サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 民主党が知り得なかった 普天間移設問題の...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第43回

民主党が知り得なかった 普天間移設問題の深淵【中編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

ほとんど語られない米兵と地元住民のつながり

神保 "沖縄側"といっても知事が提示したわけではなく、主体は「沖縄県防衛協会北部支部」とあります。土建業者が中心の民間の団体であり、アメリカ側に直接提案したというのは驚きです。何かパイプがあるんですか?

守屋 かつて日本は米軍に占領されていました。多くの日本人は忘れていますが、米軍基地は、戦争に負け、衣食住に困っていた日本にとって魅力的な場所でした。チョコレートも肉も食べられる。基地内の売店は免税なので日用品が非常に安い。一部の日本人は、米兵と友人になって、基地を利用していました。米軍基地の多い沖縄では、今でもその付き合いがある。沖縄の人がアメリカ人を嫌っていると考えたら、それは間違いです。本土の人よりもアメリカ人が好きだという人は少なからずいます。日本が高度経済成長を遂げ、物価が高くなると、米兵は基地の外での生活が厳しくなる。そんな時には、沖縄の人たちは米兵を招いてホームパーティを開き、友好をつないで来たのです。沖縄の人は、米軍人・家族とのコミュニケーションを大事にしているのです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ