サイゾーpremium  > 特集2  > ハイパーメディアクリエイター・高城剛が語...

1103_dvd_tobira.jpg
(絵/小笠原徹)

──混迷する"斜陽大国"ニッポン。この先何が起こるかわからないこの国にあって我々がなすべきことは...... どんな刺激にも耐えられるよう、脳を鍛えておくことだ!! そのためには、刺激的な映像作品を目に焼き付けるしかない!! というわけで各界の著名人がセレクトしたタブー破りの刺激的DVD、とくとご覧あれ!!

『私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明』

 これ、マガジンハウスから2月末発売予定の新刊のタイトルで、私生活から仕事まで、自分の考え方や生き方をQ&A方式でまとめています、とまずは宣伝(笑)。でも、この本の原稿、まだ書いてるんだよね(汗)。

「職業不明」とある通り、僕は肩書に縛られて仕事をしてきたつもりはないけど、映像制作というのは、自分の中では中心的な位置を占めています。この間まで、台湾で観光キャンペーンCMの制作総指揮もしていたし。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ