サイゾーpremium  > 特集2  > コンパでの微妙な空気と就職問題──創価大...
第2特集
創価学会と幸福の科学 "宗教と教育"最前線【3】

コンパでの微妙な空気と就職問題──創価大学卒業生の"信仰と気苦労"

+お気に入りに追加

 当特集【2】では、幸福の科学学園理事長に教義と教育のつながりについて話を聞いたが、日本屈指の宗教組織を母体とする教育機関の内部では、果たして学問の中立性は守られているのだろうか? 創価学会現名誉会長の池田大作氏が創設し、来年40周年を迎える創価大学のOB・OGが、それぞれの目から見た創大の内情を振り返る。

1004_ikedakinenkodo.jpg
池田大作氏の軌跡を知ることができる、創価大学池田記念講堂。

 創価大学で4年間を過ごし、現在は都内で働くAさん(26)。創大35期生である彼女の口から、キャンパスライフの実情について語ってもらった。

──率直に伺いますが、なぜ創価大学を受験したんですか?

A 私は地方出身者なんですけど、東京で働きたかったこともあってとにかく東京の大学に行きたかったんです。でも親は「上京するなら創価大学しか許さない」の一点張り。私、学会三世なんですよ。六大学のひとつも合格したんですけど、親が許してくれないならしょうがない、という感じでした。

──ご両親はやはり信心深いほうなんですか? 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ