> 進撃の巨人の検索結果

進撃の巨人 の検索結果

第1特集
マンガの上手さの本質とは?【2】

このマンガが“本当に”すごい! 「技術」がわかる、最新マンガ傑作選

―― 本文にもご登場いただいたマンガ研究家4氏が推薦する、「マンガ技術」という観点から見ていま読むべきマンガ6作品!

このマンガが“本当に”すごい! 「技術」がわかる、最新マンガ傑作選
第1特集
マンガの上手さの本質とは?【1】

物語やキャラの分析だけではマンガはわからない!『進撃の巨人』は絵が上手い!?技術で語る最新マンガ論

―― テーマやストーリーからのみ論評されがちなマンガ。では、「絵」そのものやコマ割りや作画法など、技術的な側面からマンガを評することは難しいのだろうか?そこでマンガ評論家4氏にご登場いただき、純粋なビジュア...

物語やキャラの分析だけではマンガはわからない!『進撃の巨人』は絵が上手い!?技術で語る最新マンガ論
第1特集
マンガ業界噂の真相9連発【3】

美術界は何の恩恵も受けていない!? 講談社が主導権を握る「進撃の巨人展」の裏側

―― 上野の森美術館で開催中の「進撃の巨人展」は、大盛況だという。では、その展覧会は誰にとって一番オイシイのか? そして、美術界ではどう評価されているのだろうか?

美術界は何の恩恵も受けていない!? 講談社が主導権を握る「進撃の巨人展」の裏側
第1特集
日本映画を盛り上げる"再生建白書"【4】

【国際大学GLOCOM客員研究員/境 真良】日本映画は今も善戦中 将来の鍵は映画館が握る?

――  コンテンツ産業という観点から見れば、今の日本の映画界は低迷しておらず、むしろ大健闘しているといえます。いわゆる戦前から続いた"日本映画"の流れというのは70~80年代に死んだ状態でしたが【編注:年間...

【国際大学GLOCOM客員研究員/境 真良】日本映画は今も善戦中 将来の鍵は映画館が握る?
第1特集
サイゾー的"識者"が読む『進撃の巨人』【5】

熟女エロ系巨人も登場!? サイゾーが勝手に選ぶ!「この巨人が気になる」6選

―― 『進撃の巨人』が苦手、という人が挙げる理由のひとつに、マンガの絵の粗さがある。確かに連載開始時から現在に到るまで、決して絵が上手とはいえない諫山 創先生の画ではあるが、それゆえに登場する”巨人”たちは...

熟女エロ系巨人も登場!? サイゾーが勝手に選ぶ!「この巨人が気になる」6選
第1特集
サイゾー的"識者"が読む『進撃の巨人』【4】

【長島☆自演乙☆雄一郎】巨人同士の格闘シーンはまるでボブ・サップvsアーネスト・ホースト戦!

――  10月14日に行われた立ち技格闘技イベント「M-FIGHT〜蹴拳13〜Part2」にて、巨人のコスプレで登場した格闘家・長島☆自演乙☆雄一郎。大の格闘技ファンである作者・諫山 創とも対談するなど、同...

【長島☆自演乙☆雄一郎】巨人同士の格闘シーンはまるでボブ・サップvsアーネスト・ホースト戦!
第1特集
サイゾー的"識者"が読む『進撃の巨人』【3】

【井口 昇】『進撃』ヒットで追い風が吹く! 残酷描写も受け入れる土壌の醸成

――  『進撃の巨人』の特徴のひとつに、巨人が人を食い殺す残酷描写や、あっさりと人が死ぬバイオレンス表現がある。この世界観を、『片腕マシンガール』や『ロボゲイシャ』といったスプラッター映画を撮り続けている映...

【井口 昇】『進撃』ヒットで追い風が吹く! 残酷描写も受け入れる土壌の醸成
第1特集
サイゾー的"識者"が読む『進撃の巨人』【2】

【田母神俊雄】「軍は税金の無駄」など言語道断! 調査兵団の活躍に憂国の情

――  航空幕僚長時代から、その歯に衣着せぬ言動で注目を集めた田母神俊雄氏。退官後もその舌鋒はますます鋭くなるばかりの同氏が、調査兵団が活躍する『進撃~』を読んだところ、日本の自衛隊について熱い思いがほとば...

【田母神俊雄】「軍は税金の無駄」など言語道断! 調査兵団の活躍に憂国の情
第1特集
サイゾー的"識者"が読む『進撃の巨人』【1】

【吉木りさ】『進撃の巨人』 エヴァを初めて観て以来の衝撃、これぞ次世代の少年マンガ!

――  マンガ、アニメ好きとして知られ、『進撃の巨人』アニメ化記念キャンペーンで「体、心、命を削ぐ若者達。止まらぬ疾走感、後引く恐怖。」というキャッチコピーを残した吉木りさ。彼女が虜になった理由とは?

【吉木りさ】『進撃の巨人』 エヴァを初めて観て以来の衝撃、これぞ次世代の少年マンガ!
第1特集
マンガ業界・冬の時代到来

マンガ業界、次の”利権”は「食マン」 「リバイバル」そして「引き抜き」か!?

――  売り上げ低迷厳しい出版界の中で、なんとか活路を見いだそうとしているコミック業界。講談社の『進撃の巨人』、小学館の『銀の匙』、そして相変わらず売れ続けている集英社の『ONE PIECE』など、各社マン...

マンガ業界、次の”利権”は「食マン」 「リバイバル」そして「引き抜き」か!?
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.15

『進撃の巨人』──圧倒的な破壊のファンタジーから人間ドラマへ、人気作はなぜジャンルを跳躍したのか

――  09年の連載開始以来、高い人気を誇るマンガ『進撃の巨人』。4月からはテレビアニメも放映され、その人気は加速し、単行本は累計2000万部を突破した。ネタバレ全開で、この作品の不思議な吸引力を読み解いて...

『進撃の巨人』──圧倒的な破壊のファンタジーから人間ドラマへ、人気作はなぜジャンルを跳躍したのか
第1特集
現場スタッフが匿名で暴露!

ドラマ化でも売り上げは同じ!? 超面倒な『モテキ』に『宇宙兄弟』......マンガ編集者座談会

―― ──業界分析【記事参照】で見た通り、『ワンピース』など一部の人気作で活況を呈して...

ドラマ化でも売り上げは同じ!? 超面倒な『モテキ』に『宇宙兄弟』......マンガ編集者座談会
サイゾープレミアム

2019年7月号

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

インタビュー

連載