サイゾーpremium  > 特集  > 金の切れ目が縁の切れ目!? ハッスルが陥...
第1特集
サイゾーだからここまで書けた?怒涛のワイド23連発!!【4】

金の切れ目が縁の切れ目!? ハッスルが陥った放蕩経営の末路

+お気に入りに追加

ハッスル

従来のプロレスにエンターテインメント性を持たせ、ファイティングオペラの異名をとる、プロレス興行。インリン様のM字ビターンなど、奇抜な必殺技も話題となった。
1002_hustle.jpg
次はスザンヌのデビューとか期待してたのに……

 芸能人を起用し日本のプロレス界に新たなムーブメントを巻き起こしたハッスルだが、昨年秋から年末にかけての4大会を相次いで中止。運営団体ハッスルエンターテインメント(以下、HE)代表の山口日昇氏は「2010年以降の活動に向け、再起を図る」と発表しているが、このまま消滅することは、もはや決定的だろう。地盤沈下が激しいプロレス界で、唯一勝ち組に見えたハッスルが、なぜこんな事態に陥ったのだろうか?

 ハッスルが旗揚げされたのは04年1月。主催は、格闘技イベント・PRIDEを運営していたドリームステージエンターテインメント(以下、DSE)。小川直也や故・橋本真也といった大物を集めたものの、旗揚げ戦は集客面で惨敗に終わる。その後も試行錯誤したが「ハッスル・ポーズ」以外は鳴かず飛ばずで「DSEの税金対策」とまでいわれていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載