サイゾーpremium  > 特集  > 元噂の真相デスクが解説「文壇タブーはこう...
第1特集
次期女王サマは川上未映子? 文芸編集者が"文壇の裏"を大暴露!【2】

元噂の真相デスクが解説「文壇タブーはこうして生まれる!」

+お気に入りに追加

――新聞や週刊誌では、作家のスキャンダルは掲載されないのが暗黙の了解。でも、なんでそんなイビツな構造に!? 「噂の眞相」の元デスクにして文壇担当・神林広恵さんに、文壇タブーの成り立ちを聞いた。

 文壇タブーが作られる構造には、「権威型タブー」と「エンターテインメント型タブー」という2パターンがあると思います。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

連載