サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ヤクザ雑誌】なき後に君臨するネットメディアの恐喝

──暴力団排除条例の施行によって、雑誌業界ではヤクザ雑誌の終焉がまことしやかに囁かれている。ところが、ヤクザ雑誌が下火になると、今度はウェブでヤクザ情報が飛び交うようになるなど、不穏な動きもたくさんあるようで……。

「実話時報」最盛期の07年4月号では司忍六代目山口組組長が表紙となっていたが、暴排条例施行後の今年5月号の表紙にはジャーナリストの田原総一朗氏が……。

 2011年10月に暴力団排除条例(以下、暴排条例)が全国施行となってから、およそ1年。その影響は、メディアの世界にも及んでいる。

「あれ以降、誌面に登場してくれるヤクザがほとんどいなくなりました。条例によって、ヤクザは表立っての活動がほとんど不可能になった。顔を売って得することが、何もなくなってしまったんです」

 こう話すのは、竹書房が発行する月刊誌「実話時報」の渡辺勝俊元編集長だ。06年創刊の同誌は、暴力団の人事情報や幹部のインタビューが満載された「実話誌」と呼ばれる媒体のひとつ。同種のものに「実話時代」(メディアボーイ)などがあり、より一般誌に近い体裁のものとして「アサヒ芸能」(徳間書店)、「週刊大衆」(双葉社)、「週刊実話」(日本ジャーナル出版)がある。

 暴排条例は、これら実話誌の内容や売り上げにも影響を及ぼし始めている。

 福岡県は10年6月、「実話時代」「実話時報」「実話ドキュメント」(竹書房)など5点を、暴力団を美化する内容が含まれているとして、県青少年健全育成条例に基づく有害図書に指定した。これに指定されると、県内約1800のコンビニで販売されなくなる。同様の動きは他県にも広がった。

 こうした中、「実話時報」の売り上げはピーク時(約9万部/07年)から4割も減った。創刊以来、表紙は毎号、全国の暴力団幹部だったが、今年の春からはその方針を捨て、5月号(4月発売)の表紙にはジャーナリストの田原総一朗氏を起用した。

 さらに9月号からは編集方針を大幅に変更。渡辺氏ら創刊メンバーが退いた上で芸能情報やグラビアなどを中心にし、事実上「ヤクザ雑誌」の看板を下ろしてしまったのだ。

「やはり『売れない』のが最大の理由ですが、発行元の危機感も相当に強いもの。ヤクザと癒着していると見なされたら、銀行取引停止もあり得るわけですから。それにしても、ヤクザの実態は、こうしていっそう見えにくくなっている。世間ではヤクザのアングラ化が懸念されていますが、それはすでに現実のものになり始めているわけです」(渡辺氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』