サイゾーpremium  > 特集  > ガチでタブーなドキュメンタリー映画『ヤン...
第1特集
サイゾーだからここまで書けた?怒涛のワイド23連発!!【3】

ガチでタブーなドキュメンタリー映画『ヤング・ヤクザ』を知ってるか?

+お気に入りに追加

ドキュメンタリー

昨年の東京国際映画祭で特別上映された、和歌山県太地町のイルカ猟を隠し撮りしたドキュメンタリー『The Cove』も、一般公開は難しそうなタブーな作品。あわせて見たい。
1002_wide_docyu.jpg
輸入盤DVDは、送料込みで3923円也。クリスチャンである熊谷組長が教会を訪れるシーンも興味深い。

 本誌ではこれまでに何度となく「タブーな映画」「タブーなDVD」などと銘打って、世間に一石を投じる"ヤバい"映像作品を紹介してきた。だが、世界はまだまだ広かった。日本を撮影地にしていながら、日本では公開できないドキュメンタリー映画。そんな、本気でタブーすぎる作品があったのだ。映画のタイトルは『YOUNG YAKUZA(ヤング・ヤクザ)』。フランス人映画監督のジャン=ピエール・リモザンが07年に製作した、日本のヤクザ社会を舞台にしたドキュメンタリーである(ちなみに、同監督が99年に製作したドキュメンタリー『Takeshi Kitano l’imprevisible』は、当時東京大学の総長だった蓮實重彦が北野武にインタビューする様子を収めた貴重な作品だが、フランス国内での著作権の問題から、日本では映画祭で一度上映されただけになっている)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那