サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【大物右翼】が掲げる「暴排例を排せ!」の思想
1210_yakuza02.jpg
『憂国論』(彩流社)

 私は、暴排条例には大きく分けて3つの問題点があると指摘してきました。

 第一に、世の中はいろいろな人々で構成されていて、誰と付き合おうと自由であるということ。警察に、「ヤクザとは付き合うな」と言われる筋合いはない。必要以上の介入は、社会を萎縮させることになります。第二に、警察はヤクザを辞めさせるように仕向けているが、カタギに戻った際の受け皿がない。たとえ足を洗っても、5年間は一般市民として認めないというんです。ヤクザでもなくカタギとしても認められない5年間を、どうやって生きろというのでしょうか。そして第三に、団塊世代が大量に定年の時期を迎える警察が、ヤクザから利権を奪って天下り先を確保するために、暴排条例を隠れみのとして利用していることがあります。

 かつての高度成長期なら、警察の天下り先もたくさんあった。その一方で、ビジネスをスピーディーに進めたい企業が、ヤクザに自らカネを払ってまで仕事を依頼していました。つまり、日本社会には大きな経済のパイがあって、それをみんなが分け合っていたんです。しかし今、低成長によってパイが小さくなるや、警察は自分たちの分を実力でぶんどろうとしている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』