サイゾーpremium  > 特集2  > 新聞、テレビによる情報の私物化「記者クラ...
第2特集
大手メディアが死守する悪癖"記者クラブ"を断罪!【1】

新聞、テレビによる情報の私物化「記者クラブ」は国民の敵か!?

+お気に入りに追加

──かねてより、国家と大手マスコミとの結託による"情報統制"を許してしまうと批判の的となっていた、日本特有の「記者クラブ」というシステム。政権交代前の民主党が公約として「開放」を叫んでいたものの、結局いまだなくならないこの制度の"不必要性"を、あらためてあぶり出す!!

1002_2toku_main.jpg

「記者クラブ開放」を"公約"とする民主党政権の発足を契機に、一部省庁(昨年12月末時点で外務省・金融庁・法務省。総務省も10年1月から)の記者会見がオープン化されたというニュースが、雑誌やネットメディアを中心に大きく報じられている。長きにわたって維持され、かつ批判され続けてきた記者クラブ制度に、ようやくメスが入ったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号