サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ヤクザ雑誌】なき後に君臨するネットメディアの恐喝

──暴力団排除条例の施行によって、雑誌業界ではヤクザ雑誌の終焉がまことしやかに囁かれている。ところが、ヤクザ雑誌が下火になると、今度はウェブでヤクザ情報が飛び交うようになるなど、不穏な動きもたくさんあるようで……。

「実話時報」最盛期の07年4月号では司忍六代目山口組組長が表紙となっていたが、暴排条例施行後の今年5月号の表紙にはジャーナリストの田原総一朗氏が……。

 2011年10月に暴力団排除条例(以下、暴排条例)が全国施行となってから、およそ1年。その影響は、メディアの世界にも及んでいる。

「あれ以降、誌面に登場してくれるヤクザがほとんどいなくなりました。条例によって、ヤクザは表立っての活動がほとんど不可能になった。顔を売って得することが、何もなくなってしまったんです」

 こう話すのは、竹書房が発行する月刊誌「実話時報」の渡辺勝俊元編集長だ。06年創刊の同誌は、暴力団の人事情報や幹部のインタビューが満載された「実話誌」と呼ばれる媒体のひとつ。同種のものに「実話時代」(メディアボーイ)などがあり、より一般誌に近い体裁のものとして「アサヒ芸能」(徳間書店)、「週刊大衆」(双葉社)、「週刊実話」(日本ジャーナル出版)がある。

 暴排条例は、これら実話誌の内容や売り上げにも影響を及ぼし始めている。

 福岡県は10年6月、「実話時代」「実話時報」「実話ドキュメント」(竹書房)など5点を、暴力団を美化する内容が含まれているとして、県青少年健全育成条例に基づく有害図書に指定した。これに指定されると、県内約1800のコンビニで販売されなくなる。同様の動きは他県にも広がった。

 こうした中、「実話時報」の売り上げはピーク時(約9万部/07年)から4割も減った。創刊以来、表紙は毎号、全国の暴力団幹部だったが、今年の春からはその方針を捨て、5月号(4月発売)の表紙にはジャーナリストの田原総一朗氏を起用した。

 さらに9月号からは編集方針を大幅に変更。渡辺氏ら創刊メンバーが退いた上で芸能情報やグラビアなどを中心にし、事実上「ヤクザ雑誌」の看板を下ろしてしまったのだ。

「やはり『売れない』のが最大の理由ですが、発行元の危機感も相当に強いもの。ヤクザと癒着していると見なされたら、銀行取引停止もあり得るわけですから。それにしても、ヤクザの実態は、こうしていっそう見えにくくなっている。世間ではヤクザのアングラ化が懸念されていますが、それはすでに現実のものになり始めているわけです」(渡辺氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』