サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【連載】「平家にあらずんば人にあらず」
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第30回

「平家にあらずんば人にあらず」

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1211_az_kiyomori.jpg
『平 清盛 完結編』

 大河ドラマ『平清盛』にハマっている。僕は脚本家の藤本有紀の大ファンで、『ギャルサー』(日本テレビ)は最初の著書で取り上げたし、朝ドラ『ちりとてちん』は自分の雑誌で特集を組んだほどだ。『咲くやこの花』(NHK)や『ミニモニ。でブレーメンの音楽隊』(NHK教育)あたりの作品までフォローしているのだから、我ながらなかなか筋金入りだと思う。この『平清盛』は序盤数回を観た後、しばらく忙しくて追いかけられていなかったのだが、一度録画を消化し始めたらたちまちハマって、今では週に一度の最大の楽しみになっている。

 さて、この『清盛』、ドラマファンの評価は高いものの、先鋭的な演出や複雑なストーリー、そして平安末期という時代設定が視聴者に嫌われたのか、視聴率はイマイチ伸び悩んでいる。もちろん、僕は同作のスタッフの挑戦的な姿勢を全力で応援したいと思うが、今回話したいのはまったく別のこと──僕がこのドラマから連想した、今のマスメディアの構造やそこにかかわる若手言論人としての自分のスタンスのことだ。

 僕にはこの作品が、こう見えて仕方がない。このドラマの制作者たちは「平家」だ。NHKという巨大官僚組織=朝廷の「中」に留まりながら、そこで一定の権力を獲得することで圧倒的な予算とインフラを利用し、斬新な政策を実行する=質の高い番組を追求する──。同局に勤めるある友人は、こう漏らしたことがある。「NHKの面白さは、制限の中でどれだけ面白いことがやれるか、というゲームにある」のだと。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』