひいては両院制度の見直しまで射程に収めた議論が常識的に考えて必要だ。それを、この番組はあろうことか、「望ましいリーダーシップの形」といった居酒屋談義的な人格論に落とし込もうとしている。僕は「さすがにこれはないだろう」と思って番組の構成にまでケチをつけ、議論を混ぜっかえし続けた。しかし、ほかの出演者は「空気を読まない」僕の話を無視するか、適当にあしらい続けた。ただひとり、石破茂を除いては。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』