サイゾーpremium  > 特集  > ヒガシ結婚延期の裏にジャニーさんの体調問...

──週刊誌が切り開いたジャニーズタブーへの道筋だが、現在では比較的自由にジャニーズゴシップが報じられている(ように見える)。そんなスポーツ紙や週刊誌が報じた最近の醜聞を振り返るとともに、その顛末を芸能記者が語る──。

[座談会参加者]

A……週刊誌芸能記者
B……女性週刊誌芸能デスク
C……スポーツ紙芸能記者

1010_scandal.jpg
最近のジャニーズはスキャンダルに事欠きません。

A 現在のジャニーズでスキャンダルメーカーといえば、まずはKAT-TUNを脱退した赤西仁。グループ脱退→ソロ活動という前代未聞のワガママを容認したジャニー喜多川社長の寵愛ぶりには驚かされたけど、脱退騒動の余波は想像以上に深刻なようだ。

B 赤西のワガママには亀梨和也や田中聖が激怒しているから、関係は修復不可能。復帰の可能性もほぼゼロ。人気ナンバーワンだった赤西が抜けたKAT-TUNもファン離れが加速している。メンバーの結束は固くなったものの、ツアーの動員も苦労していたし、次の展開が厳しくなっている。

C 一方の赤西は映画『BANDAGE』で組んだ小林武史や岩井俊二にノセられてすっかりアーティスト気分だけど、ロス公演では自慢の英語がほとんど通じず客も日本人ばかり。「フラッシュ」(光文社)が『パイレーツ・オブ・カリビアン4』に出演か、なんて書いていたけど、ハリウッドは日本みたいに甘くはない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE